ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「LIFE」の検索結果

「LIFE」に関連するレストラン・飲食店 368件中 1〜10件目

「LIFE」に関連するレストラン・飲食店

都内の公園グルメを紹介。江戸川区の葛西臨海公園のPARKLIFE CAFE & RESTAURANTには料理を注文しなくても利用できるキッズスペース・授乳室がある。ロコモコはハワイ仕込みの本格的な味。また海辺でバーベキューが楽しめるSORAMIDO BBQが4月にオープンした。

 (カフェ、ピザ、パスタ)

「LIFE」に関連するレストラン・飲食店

都内の公園グルメを紹介。江戸川区の葛西臨海公園のPARKLIFE CAFE & RESTAURANTには料理を注文しなくても利用できるキッズスペース・授乳室がある。ロコモコはハワイ仕込みの本格的な味。また海辺でバーベキューが楽しめるSORAMIDO BBQが4月にオープンした。

 (カレーライス、カフェ、ケーキ)

「LIFE」に関連するレストラン・飲食店

PAIA

ハワイのホノルルに向かい、地元の人に丸亀製麺を知っているか質問。地元ではかなり有名だった。さらに観光客にも取材をするとワイキキ店はメインストリートから徒歩3分。平日昼間に約50人が行列。ほとんどが外国人という。訪れるのは90%が外国人。ここまで人気の理由について店の視察に来た粟田貴也社長が日本と同じメニューをそのまま持っていったと語る。出汁は店内で。さらにうどんづくりが店内で見られる。このスタイルが大ウケ。さらにワイキキではない激安価格に設定。日本より少し高いが、ハワイでは激安価格。PAIAという人気レストランのランチは2528円。HEAVENLY Island Lifestyleではロコモコが1839円。ランチ価格の平均は1700円。丸亀製麺はランチもディナーも値段が変わらない。さらにYelpという海外の食べログの様なグルメサイトのレビューがダントツNo.1。5点満点で4.5の高評価。1日の来客数1700人。家賃の高さは日本の3倍以上。赤字にならない理由はあるメニューが鍵を握っていた。それは天ぷらで、日本より比デはないほど天ぷらを取っていると解説。客単価はハワイの方が高いという。またうどんを食べるのに時間はかからない。そしてハワイで行われる入社式を紹介。217人の新入社員が4泊6日の日程でハワイに集結。217人の旅費は6000万円にも及ぶ。一番大事なのはどういう会社で働いているかという自覚と認識をして欲しい。世界中から愛されているブランドであることを自覚し、世界の視野を持つということが非常に大事と語る。


「LIFE」に関連するレストラン・飲食店

丸亀製麺

粟田貴也社長により丸亀製麺の秘密を探る。わずか一代で築き上げた1000店舗以上の丸亀製麺。23歳で焼き鳥チェーン店「トリドール3番館」を始めた。スタジオでは梅沢富美男、坂上忍はよく丸亀製麺に行くと語る。岸博幸は丸亀製麺の売り上げランキングを紹介。1位はワイキキの店舗と語る。ワイキキの店の人気は入る気が失せると語る。

ハワイのホノルルに向かい、地元の人に丸亀製麺を知っているか質問。地元ではかなり有名だった。さらに観光客にも取材をするとワイキキ店はメインストリートから徒歩3分。平日昼間に約50人が行列。ほとんどが外国人という。訪れるのは90%が外国人。ここまで人気の理由について店の視察に来た粟田貴也社長が日本と同じメニューをそのまま持っていったと語る。出汁は店内で。さらにうどんづくりが店内で見られる。このスタイルが大ウケ。さらにワイキキではない激安価格に設定。日本より少し高いが、ハワイでは激安価格。PAIAという人気レストランのランチは2528円。HEAVENLY Island Lifestyleではロコモコが1839円。ランチ価格の平均は1700円。丸亀製麺はランチもディナーも値段が変わらない。さらにYelpという海外の食べログの様なグルメサイトのレビューがダントツNo.1。5点満点で4.5の高評価。1日の来客数1700人。家賃の高さは日本の3倍以上。赤字にならない理由はあるメニューが鍵を握っていた。それは天ぷらで、日本より比デはないほど天ぷらを取っていると解説。客単価はハワイの方が高いという。またうどんを食べるのに時間はかからない。そしてハワイで行われる入社式を紹介。217人の新入社員が4泊6日の日程でハワイに集結。217人の旅費は6000万円にも及ぶ。一番大事なのはどういう会社で働いているかという自覚と認識をして欲しい。世界中から愛されているブランドであることを自覚し、世界の視野を持つということが非常に大事と語る。

