ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「黒澤信彦」の検索結果

「黒澤信彦」に関連する情報 9件中 1〜9件目

黒澤ファーム

お米は日本からオランダに送ってもらうと語る。毎日食べていると語る。山形県南陽市で小林祐希が食べる米の稲刈りが行われた。コンディション維持のためにオランダまで取り入れているとのこと。黒澤信彦社長はフレンドリーで、昔からの友達のようだと語る。外側ではなく内面に気を使っていると語る。真実や本物を目指していると語った。ビッグマウスと言われることについて好きに言ってもらえればと語る。思ったことは言う、思ってないことは言わないと語った。オランダに来てからビッグマウスだと言われたことがない。言えないならプロにはなれないと語った。小野伸二もビッグマウスと日本で言われる人は思っていることを伝えている人だと思うと語る。それを言えることが海外では大事だと思うと語る。現在地は当落線上にあることについて、選ばれたメンバーが平等ではないと語る。その序列を変えるために結果を出さなきゃいけないと語る。


「黒澤信彦」に関連するグルメ情報

ゆめごこち

つづいてのお米はツヤに特徴があった。3人それぞれ答えたところ、全員不正解だった。正解は黒澤信彦さんの「ゆめごこち」だった。持田さんによると黒澤さんのお米は香りが立っていてさらにツヤと弾力性があるのが特徴だという。黒澤さんは、ユメゴコチは他の品種に比べると作っている量が少ない、お米が食卓の主役になるようなお米を届けたい、と話した。


松屋銀座本店

山形県南陽市で米作りをしている黒澤信彦さんは、米の直売を始めて20年。おいしいお米日本一に輝いた「夢ごこち」を引っ提げて香港を足がかりに海外へ進出していた。しかし、福島第一原発事故によってばらまかれた放射能の影響で、足元が揺らいでいる。

黒澤さんが米作りで最も大切にしているのは土で、田んぼの土の中には生き物がたくさんいて酸素も供給し、稲は健全な根を張れるため農薬を使わずに育てることが出来るという。だが今年は福島第一原発事故の影響で、10年来の付き合いがある東京の百貨店から「東北の米をカタログから外す」と通告。カタログ販売は営業上で重要な柱となっており、年間1300万円を失うことになる。南陽市の測定値は0.1未満で山形県内のほとんどが0に近い値だが、黒澤さんの田んぼの土を検査機関に送ることにした。

黒澤さんは父から厳しく米づくりについて学び、売る相手は自分の力で切り開かなくてはならないと小分けした米袋に往復はがきを添えて全国各地で配って回った。その後、黒澤さんはハチミツに殺菌効果があることを知り、稲にかけたら丈夫になるのではと考え、直接稲に散布。狙い通りに稲は病気をせず、甘みが増した米「ハチミツ米」が完成。2000年においしい米のコンクールで日本一に輝き、全国に黒澤さんの名前が知れ渡った。

都内にある有名な米専門店「スズノブ」では、業界が最も恐れる魔の陳列棚があり、ひな壇のようなこの棚は奥に行けば行くほどランクが高くなるのだが、黒澤さんの米はわずか2年で最上段を狙える位置まで駆け上がった。5年前からは香港に年間10トンの米を輸出し、売り上げの一割を占めるようになり、香港市内の高級日本料理店「なだ万 香港島店」などでも使われている。

黒澤さんの田んぼの土の検査結果が届いた。放射性ヨウ素は不検出だったが、放射性セシウムが219ベクレルだった。国の基準値が5000ベクレルなので人体に影響はないが、ゼロだと信じていただけに恐怖を感じた。

カタログギフトの損失を埋めるため、黒澤さんは東京へ営業に出かける。松屋銀座などではやはり客の大半が北海道や九州など原発から遠く離れた地域で作られた米を購入しているという現実を聞かされる。カタログ業者にも出向いたが、ちょっとでも可能性(不安)のあるところはやめようという方針を突き付けられた。


「黒澤信彦」に関連するレストラン・飲食店

なだ万 香港島店

山形県南陽市で米作りをしている黒澤信彦さんは、米の直売を始めて20年。おいしいお米日本一に輝いた「夢ごこち」を引っ提げて香港を足がかりに海外へ進出していた。しかし、福島第一原発事故によってばらまかれた放射能の影響で、足元が揺らいでいる。

黒澤さんが米作りで最も大切にしているのは土で、田んぼの土の中には生き物がたくさんいて酸素も供給し、稲は健全な根を張れるため農薬を使わずに育てることが出来るという。だが今年は福島第一原発事故の影響で、10年来の付き合いがある東京の百貨店から「東北の米をカタログから外す」と通告。カタログ販売は営業上で重要な柱となっており、年間1300万円を失うことになる。南陽市の測定値は0.1未満で山形県内のほとんどが0に近い値だが、黒澤さんの田んぼの土を検査機関に送ることにした。

