ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「鼻血」の検索結果

「鼻血」に関連する情報 963件中 1〜10件目

「鼻血」に関連する映画・DVD

ポストマン

一茂が沢口靖子と共演した際の流血騒ぎになったエピソードを語る。ドラマ「坊さんが、ゆく」に一茂の了承もなくキャスティングされ竹中直人の弟役を演じた。一茂はリハーサルから沢口靖子に太ももを触られ続け、興奮して鼻血が止まらなくなったという。


「鼻血」に関連する映画・DVD

男たちの大和/YAMATO

一茂が沢口靖子と共演した際の流血騒ぎになったエピソードを語る。ドラマ「坊さんが、ゆく」に一茂の了承もなくキャスティングされ竹中直人の弟役を演じた。一茂はリハーサルから沢口靖子に太ももを触られ続け、興奮して鼻血が止まらなくなったという。


「鼻血」に関連する映画・DVD

パラレルワールド・ラブストーリー

玉森さんが出演しているパラレルワールド・ラブストーリーが今週金曜日から全国公開とのこで、玉森さんは主人公の祟史を演じて、2つの世界に迷い込むどちらが真実の世界なのかを追い求める謎解きミステリーという。玉森さんは染谷さんと初共演とのことで、大事なシーンで演技に熱が入った玉森さんが鼻血をながし染谷さんが驚いたという。


群馬県立前橋商業高校

群馬県立前橋商業高校のサッカー部で今月11日、男性コーチが生徒をゴール前に立たせ、至近距離からボールを蹴り当てていたことがわかった。ボールを当てられた生徒の1人が顔に当たって鼻血を出しており、学校側は体罰だったかを含めて調査している。男性コーチはサッカー部を10年以上指導してきたが、現在は指導を外れている。


「鼻血」に関連する映画・DVD

パラレルワールド・ラブストーリー

映画「パラレルワールド・ラブストーリー」について天野ひろゆきは、ラブストーリーだけどパラレルワールドに入るとぐちゃぐちゃになっちゃう、終始疑いの目で見る等と話した。平野綾は、自分が不思議な世界に迷い込んだように感じたなどと述べた。

映画「パラレルワールド・ラブストーリー」の紹介映像。

玉森裕太・吉岡里帆・染谷将太を天野ひろゆきが直撃。玉森裕太が演じるのは大学院を首席で卒業し、学区年市の人気者でスポーツ万能の崇史。吉岡里帆が演じるのは1つの世界では崇史の恋人で、もう1つの世界では智彦の恋人の麻由子。染谷将太が演じるのは崇史の中学時代からの親友で、麻由子が初めてできた彼女という智彦。天野ひろゆきは玉森とはバラエティで共演しているため熟知しているが、映画ではかっこよかったと話した。玉森は2つの世界で崇史の性格が変わるため困惑したという。吉岡は原作は映像化不可能といわれた東野圭吾のミステリーと聞いていて、どうやって映像化するのか興味が湧いたし、2つの世界で撮影方法が変わったという。天野は染谷が出演した映画「寄生獣」がお気に入りだという。染谷は物語の複雑な部分を表現するのが難しかったと話す。染谷は実際に研究者の話を聞いて役作りをした、人が触れてはいけない領域の話だなどと述べた。

玉森裕太は自身の役について尊敬してしまったと話す。染谷は智彦はひたすら崇史にあこがれていて大好きだと話した。吉岡里帆は、崇史と智彦の想いに負けないように麻由子を演じたと話した。玉森は崇史と麻由子がぶつかり合うシーンが一番大変だったという。吉岡は映画冒頭の電車での出会いのシーンが印象的だったと話す。染谷は初日に崇史と緊迫したシーンをやったら玉森が鼻血を出したと話した。

スタジオに森義隆監督が登場した。森監督は、原作について20代の頃に買って一気に読んでしまって、それから10何年後にオファーが来て即答した、読み直してみると、映像化が難しいと思った、脚本作りから実現まで5年かかったと話した。森監督はわかりにくいから面白いと思っていたが中々お金が集まらない、そこが大変だったのだと思うと話した。キャスティングについて森監督は玉森裕太は昔Kis-My-Ft2のショートムービーを撮っていて、佇まいに惹き込まれた、この人は映画のスクリーンがあっていると思っていたと話した。森監督はまず染谷将太と玉森裕太はぜんぜん違う2人で違和感があるところが良いと思った、間に入れるのを吉岡にしたのはまだ色のない女優だから等と話した。


