ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「BMW」の検索結果

「BMW」に関連する情報 4513件中 1〜10件目

BMWス

小畑裕馬はユース仙台出身。18歳8ヶ月でJ1デビューを果たす。前半3分、ボールを受けたジャーメインが縦に仕掛ける。ボールはそのままゴールに吸い込まれ、ラッキーなゴールで先制点をあげる。追いつきたい湘南は、ボールを呼び込んだ齊藤がスルーパス。岡本のダイレクトクロスはディフェンスにブロックされるが、こぼれ球を拾った鈴木がゴールする、が小畑が好セーブ。得点を与えない。後半、湘南に押し込まれる時間帯もあったが、18歳の小畑は落ち着いたプレーを見せ、無失点でデビュー戦を飾った。


Shonan BMW スタジアム平塚

Shonan BMW スタジアム平塚で湘南ベルマーレとベガルタ仙台の試合が行われ、ジャーメイン良らが出場。試合は1-0で仙台が勝った。


Shonan BMW スタジアム平塚

明治安田生命J1リーグ第2節の湘南ベルマーレとベガルタ仙台の試合では、無観客のスタジアムにこだまするのは観客の声。そこには、離れていても選手の力になりたいという多くの願いが込められていた。

J1の湘南対仙台の対決ではジャーメイン良が先制点を決める中、高橋さんが湘南を代表する応援歌として選んだが、結果は仙台が勝利。


BMW

「SUPER GT」の前進である全日本GT選手権は1994年に始まった。国内からはGT-R、スープラが参戦した。世界の強豪相手に「NISSAN SKYLINE GT-R(R32)」が抜群の早さを見せた。後継のSKYLINE GT-R(R33)と合わせ1994年と1995年、2年連続で制覇した。トヨタは2L4気筒ターボエンジン「Supra GT(A80)」で戦っていた。1996年にはNSXが参戦、NSX-GTはターボでなく自然吸気だった。1997年タイトルを獲得したのはトヨタ「Supra GT」。1998年にはホンダが本格参戦、F1のノウハウが活かせる自然吸気にこだわった。ホンダは参戦当初苦しいシーズンを強いられた。1998年は「SKYLINE GT-R(R33)」がタイトルを奪還した。1999年には後継の「NISSAN SKYLINE GT-R(R34)」を発売、デビューでいきなりタイトルを獲得した。しかし1999年から2002年の間、GT-Rはわずか4勝しかできなかった。特に2002年はシーズン未勝利という屈辱を味わった。エンジンが重くマシンの重量配分に苦しんでいた。シーズン途中からV型6気筒を投入したが結果は出せなかった。逆にNSXが調子をあげ2000年に初のタイトルを獲得した。トヨタはスープラを煮詰め、ニューマシン投入の代わりに若手ドライバーの育成に力を入れた。立川祐路が2001年に、脇阪寿一が2002年にタイトルを掴みスープラ黄金時代を築いた。2003年ついにエンジンをV型8気筒に変更した。日産はV6ターボエンジンを搭載したGT-Rが熟成し結果を出し始める。2003年本山哲が「SKYLINE GT-R(R34)」で自身初のタイトルを獲得した。2004年日産は「FAIRLADY Z」を投入、本山は「FAIRLADY Z」で2連覇を達成した。


BMW

今日のゲストは安井健二さん。テーマは「半導体業界 コロナで勝機は?」。安井さんは明暗についてスマートフォンが暗、明はパソコン・サーバー関連分野とした。半導体関連銘柄の安井氏の投資判断はBuyがルネサスエレクトロニクス、ソニー、東京エレクトロン、Neutralはディスコ、スクリーンホールディングスとなっている。ルネサスエレクトロニクスは車載半導体で重要な役割で中国では高級車需要が堅調。4-6月期も黒字見通しでコスト体質強化できるとしている。ルネサスエレクトロニクスの株価は現在600円圏内で推移している。安井氏は「4-6月が一番厳しい状況になりそう。今後は緩やかに回復してくるのにあわせて、株価が上昇しやすいと考えている」と話した。またもう一つ東京エレクトロンは景気サイクルの変動に強く、データセンターの需要が拡大しており、半導体大手からの投資が継続されるとみている。株価はかなり戻している。安井氏は「まだ上値があると考えている。弊社では目標株価を28000としている」などと話した。この2社について各社の投資判断は?ルネサスエレクトロニクスは野村證券はNeutral、ゴールドマン・サックス証券は中立、東海東京調査センターは中立としている。東京エレクトロンは岡三証券は強気、岩井コスモ証券は強気、JPモルガン証券はOverweight、東海東京調査センターは中立としている。


BMW M6 COUPE

「BMW M6 GT3」のベースは「BMW M6 COUPE」。エンジンは4.4l、V型8気筒ツインターボ、最高出力は560馬力。その走りを体感した片岡は「トルクでずしっと押していく感じ」「ボディ剛性は高いレベルにある」などと話した。


BMW M6 GT3

「BMW M6 GT3」のベースは「BMW M6 COUPE」。エンジンは4.4l、V型8気筒ツインターボ、最高出力は560馬力。その走りを体感した片岡は「トルクでずしっと押していく感じ」「ボディ剛性は高いレベルにある」などと話した。


BMWグループ

ドイツの自動車大手BMWグループの1月から3月期の決算は増収減益となった。世界の販売台数が2割減少し、主力市場の一つ、中国では3割減少したもののオートローンやリースなどの金融部門が好調だった。ただ、新型コロナの影響で2020年を通じて主要市場の需要は減少するとして従来2%から4%としていた20年通期の自動車部門の利払い・税引き前利益率の見通しを0%から3%へと引き下げた。


BMW 320d ツーリング M Sport

キング谷口が選ぶ愛車自慢 BEST10・6位は荒聖治のBMW320dツーリングだった。荒は「足回りはソフトなやつを選んでいる」と話し、その理由は娘が生まれたばかりで上下の振動を抑えているのだと話した。