ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「NTTドコモ」の検索結果

「NTTドコモ」に関連する情報 21675件中 1〜10件目

メルカリ

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


LINE

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


楽天

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


Zホールディングス

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


ソフトバンクグループ

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


日本経済新聞

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


NTTドコモ

6月末でキャッシュレス決済のポイント還元制度が終了した。現金主義が強い日本では、このキャッシュレスは定着したのかについて、秦野さんは「一定の成果があったといえる。ポイント還元制度は昨年の消費増税に合わせてスタートし、増税の影響緩和とキャッシュレス決済普及の一石二鳥を狙った。結果として対象の中小店舗200万店の6割にあたる115万店が登録し、還元対象の決済額は8兆円を上回った。経済産業省が参加店舗に聞いたアンケートでは、9割が制度終了後もキャッシュレスの提供を続けると答えている」と説明した。事業者には恩恵があるのかについては「そうとも言えない。ネット企業が手掛けるスマホ決済は主に4つあり、ペイペイや楽天ペイ、LINEペイ、メルペイで、各社とも顧客拡大に向けた先行投資を優先しており、事業単体で見ると赤字の企業がほとんどだ」という。ポイント還元制度の終了で競争環境は「消耗戦の様相が強まる。ポイント還元制度には、事業者が加盟店から受け取る決済手数料を低く抑えると、国がそれを一部補助する仕組みがあったがこれも終了した。各社が収益を上げていくには手数料の引き上げが必要だが、あまり高くすると店舗が契約を解除してしまうおそれがあり、大幅な引き上げは難しい情勢になっている」などと述べた。株価を見るとメルカリが大きく伸びている。巣ごもり需要を背景に、主力のフリマアプリ事業が好調なことに加え、スマホ決済事業の戦略も評価されている。メルカリは2月にNTTドコモとの提携を発表し、キャッシュレス決済やポイントの連携を強めている。今後、スマホ決済の競争が激しくなる中では、提携戦略が生き残りの鍵になるという。


渋谷センター街

急増の背景に人々の気のゆるみ?土曜日の人出比較(NTTドコモ調べ・緊急事態宣言前比)を紹介。6月6日(東京アラート発令中)は新宿駅+17.1%・渋谷センター街+20.4%。ステップ3は2割ほど増えていた。全面解除後の20日は新宿駅+35.2%、渋谷センター街+44.8%だった。千葉さんは「どうやって感染していくのかをよく私たちは注意しないといけない」などと話した。


新宿駅

急増の背景に人々の気のゆるみ?土曜日の人出比較(NTTドコモ調べ・緊急事態宣言前比)を紹介。6月6日(東京アラート発令中)は新宿駅+17.1%・渋谷センター街+20.4%。ステップ3は2割ほど増えていた。全面解除後の20日は新宿駅+35.2%、渋谷センター街+44.8%だった。千葉さんは「どうやって感染していくのかをよく私たちは注意しないといけない」などと話した。


NTTドコモ

急増の背景に人々の気のゆるみ?土曜日の人出比較(NTTドコモ調べ・緊急事態宣言前比)を紹介。6月6日(東京アラート発令中)は新宿駅+17.1%・渋谷センター街+20.4%。ステップ3は2割ほど増えていた。全面解除後の20日は新宿駅+35.2%、渋谷センター街+44.8%だった。千葉さんは「どうやって感染していくのかをよく私たちは注意しないといけない」などと話した。