群馬県立前橋商業高等学校

生徒がけがをしたのは、前橋商業高校のサッカー部。県の教育委員会などによると、今月11日に男性コーチが生徒をゴール前に立たせ、至近距離からボールを蹴り当てたという。生徒のうち1人は顔にあたり鼻血を出したという。学校側は体罰だったかを含めて調査するとしている。コーチの男性はサッカー部を10年以上指導していたが現在は指導から外れていたという。


鼻血

エンゼルスの大谷翔平選手はこれまでメジャーで99安打を記録している。大谷選手はツインズ戦の第2打席でヒットを放ち100安打目をマークした。更に、第3打席でもタイムリーヒットを放ち、マルチヒットを記録した。第4打席でもラッキーな一打で三安打をマークした。大谷選手の打率は3割を超えた。


息切れ

吐き気や疲労感、そして髪の毛が抜け落ちるという症状に襲われたメリッサは、呼吸困難となり、病院に緊急搬送された。結果、産後の免疫力低下による肺炎と診断され、医師は抗生物質を処方。症状は治まり、翌日には退院した。しかし、退院後もメリッサは激しい吐き気に悩まされた。その症状が続いた期間は3年。さらに、子供たちにも症状が出始め、長男のトラヴィスは頻繁に鼻血を出すなど、原因不明の症状に襲われた。これを受け、メリッサは別の病院を訪れたが、原因はわからないまま。そんなある日、トラヴィスから掃除をした後に症状が出ていることを指摘されたメリッサは、病院で様々な検査を行った。その結果、原因はカビだと判明。メリッサが引っ越してきた家には、窓やキッチンなどに大量のカビがあり、掃除のたびに吸い込んでいた。大谷義夫医師によると、ホコリの中などどこにでもいる「アスペルギルス」というカビに対するアレルギー性の肺炎だという。アスペルギルスは日本にも生息していて、エアコンにいるカビがばらまかれてしまうこともあり、2週間以上咳が続く場合はアレルギー性肺炎の可能性を考えて呼吸器内科を受診した方がいいという。


発熱

吐き気や疲労感、そして髪の毛が抜け落ちるという症状に襲われたメリッサは、呼吸困難となり、病院に緊急搬送された。結果、産後の免疫力低下による肺炎と診断され、医師は抗生物質を処方。症状は治まり、翌日には退院した。しかし、退院後もメリッサは激しい吐き気に悩まされた。その症状が続いた期間は3年。さらに、子供たちにも症状が出始め、長男のトラヴィスは頻繁に鼻血を出すなど、原因不明の症状に襲われた。これを受け、メリッサは別の病院を訪れたが、原因はわからないまま。そんなある日、トラヴィスから掃除をした後に症状が出ていることを指摘されたメリッサは、病院で様々な検査を行った。その結果、原因はカビだと判明。メリッサが引っ越してきた家には、窓やキッチンなどに大量のカビがあり、掃除のたびに吸い込んでいた。大谷義夫医師によると、ホコリの中などどこにでもいる「アスペルギルス」というカビに対するアレルギー性の肺炎だという。アスペルギルスは日本にも生息していて、エアコンにいるカビがばらまかれてしまうこともあり、2週間以上咳が続く場合はアレルギー性肺炎の可能性を考えて呼吸器内科を受診した方がいいという。


吐き気や疲労感、そして髪の毛が抜け落ちるという症状に襲われたメリッサは、呼吸困難となり、病院に緊急搬送された。結果、産後の免疫力低下による肺炎と診断され、医師は抗生物質を処方。症状は治まり、翌日には退院した。しかし、退院後もメリッサは激しい吐き気に悩まされた。その症状が続いた期間は3年。さらに、子供たちにも症状が出始め、長男のトラヴィスは頻繁に鼻血を出すなど、原因不明の症状に襲われた。これを受け、メリッサは別の病院を訪れたが、原因はわからないまま。そんなある日、トラヴィスから掃除をした後に症状が出ていることを指摘されたメリッサは、病院で様々な検査を行った。その結果、原因はカビだと判明。メリッサが引っ越してきた家には、窓やキッチンなどに大量のカビがあり、掃除のたびに吸い込んでいた。大谷義夫医師によると、ホコリの中などどこにでもいる「アスペルギルス」というカビに対するアレルギー性の肺炎だという。アスペルギルスは日本にも生息していて、エアコンにいるカビがばらまかれてしまうこともあり、2週間以上咳が続く場合はアレルギー性肺炎の可能性を考えて呼吸器内科を受診した方がいいという。