ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「LIFE」の検索結果

「LIFE」に関連する情報 32811件中 41〜50件目

サニーライフ北品川

先月3日から4日頃、老人ホーム「サニーライフ北品川」で、入居者の82歳の男性を殺害したとして、介護士として勤務していた20代の男が今日逮捕された。被害者の死因は内蔵損傷による出血性ショックで、肋骨も複数骨折するなど激しい暴行を加えられたとのこと。被害者は体が不自由になり今年3月に老人ホームに入居したばかりで、事件後集中治療室で手当を受けていたが、亡くなる直前若い男に蹴られてやられたと話したという。事件後、胸が苦しいと訴えているとして自ら通報したという容疑者。防犯カメラには容疑者が被害者の足を引っ張り無理矢理部屋に入れた後何度も部屋を出入りする様子が残っていたという。容疑者は暴行を加えたことはないと討議を否認している。


サニーライフ北品川

東京品川区の介護施設「サニーライフ北品川」で先月5日、入居者で当時82歳の男性が死亡した。男性は亡くなる前、次女とおばに「若い男に蹴られてやられた」とはっきり言ったという。今朝、28歳の元介護士の男が逮捕された。容疑は殺人。サニーライフ北品川の元職員で、男性が亡くなる前日、暴行を加えたとされる。容疑者は5年ほど前に入社。事件当日は夜勤で、未明に男性が胸の痛みを訴えたため、部屋に向かったとみられる。施設内には複数の防犯カメラがあり、ここに容疑者が男性の腕や足を持って引きずる様子が映っていたという。


サニーライフ北品川

先月品川区の老人ホームで入所者の男性を殺害したとして施設の元職員の男が逮捕された。男性の死因は出血性ショック死で、腹部の臓器も損傷していたという。事件直前、男性は娘に対し若い男に蹴られたと口にしていたという。また施設の防犯カメラには片足で部屋から出てきた男性を容疑者が足を引っ張って部屋に入れ、その後喜んでいるかのように両手を広げて出てくる姿が映っていたという。逮捕を受けて施設を運営する会社は生出を引っ張る様子などが確認できたため解雇したと述べた。容疑者は暴行を加えたことについて容疑を否認しているという。


サニーライフ北品川

先月、東京・品川区の老人ホームで入所者の82歳の男性を殺害したとして、施設の元職員の男が逮捕された。


サニーライフ北品川

品川区の老人ホームサニーライフ北品川で入居者の男性が殺害された事件を受けて、元介護士の男が逮捕されている。男は先月3〜4日頃に殺害したと見られ、出血性ショックや肋骨の複数骨折が見られた。男は宿直勤務中で男性を無理やり部屋に入れた後何度も部屋に出入りする様子が写っていて、遺族は男性が亡くなる前日に「若い男に蹴られてやられた」と言い残したと明かしている。男は容疑を否認している。


サニーライフ北品川

老人ホームの元職員は先月勤務していた老人ホーム「サニーライフ北品川」で入所者の男性を殺害した疑いがもたれている。容疑者が自ら通報し男性は病院に搬送されたが肋骨を折るなど暴行を受けた跡があり翌日に死亡した。男性は家族に「若い男にけられてやられたんだ」と言っていたそうだ。運営会社は容疑者の事を問題をこれまでに起こしていなかったなどと話した。容疑者は暴行を加えたということはありませんと容疑を否認している。


第一生命経済研究所

4月に起きた製紙工場の火災などの影響で品薄状態となっているティッシュペーパー。短期的な品薄状態で、王子製紙の工場も今月全面復旧し製品の納品も今月中旬から順次再開の見通しと発表されている。


第一生命経済研究所

今月のGWごろからティッシュの入荷が少なくなっている。専門家によると供給不足の最大の要因は工場の火災とゴールデンウィークで物流が一部滞ったこと。工場の火災というのは先月7日の愛知県春日井市にある王子製紙の工場火災で、王子ネピアのティッシュなど一部の製品が生産できなくなった。すでに品薄状態は2週間ほど続いている。


第一生命経済研究所

ティッシュペーパー以外の紙製品で紙おむつ、トイレットペーパーなど値上げをする可能性のものがある。大王製紙は来月家庭用紙製品全品を10%以上値上げすると発表。王子ホールディングスと日本製紙なども値上げを検討している。なぜ日本で紙不足が起きているのか、背景には貿易摩擦があり、中国はこれまで古紙をアメリカから輸入していたが、日本から輸入するようになった。紙製品の値上げは米中貿易摩擦の状況次第では長期化する可能性があるという。G20サミットでは米中首脳会談が実現するか、まずはこれにかかっているという。


損保ジャパン日本興亜

損害保険の支払いは過去最高の1兆5694億円まであがっている。1970年以降最大の数字となっていて、損保各社は10月から火災保険料を値上げする方針で木造戸建てに比べて保険料の安いマンションの場合、東京は20・大阪は12・福岡は46%の値上げとなり、自然災害の多い九州で保険料が高くなっている。(朝日新聞)