石原良純は日本にいたらわからないこともわかるとコメント。急ピッチの出店について岸博幸は丸亀製麺の戦略を紹介。あえて麺は各店舗で作ると解説。本来は大幅なコスト削減につながる。配達エリア外は出店しにくいためと解説。粟田貴也社長は実演が集客装置と解説。

本場と同じセルフオーダー制。うどん・サイドメニューを自由に選ぶ。ねぎ・天かす・生姜・追加出汁は全て無料。食べた人の多くが口にするのはコシとのどごしがあるのでそこが好きと語る。もう一つの秘密として店舗の「麺職人」の看板がある。「麺職人」はうどんづくりのプロ。合格率30%の審査をクリアしないとなれないエリート中のエリート。現在麺職人は従業員10000人に対し200人程。また職人制度は5段階にランク分け。星が1つは206人。星が2つは3人。星が3つと4つは0人。星が5つは1人。今回、麺職人なしと、麺職人2つ星と、麺職人5つ星を比較。東京の大崎センタービル店を訪れ、気温と湿度をみながら0.1℃単位で調整。特製のマシーンで決められた時間で練り合わす。麺棒を使って茹でると絡まらずのどごしも変わるという。麺職人が居なくても納得の美味しさという。兵庫県にある夢野店を取材。ここには2つ星の職人がいた。機械を使うが出来上がりを自らの目で判断し、匠の技で判断すると語る。

5つ星の職人は特定の店舗にはおらず、取材では丸亀製麺 大久保トレーニングセンターを訪れる。麺匠とよばれる藤本智美さんは全国の店舗を回り指導を行う。藤本智美さんは自分と同じレベルの職人を育てようと麺職人制度を導入。うどんはシンプルなだけに奥が深い。作り手の思いが味に出ると感じるとコメント。麺匠について、粟田貴也社長はなくてはならない存在とコメント。皆が技術を追いかけていくと語る。


「LIFE」に関連するレストラン・飲食店

丸亀製麺 ワイキキ店

粟田貴也社長により丸亀製麺の秘密を探る。わずか一代で築き上げた1000店舗以上の丸亀製麺。23歳で焼き鳥チェーン店「トリドール3番館」を始めた。スタジオでは梅沢富美男、坂上忍はよく丸亀製麺に行くと語る。岸博幸は丸亀製麺の売り上げランキングを紹介。1位はワイキキの店舗と語る。ワイキキの店の人気は入る気が失せると語る。

ハワイのホノルルに向かい、地元の人に丸亀製麺を知っているか質問。地元ではかなり有名だった。さらに観光客にも取材をするとワイキキ店はメインストリートから徒歩3分。平日昼間に約50人が行列。ほとんどが外国人という。訪れるのは90%が外国人。ここまで人気の理由について店の視察に来た粟田貴也社長が日本と同じメニューをそのまま持っていったと語る。出汁は店内で。さらにうどんづくりが店内で見られる。このスタイルが大ウケ。さらにワイキキではない激安価格に設定。日本より少し高いが、ハワイでは激安価格。PAIAという人気レストランのランチは2528円。HEAVENLY Island Lifestyleではロコモコが1839円。ランチ価格の平均は1700円。丸亀製麺はランチもディナーも値段が変わらない。さらにYelpという海外の食べログの様なグルメサイトのレビューがダントツNo.1。5点満点で4.5の高評価。1日の来客数1700人。家賃の高さは日本の3倍以上。赤字にならない理由はあるメニューが鍵を握っていた。それは天ぷらで、日本より比デはないほど天ぷらを取っていると解説。客単価はハワイの方が高いという。またうどんを食べるのに時間はかからない。そしてハワイで行われる入社式を紹介。217人の新入社員が4泊6日の日程でハワイに集結。217人の旅費は6000万円にも及ぶ。一番大事なのはどういう会社で働いているかという自覚と認識をして欲しい。世界中から愛されているブランドであることを自覚し、世界の視野を持つということが非常に大事と語る。


