ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「NTTドコモ」の検索結果

「NTTドコモ」に関連する情報 26904件中 1〜10件目

ソフトバンク

公正取引委員会は携帯電話市場に関する調査報告書をまとめ携帯大手によるスマートフォンを分割払いで販売する端末購入サポートプログラムについて代金を一部免除する条件として2年後の端末の再購入を課していることを問題視。また、販売代理店が端末の価格を自由に決められない取引方法についても独禁法に違反する恐れを指摘し、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社に自主的な改善を求める方針。

生田アナが気になるワード「高額プラン契約で代理店評価」を30秒で解説。公正取引委員会によると携帯大手3社から販売代理店には実績に応じ手数料が支払われており、高額プランの契約でないと評価が低下するため販売せざるを得ないという声があがっている。そのため報告書では利用者が最適なプランを選択する上で望ましくないと指摘し改善を求めている。


KDDI

公正取引委員会は携帯電話市場に関する調査報告書をまとめ携帯大手によるスマートフォンを分割払いで販売する端末購入サポートプログラムについて代金を一部免除する条件として2年後の端末の再購入を課していることを問題視。また、販売代理店が端末の価格を自由に決められない取引方法についても独禁法に違反する恐れを指摘し、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社に自主的な改善を求める方針。

生田アナが気になるワード「高額プラン契約で代理店評価」を30秒で解説。公正取引委員会によると携帯大手3社から販売代理店には実績に応じ手数料が支払われており、高額プランの契約でないと評価が低下するため販売せざるを得ないという声があがっている。そのため報告書では利用者が最適なプランを選択する上で望ましくないと指摘し改善を求めている。


NTTドコモ

公正取引委員会は携帯電話市場に関する調査報告書をまとめ携帯大手によるスマートフォンを分割払いで販売する端末購入サポートプログラムについて代金を一部免除する条件として2年後の端末の再購入を課していることを問題視。また、販売代理店が端末の価格を自由に決められない取引方法についても独禁法に違反する恐れを指摘し、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社に自主的な改善を求める方針。

生田アナが気になるワード「高額プラン契約で代理店評価」を30秒で解説。公正取引委員会によると携帯大手3社から販売代理店には実績に応じ手数料が支払われており、高額プランの契約でないと評価が低下するため販売せざるを得ないという声があがっている。そのため報告書では利用者が最適なプランを選択する上で望ましくないと指摘し改善を求めている。


NTTドコモ

きのう東京都で、男子中学生と女子大学生が10代で初となるインド型の変異ウイルスに感染しことが確認されたとのこと。このうち男子中学生は同級生が感染し、検査を受けたところインド型と判明したという。この中学校では生徒・家族の15人以上が感染しており、インド型クラスターの可能性があるとのこと。女子大学生の感染経路は不明。インド型ウイルスが確認された自治体は12都府県にのぼっており、神奈川県の黒岩知事はインド型ウイルスの拡大を踏まえ「濃厚接触者」の定義の見直しを提案したという。そんな中、きのうの都内の人出は新宿・品川駅では減ったものの、渋谷センター街などでは増加がみられた。東京都は減少傾向にあるが年代別で見ると30代以下が62.1%と若い世代が半数以上を占めている。この事態に分科会メンバーは「東京で再増加となると非常に危険なサイン。第5波の可能性を考えておかなければいけない。1人でも1日も早くワクチン接種を行うことが大事。」などとした。


三菱電機

新型コロナを巡っては21日から行われる職場接種の受付が始まっている。河野太郎行革相は8日から開始すると、すでに3桁の企業が申請を行っていると話している。接種体制・人員の確保・動線の確保状況・接種予定人数を入力していく。損害保険ジャパンは入力の様子を公開していて約25分で申請が終わっている。昨日だけで申請は414件にのぼり、NTTドコモやJR東・西日本などがここにはある。モデルナ社製のワクチンを使っていくものとなっている。高齢者などを優先していき接種券が届く前でも接種が可能だが、一般の高齢者の接種が進んでいる地域では前倒しが可能となっている。JR東日本ではホームの係員などに接種を行い、JALでは国際線パイロットなどを優先していく。しかし、接種のために期待される産業医は中小企業では確保できていない事例もある。一定の講習を受けていて企業で診療行為を行う人のことで、従業員50人以上の事業所は設置の義務があるが、50〜1000人以上の事業所は嘱託の産業医でも構わないことが理由となっている。トヨタ自動車などは実施する方針ながら8日には申請を行っておらず、これは決めるべきことが多くて調整が間に合わなかったためだという。日立製作所や三菱電機は調達などを行うとしている。また、中小企業は経済団体が取りまとめることで行っていくものとみられるが、大阪商工会議所は確保の準備には限界があるとの話が聞かれている。専門家は海外でワクチンに効果が見られていることが、積極的な協力の姿勢につながっていると言及している。中小企業の対応については企業同士が協力して貸し会議室を手配する、大規模接種会場も空きができてるのでこれを活用するべきと提案している。八代さんは大企業を巡っては余裕ができ始めているところもあるものの、日本はコロナに多くの人が感染していないのでワクチン接種の希望者が少なくなる可能性もあると危惧していた。


