ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「LIFE」の検索結果

「LIFE」に関連するその他の情報 13979件中 1〜10件目

第一生命

第一生命は毎年恒例のサラリーマン川柳のベスト10を発表した。第1位は「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」が選ばれた。


ライフ

映画「スーパーの女」で前日の売れ残りを再利用する「リパック」が取り上げられていた。このように客に嘘をつかない正直なスーパーのモデルになった店が「サミット」だった。リパックとの決別を断交したのがサミット8代目社長の荒井伸也。当時は同業者から反発の声が多く上がったという。しかし荒井は正直経営と効率化に取り組み、サミットを特別なスーパーに変えた。その荒井のカバン持ちから始めた竹野浩樹は荒井を、凄まじくて圧倒された、荒井と過ごした数年間がなければ今のサミットの成功はなかったと話す。竹野は「トモズ」の創業や、「バーニーズジャパン」の買収など住友商事で様々な成果を上げていく。そして2015年にサミットに出向となった。竹野は久しぶりに帰ってきたサミットはどんくさい印象、平凡なスーパーだったという。また社員に対しても、言われたことをやればいい、失敗せず過ごせればいいという意識になっていたと思ったという。竹野はカンフル剤として、商品も金額も書いていない真っ白なチラシを作った。


第一生命

全国10万人以上の投票で選ばれた今年のサラリーマン川柳ベスト10が発表された。第1位は「五時過ぎた カモンベイビー USA(うさ)ばらし」。働き方改革の影響でサラリーマンのちょっと1杯もスタート時間が前倒しに。第2位は「いい数字 出るまで測る 血圧計」。第8位は「下腹が 気づかぬうちに ひょっこりはん」など健康を気にする句にも支持があった。第3位は「メルカリで 妻が売るのは 俺の物」でスマートフォンに関する句もベスト10入りした。


サニーライフ北品川

28歳の元介護の男は先月3〜4日ごろ、勤務していた品川区の老人ホーム「サニーライフ北品川」で入居者の82歳の男性に暴行を加え殺害した疑いがもたれている。施設の防犯カメラには宿直勤務中の容疑者が男性の部屋に複数回出入りする様子が写っていたが、容疑者が最後に部屋に入った後、男性の「痛い何するんだよ」と叫ぶ声を女性職員が聞いていた事が新たに分かった。容疑者は容疑を否認しているが介護中にトラブルとなり背中を蹴った可能性があるとみて調べている。


サニーライフ北品川

先月介護福祉士の男がサニーライフ北品川で入居者の男性を殺害した疑いで逮捕されている。男性は肋骨を骨折し病院に搬送されると「若い男にやられた」と話しているが、逮捕された男は夜勤の責任者で男性の部屋に複数回出入りしていて「痛い何するんだよ」という男性の声を別の職員が聞いていたことも分かったが、男は容疑を否認している。


サニーライフ北品川

先月老人ホームで入所者の男性が男に殺害された事件では、病院に搬送された際に男性が「若い男に蹴られた」と話していた。逮捕された男は夜勤の責任者で男性の部屋に複数回出入りしていて、取材では男性が「痛い何するんだよ」と叫ぶ声を別の女性職員が聞いていたことが分かっていて、男は容疑を否認しているものの警視庁は暴行を受けたことで声を上げたと見て捜査している。


サニーライフ北品川

殺人の疑いで逮捕されたのは元介護士の男先月3〜4日ごろに勤務していた品川区の老人ホーム「サニーライフ北品川」で入居者で82歳の男性に暴行を加えて殺害した疑い。施設の防犯カメラには宿直勤務中の容疑者が被害者男性の部屋に複数回出入りしている様子が写っていた。その後の捜査関係者への取材で容疑者が最後に部屋に入った後に被害者の「痛い何するんだよ」と叫ぶ声を職員が聞いていたことが新たにわかった。調べに対し容疑者は「暴行を加えたということはない」と容疑を否認。警察は介護中にトラブルとなり背中を蹴ったとみている。


サニーライフ北品川

元介護士の男が老人ホーム『サニーライフ北品川』で入所者の男性を暴行死させた疑いで逮捕された事件。容疑者は容疑を否認している。容疑者は被害者に蹴る等の暴行を加え殺害したと見られている。防犯カメラには、はって逃げる被害者の足を容疑者がつかみ居室に引きずり込む映像が映っていたという。被害者は普段、車椅子を使用していたという。(朝日新聞)


サニーライフ北品川

東京・品川区にある老人ホーム「サニーライフ北品川」で入所者の男性(82)を殺害した疑いで元介護士の男を逮捕した。男性の死因は内蔵損傷による出血性ショックで、肋骨が複数折れる激しい暴行を加えられたことで死亡した。亡くなる前日、男性は「若い男に蹴られてやられた」と話していたという。事件後、自ら119番通報した容疑者。老人ホームの防犯カメラには容疑者が男性の足を引っ張って無理やり部屋に入れたあと、何度も部屋に出入りする姿やあ片手でポーズを決めるような仕草を見せ、部屋から立ち去る様子などが映っていた。


第一生命経済研究所

ティッシュ類について、全体的な値上がりに加え品薄になっていることも明らかに。理由について第一生命経済研究所の永濱さんは「春の花粉症シーズンに加え、10連休の影響もあって物流が滞ったこと、また先月愛知県で起こった大手製紙工場の火災で生産が滞り、業界が混乱している。企業側の努力だけではどうしようもない」などと話した。