ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「DOAI VILLAGE」の検索結果

「DOAI VILLAGE」に関連する情報 49件中 1〜10件目

DOAI VILLAGE

群馬県にある土合駅で楽しめる最先端レジャー、無人駅グランピング。無人駅を進んでいくとグランピング施設があった。テントの中にはテーブルやベッドなど、オイルヒーターなども完備されている。またシャワーやトイレも併設している。年内の週末の予約は満室状態、密を避けてキャンプができるため人気スポットになっていた。またグランピング施設からは走る電車を至近距離でみることができる、駅事務所を喫茶店に改装し食べることができる。朝は自分で焼くホットサンド、夜は地鶏とキノコを使った鍋を食べれる。他にも薪で温度調節するサウナがあり、水風呂の代わりに雪の中へダイブするのがオススメだという。夜にはライトアップや星空がある。


DOAI VILLAGE

土合駅人気の秘密「駅チカのグランピング施設」伊野尾さんは「中に入ると以外と寒くない」などとコメント。テントの間には一定の距離があり、通気口を設置し換気を徹底。国内初の設置である膜を気球のように膨らませて内側から固めていくという造りになっており、断熱材の効果もあり構造壁にもなっているという。トイレ・シャワーも完備、サウナもあり、運が良ければ電車を間近で見られる。伊野尾さんは「これは人気が出る。駅が近いことで足が一つあり、かつ、魅力がたくさん乗っかってるのを最大限に活かしている」とコメントした。今回でイノ調は200回、「始まることは絶対いつか終わりがくることでもあるから、一回一回みなさんの記憶に残るロケができたらいいなと思う」と話した。出演者は「1回目はやっぱり若かったね」などとコメントした。


JR土合駅

新型コロナウイルスの影響等でこの冬もキャンプが人気になっている。冬キャンプの魅力を取材した。Nスタは千葉県千葉市のキャンプ施設へ向かった。密を回避する事が出来る事もあり、冬キャンプが人気だ。たき火で暖を取るのもこの時期の楽しみ方だ。群馬県みなかみ町のキャンプ施設『DOAI VILLAGE』はグランピングを楽しめる施設だ。ここには、寒さに負けない冬キャンプの楽しみ方『アウトドア サウナ』がある。夕食にはキノコ鍋も堪能出来る。年内の宿泊なら値引きされる。最寄り駅はJR土合駅だ。この駅は無人駅だ。秘境感が密を避けられるキャンプ施設を作っていた。


1泊2食付き 大人1人

新型コロナウイルスの影響等でこの冬もキャンプが人気になっている。冬キャンプの魅力を取材した。Nスタは千葉県千葉市のキャンプ施設へ向かった。密を回避する事が出来る事もあり、冬キャンプが人気だ。たき火で暖を取るのもこの時期の楽しみ方だ。群馬県みなかみ町のキャンプ施設『DOAI VILLAGE』はグランピングを楽しめる施設だ。ここには、寒さに負けない冬キャンプの楽しみ方『アウトドア サウナ』がある。夕食にはキノコ鍋も堪能出来る。年内の宿泊なら値引きされる。最寄り駅はJR土合駅だ。この駅は無人駅だ。秘境感が密を避けられるキャンプ施設を作っていた。


DOAI VILLAGE

新型コロナウイルスの影響等でこの冬もキャンプが人気になっている。冬キャンプの魅力を取材した。Nスタは千葉県千葉市のキャンプ施設へ向かった。密を回避する事が出来る事もあり、冬キャンプが人気だ。たき火で暖を取るのもこの時期の楽しみ方だ。群馬県みなかみ町のキャンプ施設『DOAI VILLAGE』はグランピングを楽しめる施設だ。ここには、寒さに負けない冬キャンプの楽しみ方『アウトドア サウナ』がある。夕食にはキノコ鍋も堪能出来る。年内の宿泊なら値引きされる。最寄り駅はJR土合駅だ。この駅は無人駅だ。秘境感が密を避けられるキャンプ施設を作っていた。


JR東日本グループ

新型コロナウイルスの影響等でこの冬もキャンプが人気になっている。冬キャンプの魅力を取材した。Nスタは千葉県千葉市のキャンプ施設へ向かった。密を回避する事が出来る事もあり、冬キャンプが人気だ。たき火で暖を取るのもこの時期の楽しみ方だ。群馬県みなかみ町のキャンプ施設『DOAI VILLAGE』はグランピングを楽しめる施設だ。ここには、寒さに負けない冬キャンプの楽しみ方『アウトドア サウナ』がある。夕食にはキノコ鍋も堪能出来る。年内の宿泊なら値引きされる。最寄り駅はJR土合駅だ。この駅は無人駅だ。秘境感が密を避けられるキャンプ施設を作っていた。