黒澤さんは父から厳しく米づくりについて学び、売る相手は自分の力で切り開かなくてはならないと小分けした米袋に往復はがきを添えて全国各地で配って回った。その後、黒澤さんはハチミツに殺菌効果があることを知り、稲にかけたら丈夫になるのではと考え、直接稲に散布。狙い通りに稲は病気をせず、甘みが増した米「ハチミツ米」が完成。2000年においしい米のコンクールで日本一に輝き、全国に黒澤さんの名前が知れ渡った。

都内にある有名な米専門店「スズノブ」では、業界が最も恐れる魔の陳列棚があり、ひな壇のようなこの棚は奥に行けば行くほどランクが高くなるのだが、黒澤さんの米はわずか2年で最上段を狙える位置まで駆け上がった。5年前からは香港に年間10トンの米を輸出し、売り上げの一割を占めるようになり、香港市内の高級日本料理店「なだ万 香港島店」などでも使われている。

黒澤さんの田んぼの土の検査結果が届いた。放射性ヨウ素は不検出だったが、放射性セシウムが219ベクレルだった。国の基準値が5000ベクレルなので人体に影響はないが、ゼロだと信じていただけに恐怖を感じた。

カタログギフトの損失を埋めるため、黒澤さんは東京へ営業に出かける。松屋銀座などではやはり客の大半が北海道や九州など原発から遠く離れた地域で作られた米を購入しているという現実を聞かされる。カタログ業者にも出向いたが、ちょっとでも可能性(不安)のあるところはやめようという方針を突き付けられた。


スズノブ

山形県南陽市で米作りをしている黒澤信彦さんは、米の直売を始めて20年。おいしいお米日本一に輝いた「夢ごこち」を引っ提げて香港を足がかりに海外へ進出していた。しかし、福島第一原発事故によってばらまかれた放射能の影響で、足元が揺らいでいる。

黒澤さんが米作りで最も大切にしているのは土で、田んぼの土の中には生き物がたくさんいて酸素も供給し、稲は健全な根を張れるため農薬を使わずに育てることが出来るという。だが今年は福島第一原発事故の影響で、10年来の付き合いがある東京の百貨店から「東北の米をカタログから外す」と通告。カタログ販売は営業上で重要な柱となっており、年間1300万円を失うことになる。南陽市の測定値は0.1未満で山形県内のほとんどが0に近い値だが、黒澤さんの田んぼの土を検査機関に送ることにした。

黒澤さんは父から厳しく米づくりについて学び、売る相手は自分の力で切り開かなくてはならないと小分けした米袋に往復はがきを添えて全国各地で配って回った。その後、黒澤さんはハチミツに殺菌効果があることを知り、稲にかけたら丈夫になるのではと考え、直接稲に散布。狙い通りに稲は病気をせず、甘みが増した米「ハチミツ米」が完成。2000年においしい米のコンクールで日本一に輝き、全国に黒澤さんの名前が知れ渡った。

都内にある有名な米専門店「スズノブ」では、業界が最も恐れる魔の陳列棚があり、ひな壇のようなこの棚は奥に行けば行くほどランクが高くなるのだが、黒澤さんの米はわずか2年で最上段を狙える位置まで駆け上がった。5年前からは香港に年間10トンの米を輸出し、売り上げの一割を占めるようになり、香港市内の高級日本料理店「なだ万 香港島店」などでも使われている。

黒澤さんの田んぼの土の検査結果が届いた。放射性ヨウ素は不検出だったが、放射性セシウムが219ベクレルだった。国の基準値が5000ベクレルなので人体に影響はないが、ゼロだと信じていただけに恐怖を感じた。

カタログギフトの損失を埋めるため、黒澤さんは東京へ営業に出かける。松屋銀座などではやはり客の大半が北海道や九州など原発から遠く離れた地域で作られた米を購入しているという現実を聞かされる。カタログ業者にも出向いたが、ちょっとでも可能性(不安)のあるところはやめようという方針を突き付けられた。


「黒澤信彦」に関連するグルメ情報

ハチミツ米

山形県南陽市で米作りをしている黒澤信彦さんは、米の直売を始めて20年。おいしいお米日本一に輝いた「夢ごこち」を引っ提げて香港を足がかりに海外へ進出していた。しかし、福島第一原発事故によってばらまかれた放射能の影響で、足元が揺らいでいる。

