ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「LS北見」の検索結果

「LS北見」に関連するその他の情報 441件中 1〜10件目

ビーバー ツイッター

八村塁がチームメイトに撮影された動画が話題。そこには白えびビーバーという、富山をはじめとする北陸のご当地お菓子が映っており、それによって品薄状態となっているそう。過去には内村航平がブラックサンダーを、カーリングのLS北見が赤いサイロを食べていたことで話題となった。白えびビーバーは一袋238円で、富山県産の白えびを使った揚げあられで、表面の黒い粒は昆布。外国人観光客に食べてもらうと、「これはえび以上の味がする」、「カリカリしていて美味しい」などと好評だった。元々ビーバーという石川県のお菓子があり、白えび味にした今回の商品は、富山、石川、福井の北陸3県で限定販売されている。先月公式ツイッターも開始し、他にもカレービーバーやのどぐろビーバーなども販売されている。山下は「めちゃくちゃ美味しい。晩酌にもいい」とコメントした。


北陸製菓

八村塁がチームメイトに撮影された動画が話題。そこには白えびビーバーという、富山をはじめとする北陸のご当地お菓子が映っており、それによって品薄状態となっているそう。過去には内村航平がブラックサンダーを、カーリングのLS北見が赤いサイロを食べていたことで話題となった。白えびビーバーは一袋238円で、富山県産の白えびを使った揚げあられで、表面の黒い粒は昆布。外国人観光客に食べてもらうと、「これはえび以上の味がする」、「カリカリしていて美味しい」などと好評だった。元々ビーバーという石川県のお菓子があり、白えび味にした今回の商品は、富山、石川、福井の北陸3県で限定販売されている。先月公式ツイッターも開始し、他にもカレービーバーやのどぐろビーバーなども販売されている。山下は「めちゃくちゃ美味しい。晩酌にもいい」とコメントした。


成田空港

「2018年パシフィックアジアカーリング選手権大会」で準優勝したLS北見がきのう帰国した。会見の中で、流行語大賞に「そだね」と「もぐもぐタイム」がノミネートされたことについてどう思うかきかれると、メンバーは「素直に嬉しい」などとこたえた。ただ、大賞の授賞式はワールドカップ中にあたる。ちなみに、今回の大会で食べたのは「赤いサイロ」と「白い恋人」ということだった。一方、男子は優勝。男女ともに来年3月の世界選手権の出場枠を獲得した。


金足農

「金足農 甲子園準V報告会」「LS北見 本橋 運営専念」などのラインナップを紹介した。

甲子園で準優勝した金足農のメンバーが高校で始業式に出席、報告会を行った。金足農には寄付金1億9000万円が寄せられ、功績をたたえる記念碑が建てられる計画もあるという。(サンケイスポーツ)


公式HP

ロコ・ソラーレ北見の本橋麻里選手が休養を発表した。公式HPではチームの運営を始め選手が競技に集中できる環境づくりに携わると話していて、LS北見に育成チームを作りここの代表責任者に鳴ることも発表しているが、選手はやめないと話しているものの、今後はプロデューサーとしての活躍が軸と鳴るという話もある。(夕刊フジ)


夕刊フジ

注目のサッカー日本代表FWの大迫勇也の妻でモデルの三輪麻未も“半端ない”美人ぶりが注目されている。2014年に2人は結婚し、現在は夫ともにドイツに住んでいる。元々は3歳で子役デビュー。その後、「ピチレモン」の専属モデルとなり、モデルデビューしていた。結婚後は常に大迫に寄り添いながら支えている。ジュニア・アスリートフードマイスターの資格も取り、食事面もサポートしている。(夕刊フジ)

ロコ・ソラーレ北見の本橋麻里選手が休養を発表した。公式HPではチームの運営を始め選手が競技に集中できる環境づくりに携わると話していて、LS北見に育成チームを作りここの代表責任者に鳴ることも発表しているが、選手はやめないと話しているものの、今後はプロデューサーとしての活躍が軸と鳴るという話もある。(夕刊フジ)


スポーツ報知

けがが心配される本田選手はフィジカルが強く身体能力が高いがアフリカ勢とも戦っていて、今年はメキシコでプレーしていて、2400mの高所で心肺機能を鍛えていた。また、本田選手は国際Aマッチでは11試合中6得点の活躍を見せている。また、セネガルにはACミランで同僚だったニアング選手や、セリエAで戦ったクリバリ選手などもいて、本田選手自身も対策を立てやすい形となっている。(スポーツ報知)

熊本県警は「おもいやり運転ハンパないって!」などの交通標語をすぐに作っていたが、この標語は4代目にあたる米村法数室長補佐が考えたもので、ユニークになったのは2013年からだが、当時の担当者が事故がない時の情報板の活用方法を考えていた際に、心に残るものを標語にしたいと思いついていて、第1号は林修さんの口癖を用いた「運転中眠気 いつ休む?今でしょ!」で、羽生結弦選手の五輪連覇やLS北見を題材としたものもあった。(スポーツ報知)


Number

北海道北見市常呂町よりLS北見を中継で伝えた。宮司愛海は、今回大感謝祭というテーマで今回挑んだと語り質問を行うと、テーマを達成できたと吉田知那美選手が語った。藤澤五月はベストショットとして、第2試合目の第5エンド、吉田知那美選手の2投目を紹介。藤澤五月選手がボードを使用して解説を行った。続いてLS北見の今シーズンの大会を振り返る。鈴木夕湖選手が一番試合をしたシーズンだがチームとして試合に成長できたと語った。本橋麻里が長いシーズンを全員で戦い抜けたことが貴重な時間だったと語る。吉田夕梨花は平昌五輪の銅メダル獲得でもらった米俵について着々と食べていると語った。平昌五輪の前と後で変わったことについて質問されると、鈴木選手は母親がすごい取材を受けることになったと語った。続いてLS北見のメンバーがスタジオの松井一晃編集長に男子もあわせた総合のカーリング特集をするように依頼。松井一晃は必ず特集を組むと語った。


富士急

北海道・北見で行われたパシフィックアジア選手権 日本代表決定戦戦の富士急×LS北見の試合、吉田知那美がスーパーショットを連発し、10-3でSL北見が勝利し2勝で代表権に王手をかけた。3試合目も勝利したLS北見が日本代表に決定した。


富士急

パシフィック・アジア選手権でLS北見が富士急を破り日本代表が決定した。