1泊2食付き

東京からおよそ2時間半、群馬県最北端のみなかみ町。JR上越線の土合駅は駅員がいない無人駅。一日のうちに乗り降りするのは20人程度だという。外に出ると、白く尖った不思議な形の建物があった。中には寝具などが配置されており、無人駅を利用したグランピング施設なのだという。無人駅に人を呼ぼうと、JR東日本とヴィレッジインク、町の協力を得て作った施設だという。電気も使え、ストーブなどを完備している。敷地内にはサウナがあり、24時間いつでも使うことができるのだという。夕食には鍋料理が出るのだという。さらにこの駅の下り駅は地下深くに有り、日本一のモグラ駅と呼ばれているという。ホームへの階段は462段で、山岳地帯に作られているためにこのような構造になったのだという。地上にある上りホームとの高低差は70mもあるという。さらに地域活性化のため、切符売り場をカフェに改装し、地ビールなどを提供しているという。今後は地元の食材を使ったメニューを増やしていくことを検討しているとのこと。また、同施設は年内の予約はほぼ埋まっているとのこと。


グランピング施設

東京からおよそ2時間半、群馬県最北端のみなかみ町。JR上越線の土合駅は駅員がいない無人駅。一日のうちに乗り降りするのは20人程度だという。外に出ると、白く尖った不思議な形の建物があった。中には寝具などが配置されており、無人駅を利用したグランピング施設なのだという。無人駅に人を呼ぼうと、JR東日本とヴィレッジインク、町の協力を得て作った施設だという。電気も使え、ストーブなどを完備している。敷地内にはサウナがあり、24時間いつでも使うことができるのだという。夕食には鍋料理が出るのだという。さらにこの駅の下り駅は地下深くに有り、日本一のモグラ駅と呼ばれているという。ホームへの階段は462段で、山岳地帯に作られているためにこのような構造になったのだという。地上にある上りホームとの高低差は70mもあるという。さらに地域活性化のため、切符売り場をカフェに改装し、地ビールなどを提供しているという。今後は地元の食材を使ったメニューを増やしていくことを検討しているとのこと。また、同施設は年内の予約はほぼ埋まっているとのこと。


「DOAI VILLAGE」に関連するイベント情報

STARTUP PITCH#1

国内最大の鉄道会社であるJR東日本は、新型コロナウイルスにより民営化後最大の危機に直面している。深澤祐二社長は、既存の計画を大胆に見直すと宣言しており、自らの基盤となる駅や路線といった空間に様々な価値を付加することで、鉄道事業以外の収益を拡大できると考えているという。JR上越線の土合駅は30年以上前から駅員がいない無人駅で、ベンチャー企業のヴィレッジインク、JR東日本スタートアップと組んで、「DOAI VILLAGE」というグランピング施設を立ち上げた。無人駅の活用で地域を活性化させる狙いがあるという。駅構内にはかつての役務室を改装したカフェもあり、この冬300組以上の利用客を見込んでいる。また、JR東日本では最先端技術の道入も進めており、先月、目白駅には無人AI決済店舗を設置した。JR東日本にとっては、高輪ゲートウェイ駅に続く2店舗目で、システム開発はJR東日本スタートアップから独立したタッチトゥゴーが開発した。また、JR東日本は、スタートアップ企業に駅ビルの課題を解決する提案を募るイベントを開き、約100人が参加した。深澤社長は人材の配置やスピード感などあらゆる面で経験したことのない取り組みを促進しており、来年度は黒字にするとしている。


紀ノ国屋

国内最大の鉄道会社であるJR東日本は、新型コロナウイルスにより民営化後最大の危機に直面している。深澤祐二社長は、既存の計画を大胆に見直すと宣言しており、自らの基盤となる駅や路線といった空間に様々な価値を付加することで、鉄道事業以外の収益を拡大できると考えているという。JR上越線の土合駅は30年以上前から駅員がいない無人駅で、ベンチャー企業のヴィレッジインク、JR東日本スタートアップと組んで、「DOAI VILLAGE」というグランピング施設を立ち上げた。無人駅の活用で地域を活性化させる狙いがあるという。駅構内にはかつての役務室を改装したカフェもあり、この冬300組以上の利用客を見込んでいる。また、JR東日本では最先端技術の道入も進めており、先月、目白駅には無人AI決済店舗を設置した。JR東日本にとっては、高輪ゲートウェイ駅に続く2店舗目で、システム開発はJR東日本スタートアップから独立したタッチトゥゴーが開発した。また、JR東日本は、スタートアップ企業に駅ビルの課題を解決する提案を募るイベントを開き、約100人が参加した。深澤社長は人材の配置やスピード感などあらゆる面で経験したことのない取り組みを促進しており、来年度は黒字にするとしている。


検索結果の絞り込み