黒澤さんが米作りで最も大切にしているのは土で、田んぼの土の中には生き物がたくさんいて酸素も供給し、稲は健全な根を張れるため農薬を使わずに育てることが出来るという。だが今年は福島第一原発事故の影響で、10年来の付き合いがある東京の百貨店から「東北の米をカタログから外す」と通告。カタログ販売は営業上で重要な柱となっており、年間1300万円を失うことになる。南陽市の測定値は0.1未満で山形県内のほとんどが0に近い値だが、黒澤さんの田んぼの土を検査機関に送ることにした。

黒澤さんは父から厳しく米づくりについて学び、売る相手は自分の力で切り開かなくてはならないと小分けした米袋に往復はがきを添えて全国各地で配って回った。その後、黒澤さんはハチミツに殺菌効果があることを知り、稲にかけたら丈夫になるのではと考え、直接稲に散布。狙い通りに稲は病気をせず、甘みが増した米「ハチミツ米」が完成。2000年においしい米のコンクールで日本一に輝き、全国に黒澤さんの名前が知れ渡った。

都内にある有名な米専門店「スズノブ」では、業界が最も恐れる魔の陳列棚があり、ひな壇のようなこの棚は奥に行けば行くほどランクが高くなるのだが、黒澤さんの米はわずか2年で最上段を狙える位置まで駆け上がった。5年前からは香港に年間10トンの米を輸出し、売り上げの一割を占めるようになり、香港市内の高級日本料理店「なだ万 香港島店」などでも使われている。

黒澤さんの田んぼの土の検査結果が届いた。放射性ヨウ素は不検出だったが、放射性セシウムが219ベクレルだった。国の基準値が5000ベクレルなので人体に影響はないが、ゼロだと信じていただけに恐怖を感じた。

カタログギフトの損失を埋めるため、黒澤さんは東京へ営業に出かける。松屋銀座などではやはり客の大半が北海道や九州など原発から遠く離れた地域で作られた米を購入しているという現実を聞かされる。カタログ業者にも出向いたが、ちょっとでも可能性(不安)のあるところはやめようという方針を突き付けられた。


「黒澤信彦」に関連するグルメ情報

ハチミツ

山形県南陽市で米作りをしている黒澤信彦さんは、米の直売を始めて20年。おいしいお米日本一に輝いた「夢ごこち」を引っ提げて香港を足がかりに海外へ進出していた。しかし、福島第一原発事故によってばらまかれた放射能の影響で、足元が揺らいでいる。

黒澤さんが米作りで最も大切にしているのは土で、田んぼの土の中には生き物がたくさんいて酸素も供給し、稲は健全な根を張れるため農薬を使わずに育てることが出来るという。だが今年は福島第一原発事故の影響で、10年来の付き合いがある東京の百貨店から「東北の米をカタログから外す」と通告。カタログ販売は営業上で重要な柱となっており、年間1300万円を失うことになる。南陽市の測定値は0.1未満で山形県内のほとんどが0に近い値だが、黒澤さんの田んぼの土を検査機関に送ることにした。

黒澤さんは父から厳しく米づくりについて学び、売る相手は自分の力で切り開かなくてはならないと小分けした米袋に往復はがきを添えて全国各地で配って回った。その後、黒澤さんはハチミツに殺菌効果があることを知り、稲にかけたら丈夫になるのではと考え、直接稲に散布。狙い通りに稲は病気をせず、甘みが増した米「ハチミツ米」が完成。2000年においしい米のコンクールで日本一に輝き、全国に黒澤さんの名前が知れ渡った。

都内にある有名な米専門店「スズノブ」では、業界が最も恐れる魔の陳列棚があり、ひな壇のようなこの棚は奥に行けば行くほどランクが高くなるのだが、黒澤さんの米はわずか2年で最上段を狙える位置まで駆け上がった。5年前からは香港に年間10トンの米を輸出し、売り上げの一割を占めるようになり、香港市内の高級日本料理店「なだ万 香港島店」などでも使われている。

黒澤さんの田んぼの土の検査結果が届いた。放射性ヨウ素は不検出だったが、放射性セシウムが219ベクレルだった。国の基準値が5000ベクレルなので人体に影響はないが、ゼロだと信じていただけに恐怖を感じた。

カタログギフトの損失を埋めるため、黒澤さんは東京へ営業に出かける。松屋銀座などではやはり客の大半が北海道や九州など原発から遠く離れた地域で作られた米を購入しているという現実を聞かされる。カタログ業者にも出向いたが、ちょっとでも可能性(不安)のあるところはやめようという方針を突き付けられた。


「黒澤信彦」に関連するグルメ情報

夢ごこち

山形県南陽市で米作りをしている黒澤信彦さんは、米の直売を始めて20年。おいしいお米日本一に輝いた「夢ごこち」を引っ提げて香港を足がかりに海外へ進出していた。しかし、福島第一原発事故によってばらまかれた放射能の影響で、足元が揺らいでいる。

