ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「麩の焼き」の検索結果

「麩の焼き」に関連する情報 41件中 1〜10件目

仙川商店街

人がクイズに答える習性を利用し人生を掘り下げる。東京・調布市の仙川商店街で「お好み焼きのルーツ麩の焼きを作らせた人物は?(正解:千利休)」「お母さんの年齢は?」「3人の関係は?」などのクイズを出題。解答者の女性は着付け学院の講師をしているなどと答えた。


「麩の焼き」に関連するグルメ情報

麩の焼き

ある和食の英語表現を聞いて何の和食化を答える。Q.この和食は何?“As-You-Like-It”Pancakes。正解は「お好み焼き」。お好み焼きのルーツは千利休が考案した麩の焼きと呼ばれる茶菓子で、うどん粉を水・酒で練った生地を焼き、味噌を塗って食べた。ここのでヤング、アダルトチーム両チームとも220点。


「麩の焼き」に関連するグルメ情報

お好み焼き

ある和食の英語表現を聞いて何の和食化を答える。Q.この和食は何?“As-You-Like-It”Pancakes。正解は「お好み焼き」。お好み焼きのルーツは千利休が考案した麩の焼きと呼ばれる茶菓子で、うどん粉を水・酒で練った生地を焼き、味噌を塗って食べた。ここのでヤング、アダルトチーム両チームとも220点。


「麩の焼き」に関連するグルメ情報

麩の焼き

大阪といえば粉もんだが、なぜ栄えたのか。日本コナモン協会会長熊谷さんが答えてくれた。たこ焼きに関する著書を多数出している。うどんも大阪で生まれ、元は千利休の麩の焼きでお茶会の時にちょっと薄く焼き味噌を乗せだしたという。元は貴族の食べ物だったが庶民のものになっていったという。麩の焼きは水で解いた小麦粉を薄く焼き、味噌を塗ったものだ。キーになるのがおダシで水からお出汁で溶くようになり関西のスタイルになったという。南方録では麩の焼きが出されていたことが書かれている。


「麩の焼き」に関連するグルメ情報

麩の焼き

大阪の主食の重ね食べについてスタジオトーク。お好み焼きのルーツについて。元は千利休の茶菓子が由来。昭和に入り昆布だしを入れ現在のスタイルに発展。大阪版健康・栄養調査では1日1食主食の重ね食べをしている人は男性で26.8%女性で26%などとなった。専門家は、炭水化物は糖になり、血糖値を下げるためにインスリンが出て脂肪を溜め込む作用をし太りやすくなると話した。厚労省の調査では、大阪、広島などが健康寿命ランキングワースト3になった。この結果に専門家は、タンパク質が不足し筋力低下、糖の影響で認知症リスクがあると話した。司会は大阪の川崎麻世の実家の喫茶店にはタコ焼きうどん定食など関西の粉物メニューを紹介。民間調査では関西人で自宅にたこ焼き器がある人が85.3%、家に3種類以上のソースがある家が7割以上。


「麩の焼き」に関連するグルメ情報

お好み焼

お好み焼きの雑学を紹介。お好み焼きは、遣隋使が持ち込んだ前餅や、麩の焼きが元となった。


「麩の焼き」に関連するグルメ情報

麩の焼き

お好み焼きの雑学を紹介。お好み焼きは、遣隋使が持ち込んだ前餅や、麩の焼きが元となった。


「麩の焼き」に関連するグルメ情報

豚バラ

お好み焼きの雑学を紹介。お好み焼きは、遣隋使が持ち込んだ前餅や、麩の焼きが元となった。


「麩の焼き」に関連するグルメ情報

前餅

お好み焼きの雑学を紹介。お好み焼きは、遣隋使が持ち込んだ前餅や、麩の焼きが元となった。


「麩の焼き」に関連するグルメ情報

和風おせち正月お祝いセット「賀正」

ぐるなびがお取り寄せグルメサイトで展開するおせちの試食会を開いた。東京正直屋の和風おせち正月お祝いセット「賀正」などを紹介。板前魂の「天下取りおせち」には、千利休が作った和菓子「麩の焼き」も入っている。今年は客単価の上昇が見込まれ、3万円前後のものが売れ筋になると見られている。


検索結果の絞り込み