ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「B-1グランプリ in 勝浦」の検索結果

「B-1グランプリ in 勝浦」に関連するその他の情報 39件中 1〜10件目

竹岡漁港

さっそく3人がカップラーメンを選ぶ。光一さんが好きな「長崎ちゃんぽん」、B-1グランプリで話題になった「勝浦タンタンメン」、千葉・富津市の竹岡漁港から広まったインスタントラーメンのように乾麺から作る「千葉竹岡式らーめん」など紹介。3人が選んだいくつかのカップラーメンの中から1つだけいただく。剛さんは富山ブラック、山下さんは千葉竹岡式らーめん、光一さんは日進麺NIPPON八王子たまねぎ醤油ラーメンを食した。


熱血!!勝浦タンタンメン

青森・十和田市で開かれた「B-1グランプリ in 十和田」で全国のご当地グルメが集結した。1位のゴールドグランプリに選ばれたのは千葉県の「熱血!!勝浦タンタンメン」だった。


勝浦漁港

勝浦漁港から生中継。B-1グランプリ in 郡山で準優勝した、勝浦タンタンメンを試食した。


小樽あんかけ焼そば親衛隊

先週末福島県郡山市で行われた「B-1グランプリ in 郡山」では全国から59団体が出展した。2日間の来場者数は45万3000人で、来場者は自慢のご当地グルメを味わいながら、それぞれの地元を Rするパフォーマンスを楽しんだ。去年倉田アナのお祓いをしてくれた南魚沼きりざいDE愛隊(新潟)のさなぶりの神様に一年ぶりにお会いすることもできた。十和田バラ焼きゼミナールは醤油ベースの甘辛いタレで炒めた牛バラ肉と玉ネギがご飯にぴったりの十和田自慢の味だ。今回のB-1グランプリは震災以降、風評被害で食材の販売数が落ちている福島を応援する目的もあった。郡山の農家から無償で田んぼを貸り、B-1グランプリで提供するための米を1から作った。

米以外でも卵やキャベツ、キュウリにもやしなど野菜に福島産のものを使って出展している団体もある。カリッと焼かれた焼きそばにホタテや海老などの海の幸がたっぷり入った餡がかかった北海道小樽から初出店の「小樽あんかけ焼きそば親衛隊」は白菜やもやしを福島産で使用、「あかし玉子焼ひろめ隊」はメインの卵を福島産にした。食材の他にも福島への応援の意味を込めた大漁旗を掲げていた「熱血!!勝浦タンタンメン船団」。秋田県横手市の小学生から地元のイベントで集めた募金が浪江焼麺太国へプレゼントされた。大人から子どもまで色々な人の思いが詰まった今回のB-1グランプリ。2日間を終え、来場者の投票でゴールドグランプリに輝いたのは「十和田バラ焼きゼミナール」だった。


ひるぜん焼きそば好いとん会

今年で7回目となるB-1グランプリが開催。全63団体が集結し、過去最高となる61万人が来場。愛Bリーグの料理人・料理関係者は、「自分たちの町の認知度を高めてもらいたい」と述べた。昨年ゴールドグランプリを受賞した「ひるぜん焼きそば好いとん会」は、県全体で16億円の経済効果を生んだ。

被災地から出場した「浪江焼麺太国」は、地元で長年愛される「なみえ焼きそば」を出品。ここまで来るには険しい道程があったと語った。更に「勝浦タンタンメン船団」は地元を盛り上げようと参加。今回は「ラーメン松野屋」など食べられてきた「勝浦タンタンメン」を出品し、地域を超えたコラボを見せた。

今回のゴールドグランプリに選ばれたのは「八戸せんべい汁研究所」。「浪江焼麺太国」は4位に入賞し、「熱血!!勝浦タンタンメン船団」は8位となった。


勝浦BEST30

勝浦BEST30、第7位は勝浦タンタンメン。勝浦タンタンメンはRAG TIMEなど市内40店舗で提供しており、鴨川市・江ざわの先代・料理人・料理関係者が中国で食べた担々麺を元に考案。B-1グランプリ in 姫路では第7位に輝いた。


ひるぜん焼きそば好いとん会

おととい兵庫県姫路市でB-1グランプリin姫路が開催された。過去最多の63団体が参加し17団体が初出展だった。亀山みそ焼きうどんはお客さんにも好評だった。

B-1グランプリin姫路には51万5000人が来場した。3年前に優勝した厚木シロコロ・ホルモンは120分待ちだった。甲府鳥もつ煮も90分待ちだった。今年は初出展が多く、今治焼豚玉子飯、日生カキオコ、久慈まめぶ汁などだった。

