ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「JAなめがた」の検索結果

「JAなめがた」に関連する情報 75件中 1〜10件目

JAなめがたししおさい

農家を尋ねるとビニールハウスのトマトが低温などの影響で成長が遅くなっている。中には湿度で割れてしまうトマトが例年より3割となっている。需要が追いつかず、割れたトマトも低価格で出荷しているとのこと。出荷時期が遅くなっているが味や大きさには影響はない。ピーマンの出荷が日本1の茨城県では日照不足で芽が出ず出荷量が減っている。また、通常と比べて曲がってしまうピーマンが増えいるため、出荷量が1割減っている。8月分の出荷量が少ない状態。野田市産の枝豆は大粒で甘みがあるが、日照不足で小ぶりとなり甘みが薄いとのこと。スーパーでは野菜の高騰し、きゅうりが38%、ナスが13%などが値上がりしている。にんじんやたまねぎなど泥物と呼ばれる野菜は値段が安定している。


「JAなめがた」に関連するグルメ情報

さつまいも

作り手側も様々な工夫をしており、茨城・行方市の「JAなめがた」では専用の大型倉庫を整備し、秋に収穫したさつまいもの長期・大量保存をしている。年間を通して味の良いさつまいもが流通している。約10年で売り上げは倍以上になっている。おなじみの光景の焼きいも移動販売も変わってきており、スポーツカーを改造して焼きいもの移動販売をする店も出てきている。おなじみの呼び声はなく、これまでの焼きいも販売のイメージが変わってきている。使うのは茨城県産の紅はるかで、ねっとり系のさつまいもである。焼きいもは進化を続けている。


ツイッター

作り手側も様々な工夫をしており、茨城・行方市の「JAなめがた」では専用の大型倉庫を整備し、秋に収穫したさつまいもの長期・大量保存をしている。年間を通して味の良いさつまいもが流通している。約10年で売り上げは倍以上になっている。おなじみの光景の焼きいも移動販売も変わってきており、スポーツカーを改造して焼きいもの移動販売をする店も出てきている。おなじみの呼び声はなく、これまでの焼きいも販売のイメージが変わってきている。使うのは茨城県産の紅はるかで、ねっとり系のさつまいもである。焼きいもは進化を続けている。


「JAなめがた」に関連するグルメ情報

紅はるか

作り手側も様々な工夫をしており、茨城・行方市の「JAなめがた」では専用の大型倉庫を整備し、秋に収穫したさつまいもの長期・大量保存をしている。年間を通して味の良いさつまいもが流通している。約10年で売り上げは倍以上になっている。おなじみの光景の焼きいも移動販売も変わってきており、スポーツカーを改造して焼きいもの移動販売をする店も出てきている。おなじみの呼び声はなく、これまでの焼きいも販売のイメージが変わってきている。使うのは茨城県産の紅はるかで、ねっとり系のさつまいもである。焼きいもは進化を続けている。


「JAなめがた」に関連するグルメ情報

焼きいも

作り手側も様々な工夫をしており、茨城・行方市の「JAなめがた」では専用の大型倉庫を整備し、秋に収穫したさつまいもの長期・大量保存をしている。年間を通して味の良いさつまいもが流通している。約10年で売り上げは倍以上になっている。おなじみの光景の焼きいも移動販売も変わってきており、スポーツカーを改造して焼きいもの移動販売をする店も出てきている。おなじみの呼び声はなく、これまでの焼きいも販売のイメージが変わってきている。使うのは茨城県産の紅はるかで、ねっとり系のさつまいもである。焼きいもは進化を続けている。


「JAなめがた」に関連するグルメ情報

紅まさり

作り手側も様々な工夫をしており、茨城・行方市の「JAなめがた」では専用の大型倉庫を整備し、秋に収穫したさつまいもの長期・大量保存をしている。年間を通して味の良いさつまいもが流通している。約10年で売り上げは倍以上になっている。おなじみの光景の焼きいも移動販売も変わってきており、スポーツカーを改造して焼きいもの移動販売をする店も出てきている。おなじみの呼び声はなく、これまでの焼きいも販売のイメージが変わってきている。使うのは茨城県産の紅はるかで、ねっとり系のさつまいもである。焼きいもは進化を続けている。


JAなめがた

作り手側も様々な工夫をしており、茨城・行方市の「JAなめがた」では専用の大型倉庫を整備し、秋に収穫したさつまいもの長期・大量保存をしている。年間を通して味の良いさつまいもが流通している。約10年で売り上げは倍以上になっている。おなじみの光景の焼きいも移動販売も変わってきており、スポーツカーを改造して焼きいもの移動販売をする店も出てきている。おなじみの呼び声はなく、これまでの焼きいも販売のイメージが変わってきている。使うのは茨城県産の紅はるかで、ねっとり系のさつまいもである。焼きいもは進化を続けている。


JAなめがた

茨城県行方市にあるサツマイモ畑の面積は10年で3倍以上に。支えたのは焼き芋専用のサツマイモ。これは1本単位で売るために重さや大きさをそろえて出荷する。地元JAにはサツマイモ専用の貯蔵施設が。秋にしか収穫できないサツマイモの長期・大量保存が可能になり、一年を通しての出荷が可能になった。売り上げは年間10億円から35億円に。いまでは全国有数のサツマイモ産地となった。棚谷保男組合長は「郡商の親父がこれを作らなかったらこれだけ日本全国に焼き芋は出来なかった」と語る。


JAなめがた

スーパーなどで焼きいもを簡単に作れる機械を発明しブームを起こした男性を取材したと語られた。先月には大阪の老舗デパートが焼きいも専門の直営店をオープンし、一日400本以上売り上げることもあるという。大丸梅田店の佐々木さんは今は焼きいもブームと言われており、機械の操作は簡単で安定して供給できると語った。焼きいもオーブンは販売台数4000台となる大ヒット商品だと語られた。開発者の男性は自信作と豪語し、さつまいもの産地でも絶賛されている。


「JAなめがた」に関連するグルメ情報

さつまいも

銀座つぼやきいもには焼きたてのさつまいもが出ていた。今しか食べられない新芋を使ったホクホク食感と熟成させたねっとり食感の焼き芋があるという。焼き芋ブームの始まりは「ねっとり焼き芋」の登場やJAなめがたがスーパーでの焼き芋販売を支援したところから始まったよう。店では焼き芋用の壺でじっくり焼かれている。家では失敗しがちということで焼き芋用メーカーが登場した。リッチな調理器具だが1年に3万5000台の大ヒットとなっている。生の芋を入れて約40分でほくほくとした焼き芋が出来上がる。また焼きとうもろこしやホットサンドを作ることも可能だという。


検索結果の絞り込み