黒澤さんが米作りで最も大切にしているのは土で、田んぼの土の中には生き物がたくさんいて酸素も供給し、稲は健全な根を張れるため農薬を使わずに育てることが出来るという。だが今年は福島第一原発事故の影響で、10年来の付き合いがある東京の百貨店から「東北の米をカタログから外す」と通告。カタログ販売は営業上で重要な柱となっており、年間1300万円を失うことになる。南陽市の測定値は0.1未満で山形県内のほとんどが0に近い値だが、黒澤さんの田んぼの土を検査機関に送ることにした。

黒澤さんは父から厳しく米づくりについて学び、売る相手は自分の力で切り開かなくてはならないと小分けした米袋に往復はがきを添えて全国各地で配って回った。その後、黒澤さんはハチミツに殺菌効果があることを知り、稲にかけたら丈夫になるのではと考え、直接稲に散布。狙い通りに稲は病気をせず、甘みが増した米「ハチミツ米」が完成。2000年においしい米のコンクールで日本一に輝き、全国に黒澤さんの名前が知れ渡った。

都内にある有名な米専門店「スズノブ」では、業界が最も恐れる魔の陳列棚があり、ひな壇のようなこの棚は奥に行けば行くほどランクが高くなるのだが、黒澤さんの米はわずか2年で最上段を狙える位置まで駆け上がった。5年前からは香港に年間10トンの米を輸出し、売り上げの一割を占めるようになり、香港市内の高級日本料理店「なだ万 香港島店」などでも使われている。

黒澤さんの田んぼの土の検査結果が届いた。放射性ヨウ素は不検出だったが、放射性セシウムが219ベクレルだった。国の基準値が5000ベクレルなので人体に影響はないが、ゼロだと信じていただけに恐怖を感じた。

カタログギフトの損失を埋めるため、黒澤さんは東京へ営業に出かける。松屋銀座などではやはり客の大半が北海道や九州など原発から遠く離れた地域で作られた米を購入しているという現実を聞かされる。カタログ業者にも出向いたが、ちょっとでも可能性(不安)のあるところはやめようという方針を突き付けられた。


「黒澤信彦」に関連するグルメ情報

夢ごこち

山形県南陽市で米作りをしている黒澤信彦さんは、米の直売を始めて20年。おいしいお米日本一に輝いた「夢ごこち」を引っ提げて香港を足がかりに海外へ進出していた。しかし、福島第一原発事故によってばらまかれた放射能の影響で、足元が揺らいでいる。

黒澤さんが米作りで最も大切にしているのは土で、田んぼの土の中には生き物がたくさんいて酸素も供給し、稲は健全な根を張れるため農薬を使わずに育てることが出来るという。だが今年は福島第一原発事故の影響で、10年来の付き合いがある東京の百貨店から「東北の米をカタログから外す」と通告。カタログ販売は営業上で重要な柱となっており、年間1300万円を失うことになる。南陽市の測定値は0.1未満で山形県内のほとんどが0に近い値だが、黒澤さんの田んぼの土を検査機関に送ることにした。

黒澤さんは父から厳しく米づくりについて学び、売る相手は自分の力で切り開かなくてはならないと小分けした米袋に往復はがきを添えて全国各地で配って回った。その後、黒澤さんはハチミツに殺菌効果があることを知り、稲にかけたら丈夫になるのではと考え、直接稲に散布。狙い通りに稲は病気をせず、甘みが増した米「ハチミツ米」が完成。2000年においしい米のコンクールで日本一に輝き、全国に黒澤さんの名前が知れ渡った。

都内にある有名な米専門店「スズノブ」では、業界が最も恐れる魔の陳列棚があり、ひな壇のようなこの棚は奥に行けば行くほどランクが高くなるのだが、黒澤さんの米はわずか2年で最上段を狙える位置まで駆け上がった。5年前からは香港に年間10トンの米を輸出し、売り上げの一割を占めるようになり、香港市内の高級日本料理店「なだ万 香港島店」などでも使われている。

黒澤さんの田んぼの土の検査結果が届いた。放射性ヨウ素は不検出だったが、放射性セシウムが219ベクレルだった。国の基準値が5000ベクレルなので人体に影響はないが、ゼロだと信じていただけに恐怖を感じた。

カタログギフトの損失を埋めるため、黒澤さんは東京へ営業に出かける。松屋銀座などではやはり客の大半が北海道や九州など原発から遠く離れた地域で作られた米を購入しているという現実を聞かされる。カタログ業者にも出向いたが、ちょっとでも可能性(不安)のあるところはやめようという方針を突き付けられた。