ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「麺でる」の検索結果

「麺でる」に関連するレストラン・飲食店 16件中 1〜10件目

「麺でる」に関連するレストラン・飲食店

接客に完全非接触を導入したテイクアウト専門のハンバーガー店「BLUE STAR BURGER」では、スマホで注文し、キャッシュレス決済を行うと、指定されたロッカーでハンバーガーを受け取ることになり、注文から受け取りまで非接触となっている。人件費の削減にもつながり、ハンバーガーは170円から購入できるという。さらに、回転寿司チェーン「くら寿司」では、シャリとネタが別々になっていて、自分でにぎり寿司を作る楽しさが味わえる「おうちでくら寿司セット」を提供している。一方、相模原市のラーメン店「麺でる 相模原店」では、持参の鍋でテイクアウトできる。鍋のまま温め直すことも可能だという。そして、「ミシュランガイド東京2021」掲載店でもテイクアウトが定番に。その1つの「インド風カリーライス すぱいす」では、コロナの影響が少なくない中でテイクアウトに活路を見出し、利用客が急激に増えたという。

 (インドカレー)

「麺でる」に関連するレストラン・飲食店

麺でる 相模原店

接客に完全非接触を導入したテイクアウト専門のハンバーガー店「BLUE STAR BURGER」では、スマホで注文し、キャッシュレス決済を行うと、指定されたロッカーでハンバーガーを受け取ることになり、注文から受け取りまで非接触となっている。人件費の削減にもつながり、ハンバーガーは170円から購入できるという。さらに、回転寿司チェーン「くら寿司」では、シャリとネタが別々になっていて、自分でにぎり寿司を作る楽しさが味わえる「おうちでくら寿司セット」を提供している。一方、相模原市のラーメン店「麺でる 相模原店」では、持参の鍋でテイクアウトできる。鍋のまま温め直すことも可能だという。そして、「ミシュランガイド東京2021」掲載店でもテイクアウトが定番に。その1つの「インド風カリーライス すぱいす」では、コロナの影響が少なくない中でテイクアウトに活路を見出し、利用客が急激に増えたという。


「麺でる」に関連するレストラン・飲食店

くら寿司

接客に完全非接触を導入したテイクアウト専門のハンバーガー店「BLUE STAR BURGER」では、スマホで注文し、キャッシュレス決済を行うと、指定されたロッカーでハンバーガーを受け取ることになり、注文から受け取りまで非接触となっている。人件費の削減にもつながり、ハンバーガーは170円から購入できるという。さらに、回転寿司チェーン「くら寿司」では、シャリとネタが別々になっていて、自分でにぎり寿司を作る楽しさが味わえる「おうちでくら寿司セット」を提供している。一方、相模原市のラーメン店「麺でる 相模原店」では、持参の鍋でテイクアウトできる。鍋のまま温め直すことも可能だという。そして、「ミシュランガイド東京2021」掲載店でもテイクアウトが定番に。その1つの「インド風カリーライス すぱいす」では、コロナの影響が少なくない中でテイクアウトに活路を見出し、利用客が急激に増えたという。


「麺でる」に関連するレストラン・飲食店

麺でる 多摩センター店

東京で感染者が200人を超えるなどのコロナ禍の中、ごみ問題が再び懸念されている。コロナ禍では家庭ごみが増加する傾向にあり、5月は昨年の同時期に加え10%以上増加していたという。また、テイクアウトの増加によるプラスチックごみも増加しており、施設では1日16tのゴミが集まることも。こうした中、一部では自前の鍋でテイクアウトを行う飲食店も登場しており、容器の削減に寄与している。また、掛川市ではごみ処理施設の焼却炉が故障したことから「ごみ処理非常事態宣言」を発令。原因の1つには衣類を可燃ごみで出す人が増え、ベルトコンベアが詰まったことがあるという。また、衣替えやステイホーム中の断捨離ブームで回収に出された古着がコロナの影響で輸出できないまま倉庫に溜まるという事態も起こっており、一部では700トン以上の古着を抱えることも。自粛生活が再開されれば、ごみ問題の更なる深刻化が予想される。


「麺でる」に関連するレストラン・飲食店

麺でる 多摩センター店

コロナ禍でプラスチックゴミが増える中、先週水曜日からレジ袋の有料化が始まっている。麺でる 多摩センター店では、少しでもゴミを減らそうとある取り組みを始めたという。今年5月から始まった鍋でのテイクアウトのサービスは好評だという。土鍋に大盛りラーメンを入れてもらい自宅へ向かう。家についたら温めて食べる。自前の容器でテイクアウトなら、プラスチックゴミは一切出ない。


「麺でる」に関連するレストラン・飲食店

麺でる 多摩センター店

東京・多摩市の「麺でる」はボリュームたっぷりのメニューが特徴のラーメン店。テイクアウトの利用客は鍋を持ち込むとラーメンを入れてテイクアウトが出来る。注文が入ると器に醤油ベースのとんこつスープを入れ、固めにゆでた自家製麺を入れてから鍋に移し、野菜とチャーシューを入れる。女性客1人では完食が難しい場合も多く、家族で食べれる事からファミリー層からの注文が増え、1日に30〜40杯ほど売れているとの事。


「麺でる」に関連するレストラン・飲食店

麺でる 多摩センター店

新型コロナウイルスの影響で増えている飲食店のテイクアウト。東京・多摩市にあるラーメン店は鍋いっぱいに盛り付けられたラーメン「鍋でる」を販売している。鍋は客が持ち込むシステム。鍋を持っていくと醤油ダレを合わせた豚骨スープが注がれ、持ち帰りの時間を考えて固めに茹でた極太麺が入り、たっぷりのもやしやチャーシューなどを乗せたら完成。こうした鍋を持ち込むテイクアウトが増えつつある。


「麺でる」に関連するレストラン・飲食店

麺でる 田園調布店

東急池上線代表、麺の見た目がありえへん(秘)ラーメンを出す「麺でる 田園調布店」を紹介。ここのチャーシュー麺は麺がつながっていて、主人が編み出した連麺は最大14本の麺がつながった14連麺まである。約10年前、麺のモチモチ感を14倍にするために作ったもので、連麺を作るための刃は全て特注。主人は割り箸を見て料理のヒントを得ており、「真ん中に溝があるとほぐれやすいしスープがのりやすい」と話した。


「麺でる」に関連するレストラン・飲食店

麺でる

「爆弾麺」と書かれたメニューが気になり、3人は「麺でる」に来店。早速爆弾麺を注文し、その量にとても驚いた。通常の麺の量は350gほどで、限界だと700gとなり、店主によると「ラーメン屋に行って美味しいのは当然だが、量が少ないことには頭にくる」ということで量が多いのだという。


「麺でる」に関連するレストラン・飲食店

麺でる

環状八号線沿いにある「麺でる」は、雪が谷大塚駅近くのラーメン店。「赤丸爆弾麺」には、チャーシューをこれでもかとトッピングし、中央にはチャーシューをほぐして唐辛子で丸めたという肉爆弾がのっている。三原勇希は、「肉が口の中でほぐれて、あとから辛さが来る」と感想をコメント。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。