関東からは千葉県勝浦市の勝浦タンタンメンが出展した。勝浦タンタンメンは漁師や海女さんが体を温めるためによく食べていたことから広まった。元祖の江ざわは坦々麺を60年前から作っているという。市内には勝浦タンタンメンを扱うお店は40店舗あり、ラー油を使うのがルールになっている。B-1グランプリin姫路当日は子どもも食べられるように辛さを控えめにしていた。勝浦タンタンメンは第7位だった。

今回のゴールドグランプリは岡山県のひるぜん焼きそば好いとん会だった。


ひるぜん焼そば好いとん会

スタジオで第6回B-1グランプリを振り返った。いまや国民的な町おこしイベントとなった同グランプリの順位が改めて発表された。1位2位が岡山県勢となったことも指摘された。汁物よりも焼そばのほうが客をさばきやすく強いのだという。実際に焼そばを販売する店が多かった。

話は上位の店を紹介へと移った。5位には愛媛今治市・今治焼豚玉子飯世界普及委員会、7位に千葉勝浦市・熱血!!勝浦タンタンメン船団、9位に岡山県備前市・日生カキオコまちづくりの会がそれぞれ初出展ながら上位に入った。

続いてスタジオゲストには今回グランプリに輝いた岡山真庭市から出展したひるぜん焼そば好いとん会の横山祐之さんと石賀幹浩さんが登場。実際にひるぜん焼そばをスタジオ陣が試食した。

さらにグランプリ獲得の決め手となったとされる部分を紹介。客の行列を解消した策や、特製の味噌ダレで焼き上げたかしわ肉が勝因になったのではないかと石賀さんは述べた。ちなみに1位と2位の差は700人弱とされている。最後に今後の意気込みを述べた石賀さんらにスタジオ陣が激励した。


ひるぜん焼そば好いとん会

スタジオで第6回B-1グランプリを振り返った。いまや国民的な町おこしイベントとなった同グランプリの順位が改めて発表された。1位2位が岡山県勢となったことも指摘された。汁物よりも焼そばのほうが客をさばきやすく強いのだという。実際に焼そばを販売する店が多かった。

話は上位の店を紹介へと移った。5位には愛媛今治市・今治焼豚玉子飯世界普及委員会、7位に千葉勝浦市・熱血!!勝浦タンタンメン船団、9位に岡山県備前市・日生カキオコまちづくりの会がそれぞれ初出展ながら上位に入った。

続いてスタジオゲストには今回グランプリに輝いた岡山真庭市から出展したひるぜん焼そば好いとん会の横山祐之さんと石賀幹浩さんが登場。実際にひるぜん焼そばをスタジオ陣が試食した。

さらにグランプリ獲得の決め手となったとされる部分を紹介。客の行列を解消した策や、特製の味噌ダレで焼き上げたかしわ肉が勝因になったのではないかと石賀さんは述べた。ちなみに1位と2位の差は700人弱とされている。最後に今後の意気込みを述べた石賀さんらにスタジオ陣が激励した。


あかし玉子焼ひろめ隊

スタジオで第6回B-1グランプリを振り返った。いまや国民的な町おこしイベントとなった同グランプリの順位が改めて発表された。1位2位が岡山県勢となったことも指摘された。汁物よりも焼そばのほうが客をさばきやすく強いのだという。実際に焼そばを販売する店が多かった。

話は上位の店を紹介へと移った。5位には愛媛今治市・今治焼豚玉子飯世界普及委員会、7位に千葉勝浦市・熱血!!勝浦タンタンメン船団、9位に岡山県備前市・日生カキオコまちづくりの会がそれぞれ初出展ながら上位に入った。

続いてスタジオゲストには今回グランプリに輝いた岡山真庭市から出展したひるぜん焼そば好いとん会の横山祐之さんと石賀幹浩さんが登場。実際にひるぜん焼そばをスタジオ陣が試食した。

さらにグランプリ獲得の決め手となったとされる部分を紹介。客の行列を解消した策や、特製の味噌ダレで焼き上げたかしわ肉が勝因になったのではないかと石賀さんは述べた。ちなみに1位と2位の差は700人弱とされている。最後に今後の意気込みを述べた石賀さんらにスタジオ陣が激励した。


検索結果の絞り込み