ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「LS北見」の検索結果

「LS北見」に関連するレストラン・飲食店 16件中 1〜10件目

「LS北見」に関連するレストラン・飲食店

2018パシフィックアジアカーリング選手権の日本代表決定戦でLS北見が今日も圧巻のプレーを披露。北見市の飲食店はカーリングファンが大賑わい。カーリング選手のサインユニフォームが飾られている。LS北見の行きつけのお店で、店主の渡辺大棋さんは大忙しだと語る。神社では絵馬、菓子店ではクッキーなどカーリングにあやかった商品も登場。一方で、北見藤女子高等学校では、カーリング部員が過去最多となり、練習場がどうしても取れないという問題が出てきたという。試合はLS北見が富士急から2勝。もぐもぐタイムはいちごとぶどうをたべていた。

 (寿司、海鮮丼、居酒屋)

「LS北見」に関連するレストラン・飲食店

モスバーガー

モスバーガーの没メニューから1品を復活。2品目は堤由貴さんが考えた生ウニをふんだんに使用した、うににくバーガー。販売想定価格は1290円。

3品目は弘法利榮子さんが考えたトマトを1個使用した、とま実バーガー。没の理由は女性客には食べづらすぎる。

4品目は細川健さんがLS北見に目をつけて考えたバーガー。まずとま実バーガーを出演者が試食。細川健さんが考えたのはカーリングとのコラボバーガー!?


「LS北見」に関連するレストラン・飲食店

アドヴィックス常呂カーリングホールを訪れる。ここはカーリング女子日本代表チームLS北見の練習場となっている。学校の授業や地元の大会など一般利用もされている。運動着以外は全てレンタル可能となっていて、誰でもカーリング体験ができる。ツルツルした板は片方の靴底だけに装着し、滑る方の足を軸にもう片方の滑らない方で蹴って進む。やってみると歩くことだけでも難しいことがわかる。白畑容子先生がお手本を見せてくれ、40m咲きのハウス(円)の中へストーンを投げる。白畑先生は長野オリンピックの代表選手だった。1時間の練習の後、ハウスめがけてストーンを投げる。惜しくもハウスには入らなかったが、始めたときよりも上達していた。白畑先生に松寿しというお寿司屋さんの情報を教えてもらった。

 (寿司、海鮮丼、居酒屋)

「LS北見」に関連するレストラン・飲食店

LS北見のメンバーが行きつけだという寿司屋の渡辺大棋さんは、いつも入ってきたらニコニコしていて部屋ではガールズトークをしていると話した。5人を祝うべく考案した「メダル寿司」はいくらで銅メダルを表現し、ボタン海老は選手がストーンを投げる姿をイメージしたという。5人がよく注文をするのが「モツ塩鍋」だという。

 (寿司、海鮮丼、居酒屋)

「LS北見」に関連するレストラン・飲食店

向かったのは北海道北見市常呂町。人口わずか3,800人のこの街がカー娘の活躍でどう沸き立っているのか。まずは凱旋したその日に立ち会った。彼女たちが所属するLS北見の練習拠点、アドヴィックス常呂・カーリングホール。この施設にメダル獲得後、カーリング体験に予約が殺到している。会長は「方言もそうですし、食べるものも、ゲーム以外でも彼女たちは良い仕事をしてきたと思って、メダル以上のものもったと思います。」などと言った。試合以以外で話題になったのは「もぐもぐタイム」。そこで食べた「赤いサイロ」と言うチーズケーキは注文が殺到したため、生産が追いついていないそう。さらに常呂町内にあるカフェ「しゃべりたい」は吉田知那美選手が高校生の時にアルバイトをしていたそう。また、集まってご飯を食べる「松寿し」」さんでは「全国各地から問い合わせが来るようになった。」とのこと。メダルを記念し、「メダル寿」しと言うものを作った。日本列島を熱くしたカー娘立、もうブームでは終わらせない。

 (寿司、海鮮丼、居酒屋)

