ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「LIFE」の検索結果

「LIFE」に関連する観光・地域情報 65件中 1〜10件目

「LIFE」に関連する観光・地域情報

1泊

最近の線路高架下施設として大田区の雑色駅付近の高架下にオープンしたのは「雑色クリニックモール」、眼科、内科、歯科、循環器内科、小児科、薬局と様々なクリニックが揃った医療施設となっている。線路高架下施設のメリットとして初期費用が安いことがあげられる、これは鉄道会社側が賃貸物件として貸し出していてることが理由にあるという。さらに駅に近いことから集客が見込めるメリットもある。横浜の日ノ出町駅の下にある高架下にはコンテナのような建物がいくつか並んでいる、これはホテルでゲストハウスのような作りになっている。線路高架下施設のデメリットとして、日当たりが悪い、高架の幅に合わせた形に限られることがあげられる。


「LIFE」に関連するホテル・温泉旅館「LIFE」に関連する観光・地域情報

タイニーズ横浜日ノ出町

最近の線路高架下施設として大田区の雑色駅付近の高架下にオープンしたのは「雑色クリニックモール」、眼科、内科、歯科、循環器内科、小児科、薬局と様々なクリニックが揃った医療施設となっている。線路高架下施設のメリットとして初期費用が安いことがあげられる、これは鉄道会社側が賃貸物件として貸し出していてることが理由にあるという。さらに駅に近いことから集客が見込めるメリットもある。横浜の日ノ出町駅の下にある高架下にはコンテナのような建物がいくつか並んでいる、これはホテルでゲストハウスのような作りになっている。線路高架下施設のデメリットとして、日当たりが悪い、高架の幅に合わせた形に限られることがあげられる。


「LIFE」に関連するホテル・温泉旅館「LIFE」に関連する観光・地域情報

INN MY LIFE

二俣本町駅の駅舎につくった、1日1組限定のホテル「INN MY LIFE」を紹介した。一泊一組2万5000円(税別)。天竜材を使用するなど地元名産品にこだわったりしている。オーナーは「天浜線を知ってもらいたい」などと話した。


「LIFE」に関連するホテル・温泉旅館「LIFE」に関連する観光・地域情報

INN MY LIFE

いま駅舎が他施設に生まれ変わる例が増えている。静岡県浜松市の二俣本町駅のホテル「INN MY LIFE」は1日1組限定で、内装に地域の名産の木材を使用しておりパジャマも遠州の織物を使っている。


「LIFE」に関連する観光・地域情報

1棟貸し切り

横浜市中区の京急線高架下にある遊休地に今年4月トレーラーハウスを改装した宿泊施設がオープンした。施設は3棟あり、1棟に二段ベッドが2つ設置され、シャワーなども完備。口コミで広がり週末はほぼ満室で、客の3割前後が外国人。トレーラーハウスは1台400万円前後で、日本ではナンバープレートを付ければ車両扱いとなるため一般の宿泊施設に義務付けられている避難誘導灯などの設置は必要ないが、各自治体が定めた宿泊施設運営に関する条例などに沿った安全対策は取る必要がある。宿泊施設が足りないとされている東京オリンピックに対する切り札にもなりうると見られている。(夕刊フジ)


「LIFE」に関連する観光・地域情報

旅行予約サイト満足度ランキング

すごい会社のランキングに入っているが知らない会社のヒミツを探る。


「LIFE」に関連する観光・地域情報

LEGOLAND Japan Hotel

今週28日土曜にはレゴランド・ジャパンの眼の前にレゴランド・ジャパン・ホテルがオープン。客室は5つのテーマに分かれ違う世界観を楽しめる。エレベーターには雰囲気を盛り上げる工夫が施されている。客室も子供ファーストで子供部屋の体験を大事にしているという。奥には家族でくつろげるスペースと大人用の寝室があり親子で満喫できる。他にも深さ約60cmのウォーター・プレイ・エリアやレストランには子供が遊べるキッズエリアがあり世界観が満載。レゴランド・ジャパン・ホテルに併設した水族館「SEA LIFE Nagoya」がオープンし海の生き物とレゴモデルのコラボやバーチャル世界の体験もできる。今後の課題について社長はアトラクションで遊びLEGOブロックで学ぶという認識を広げたいなどと話した。


「LIFE」に関連する観光・地域情報

西鉄グランドホテル

今、青汁が飲みやすく進化している。女性や子供向けの商品も登場し、青汁市場は右肩上がりに成長。さらに、飲むだけではない青汁も登場している。東京・大手町のオフィスビルの中にある、ジューススタンド、FRUITS IN LIFE。店頭に並ぶ色とりどりのジュース。中でも特に人気だというのが、少し苦そうな緑色のジュース、グリーン・グリーン。キャベツやブロッコリーの原種、ケールを使用した、いわゆる青汁。鈴木しおりレポーターは、青々とした見た目からは想像できないほど甘みがあって、飲みやすい、とコメント。ケールの他にも、リンゴやパイナップルを入れて、飲みやすさを追求したという。松富副店長は、「ケールは食べると量が多いが、手軽に飲める。野菜不足の方だと、野菜が一番入っているのが良い、と一番人気なのだと思う。」と話す。続いて、都内のスーパーを訪ねると、大手飲料メーカーや自社ブランドなど6種類の青汁が置かれたコーナーが。食品バイヤーの中村さんは、「以前は1,2種類だったが、ここ2,3年で取扱商品を増やしている」と話す。実は、大手飲料メーカーの調査によると、青汁市場は、10年前、663億円だったが、今は1100億円で右肩上がり。そのため、各社はこぞって新商品を投入。手軽に飲める、ペットボトル入りや、フルーツや豆乳が入ったもの、さらには噛んで飲む、粒状の商品も登場している。さらに、飲むだけではない。福岡市の西鉄グランドホテル内の、ル・プティパレでは、緑色のパンがある。青汁の原料ケールを生地に練り込んだ、ケール粉末入りの栗入りあんぱんだ。食べた記者は、「ケール独特のエグミや青臭さが全く感じられない。パン生地に練り込むだけでスッキリとした味わいになり、中のさっぱりとしたあんこの甘みを引き立てている」とコメント。他にも、ケールを使った、ケーキやビスケットを販売。特に、健康への意識の高い女性客からの人気が高い。一方、青汁の原料も注目されている。東京・世田谷区のロイヤルホスト桜新町店では、先月からケールがそのまま乗ったサラダなど、ケールを使った料理フェア「ミート&グリーン」を始めた。(4月上旬まで)生でいただくサラダや蒸して肉料理の付け合せにしたものなど、3種類の料理でケールを楽しめる。扱っているケールは、サラダ用に開発された品種で、柔らかく、えぐみが少ないのが特徴。


「LIFE」に関連するホテル・温泉旅館「LIFE」に関連する観光・地域情報

グランドプリンスホテル新高輪

司会の渡部建らがこのあとについて、平井堅「KISS OF LIFE」、乃木坂46「逃げ水」を披露すると伝えた。


「LIFE」に関連するホテル・温泉旅館「LIFE」に関連する観光・地域情報

瀬戸合荘

栃木・川俣湖付近は平家落人の隠れ里とされ、無料湯汲み場「平の湯」があり誰でも使用できる。その平の湯の近くには「瀬戸合荘」という宿があり、釣り人が立ち寄ることもあるという。源泉は「平の湯」と同じで温度は41℃ほどである。