「LIFE」に関連するレストラン・飲食店

ステーキハウス・アット・ザ・ベランダ

「ペントハウス」と言う名のスイートルームに宿泊している人の部屋を見せてもらった。グランド・スイートから手頃なお値段まで選ぶことができる。ブリタニア・レストランの料金はクルーズ代金に含まれており日替わりでフルコースをえらべる。肉は柔らかいがジューシーさがあり赤ワインソースが合う。他にも24時間営業している無料のビュッフェスタイルのレストランなどがある。キッチンで働いているシェフは130人以上おり1回に約3000人分を準備する。世界の国や地域にいるかで料理を提供しているなどと話した。寄港地で身軽に観光できるのも魅力の一つ。Wings Wildlife Parkでは約150種類の希少な動物に出会うことができる。


「LIFE」に関連するレストラン・飲食店

リド・レストラン

「ペントハウス」と言う名のスイートルームに宿泊している人の部屋を見せてもらった。グランド・スイートから手頃なお値段まで選ぶことができる。ブリタニア・レストランの料金はクルーズ代金に含まれており日替わりでフルコースをえらべる。肉は柔らかいがジューシーさがあり赤ワインソースが合う。他にも24時間営業している無料のビュッフェスタイルのレストランなどがある。キッチンで働いているシェフは130人以上おり1回に約3000人分を準備する。世界の国や地域にいるかで料理を提供しているなどと話した。寄港地で身軽に観光できるのも魅力の一つ。Wings Wildlife Parkでは約150種類の希少な動物に出会うことができる。


「LIFE」に関連するレストラン・飲食店

ブリタニア・レストラン

「ペントハウス」と言う名のスイートルームに宿泊している人の部屋を見せてもらった。グランド・スイートから手頃なお値段まで選ぶことができる。ブリタニア・レストランの料金はクルーズ代金に含まれており日替わりでフルコースをえらべる。肉は柔らかいがジューシーさがあり赤ワインソースが合う。他にも24時間営業している無料のビュッフェスタイルのレストランなどがある。キッチンで働いているシェフは130人以上おり1回に約3000人分を準備する。世界の国や地域にいるかで料理を提供しているなどと話した。寄港地で身軽に観光できるのも魅力の一つ。Wings Wildlife Parkでは約150種類の希少な動物に出会うことができる。


「LIFE」に関連するレストラン・飲食店

赤羽が住みやすい理由3は若者が集まるおしゃれな店が増えた。「gateau・koko」「カフェランドスケープ」など色んな店が出来て若者が集まるように。「anzu・to・momo」には赤羽以外の場所から多くの女性が集まるほどにも。世界でおよそ600店舗ある台湾のスイーツ店「Meet・Fresh」が日本初出店したのが赤羽本店とのこと。MeetFreshの代表は赤羽が地元で台湾のスイーツの色の地味さが赤羽と合うと思い初出店を赤羽にしたとのこと。一昨年には東洋大学赤羽台キャンパスがオープン。現在800人が在籍しているが2021年には他キャンパスの学部を移籍予定し最終的には学生数約4000人とのこと。

 (イタリアン、ダイニングバー、カフェ)

「LIFE」に関連するレストラン・飲食店

赤羽には最近、若い人達が増えているという。去年、東洋大学が誘致された事で更に増えたと言われている。そんな若い人達に人気なのが見てよし食べてよしの味だ。

 (イタリアン、西洋各国料理(その他)、洋食・欧風料理(その他))