「LS北見」に関連するレストラン・飲食店

向かったのは北海道北見市常呂町。人口わずか3,800人のこの街がカー娘の活躍でどう沸き立っているのか。まずは凱旋したその日に立ち会った。彼女たちが所属するLS北見の練習拠点、アドヴィックス常呂・カーリングホール。この施設にメダル獲得後、カーリング体験に予約が殺到している。会長は「方言もそうですし、食べるものも、ゲーム以外でも彼女たちは良い仕事をしてきたと思って、メダル以上のものもったと思います。」などと言った。試合以以外で話題になったのは「もぐもぐタイム」。そこで食べた「赤いサイロ」と言うチーズケーキは注文が殺到したため、生産が追いついていないそう。さらに常呂町内にあるカフェ「しゃべりたい」は吉田知那美選手が高校生の時にアルバイトをしていたそう。また、集まってご飯を食べる「松寿し」」さんでは「全国各地から問い合わせが来るようになった。」とのこと。メダルを記念し、「メダル寿」しと言うものを作った。日本列島を熱くしたカー娘立、もうブームでは終わらせない。

 (喫茶店、カフェ、カレーライス)

「LS北見」に関連するレストラン・飲食店

銅メダルを獲得したカーリング女子・LS北見が地元に凱旋し、1週間の休養に入った。五輪後の初戦は今月14日。打倒LS北見を狙う強敵たちとの対戦を控えている。

 (喫茶店、カフェ、カレーライス)

「LS北見」に関連するレストラン・飲食店

2010年、北海道北見市でLS北見が結成。LS北見が平昌オリンピックで銅メダルを獲得したいま、街は祝福モード。早速取材をはじめると、「そだねー」はフランクな関係の人と普段の会話で使う言葉のようだ。了承を得て、定点ウォッチングで「そだねー」の使い方を観察すると、「そだねー」が同意や許可の意味で相槌のように使用されていることがわかった。街の人は、「今日仕事早く終わらないかな」「そだねー終わんないねー」などといった使用例を教えてくれた。藤澤五月選手は「なまっていると思っていなかった」と話していたが、これには北見市民も同意見。「そだねー」が方言だと知らなかったのは81%だった。日本代表チームメンバーの「そだねー」にはそれぞれちがいがあるようだが、北海道方言研究会の専門家によると、北見市常呂町は市外からの移住が多く、イントネーションが混ざる可能性があるという。また、イベントで緊張していた可能性も指摘された。

 (喫茶店、パスタ、カレーライス)

「LS北見」に関連するレストラン・飲食店

女満別空港で多くの人達がカーリング女子を待ち構えていた。平昌オリンピックカーリング女子日本代表LS北見の凱旋。アットホームな雰囲気に包まれた報告会。選手たちの顔には笑顔と涙が入り交じる。空港には選手たちの家族や同僚も駆け付けた。彼女たちは地元の誇り。小さな町を本拠地にした選手たちは大輪の花を咲かせた。イギリスとの3位決定戦は一進一退。手に汗握る攻防だった。そして日本カーリング史上初となる銅メダルを獲得。歴史的快挙はもちろんのこと彼女たちの一挙手一投足に日本国中が虜になった。その1つが地元北見なまりの「そだね〜」は全国区。そしてハーフタイムで食べるおやつも話題となった。そんなカーリング女子日本代表LS北見の本拠地・北海道北見市常呂町。人口は約4000人。常呂町はカーリング日本代表を14人も生み出したカーリングの聖地。北見市で大人気となっているのが、もぐもぐタイムで選手たちが食べていた「赤いサイロ」。先週、ワイド!スクランブルでも「赤いサイロ」を紹介。都内のアンテナショップは品薄状態に。北見市の本店でも30分で完売になった。カーリング女子の経済効果はこんなところにも波及していた。彼女たちの勝負めし「もつ鍋」を提供している寿司店「松寿し」では、全国の方々から問い合わせが来ているという。店主の渡辺さんはお祝いとして選手全員に地酒をプレゼントするそう。

 (寿司、海鮮丼、居酒屋)

「LS北見」に関連するレストラン・飲食店

ごはん処 たべものや

LS北見の地元北見市の街中には銅メダルを祝う文字があった。選手ら行きつけの松寿しでは、メダルに見立てた寿司を作っていた。吉田選手と馴染みの深いごはん処 たべものやでは、メンバーで来ていたり、本橋選手が過去にバイトもしていたという。


検索結果の絞り込み