日立製作所

新型コロナを巡っては21日から行われる職場接種の受付が始まっている。河野太郎行革相は8日から開始すると、すでに3桁の企業が申請を行っていると話している。接種体制・人員の確保・動線の確保状況・接種予定人数を入力していく。損害保険ジャパンは入力の様子を公開していて約25分で申請が終わっている。昨日だけで申請は414件にのぼり、NTTドコモやJR東・西日本などがここにはある。モデルナ社製のワクチンを使っていくものとなっている。高齢者などを優先していき接種券が届く前でも接種が可能だが、一般の高齢者の接種が進んでいる地域では前倒しが可能となっている。JR東日本ではホームの係員などに接種を行い、JALでは国際線パイロットなどを優先していく。しかし、接種のために期待される産業医は中小企業では確保できていない事例もある。一定の講習を受けていて企業で診療行為を行う人のことで、従業員50人以上の事業所は設置の義務があるが、50〜1000人以上の事業所は嘱託の産業医でも構わないことが理由となっている。トヨタ自動車などは実施する方針ながら8日には申請を行っておらず、これは決めるべきことが多くて調整が間に合わなかったためだという。日立製作所や三菱電機は調達などを行うとしている。また、中小企業は経済団体が取りまとめることで行っていくものとみられるが、大阪商工会議所は確保の準備には限界があるとの話が聞かれている。専門家は海外でワクチンに効果が見られていることが、積極的な協力の姿勢につながっていると言及している。中小企業の対応については企業同士が協力して貸し会議室を手配する、大規模接種会場も空きができてるのでこれを活用するべきと提案している。八代さんは大企業を巡っては余裕ができ始めているところもあるものの、日本はコロナに多くの人が感染していないのでワクチン接種の希望者が少なくなる可能性もあると危惧していた。


ホンダ

新型コロナを巡っては21日から行われる職場接種の受付が始まっている。河野太郎行革相は8日から開始すると、すでに3桁の企業が申請を行っていると話している。接種体制・人員の確保・動線の確保状況・接種予定人数を入力していく。損害保険ジャパンは入力の様子を公開していて約25分で申請が終わっている。昨日だけで申請は414件にのぼり、NTTドコモやJR東・西日本などがここにはある。モデルナ社製のワクチンを使っていくものとなっている。高齢者などを優先していき接種券が届く前でも接種が可能だが、一般の高齢者の接種が進んでいる地域では前倒しが可能となっている。JR東日本ではホームの係員などに接種を行い、JALでは国際線パイロットなどを優先していく。しかし、接種のために期待される産業医は中小企業では確保できていない事例もある。一定の講習を受けていて企業で診療行為を行う人のことで、従業員50人以上の事業所は設置の義務があるが、50〜1000人以上の事業所は嘱託の産業医でも構わないことが理由となっている。トヨタ自動車などは実施する方針ながら8日には申請を行っておらず、これは決めるべきことが多くて調整が間に合わなかったためだという。日立製作所や三菱電機は調達などを行うとしている。また、中小企業は経済団体が取りまとめることで行っていくものとみられるが、大阪商工会議所は確保の準備には限界があるとの話が聞かれている。専門家は海外でワクチンに効果が見られていることが、積極的な協力の姿勢につながっていると言及している。中小企業の対応については企業同士が協力して貸し会議室を手配する、大規模接種会場も空きができてるのでこれを活用するべきと提案している。八代さんは大企業を巡っては余裕ができ始めているところもあるものの、日本はコロナに多くの人が感染していないのでワクチン接種の希望者が少なくなる可能性もあると危惧していた。


日産自動車

新型コロナを巡っては21日から行われる職場接種の受付が始まっている。河野太郎行革相は8日から開始すると、すでに3桁の企業が申請を行っていると話している。接種体制・人員の確保・動線の確保状況・接種予定人数を入力していく。損害保険ジャパンは入力の様子を公開していて約25分で申請が終わっている。昨日だけで申請は414件にのぼり、NTTドコモやJR東・西日本などがここにはある。モデルナ社製のワクチンを使っていくものとなっている。高齢者などを優先していき接種券が届く前でも接種が可能だが、一般の高齢者の接種が進んでいる地域では前倒しが可能となっている。JR東日本ではホームの係員などに接種を行い、JALでは国際線パイロットなどを優先していく。しかし、接種のために期待される産業医は中小企業では確保できていない事例もある。一定の講習を受けていて企業で診療行為を行う人のことで、従業員50人以上の事業所は設置の義務があるが、50〜1000人以上の事業所は嘱託の産業医でも構わないことが理由となっている。トヨタ自動車などは実施する方針ながら8日には申請を行っておらず、これは決めるべきことが多くて調整が間に合わなかったためだという。日立製作所や三菱電機は調達などを行うとしている。また、中小企業は経済団体が取りまとめることで行っていくものとみられるが、大阪商工会議所は確保の準備には限界があるとの話が聞かれている。専門家は海外でワクチンに効果が見られていることが、積極的な協力の姿勢につながっていると言及している。中小企業の対応については企業同士が協力して貸し会議室を手配する、大規模接種会場も空きができてるのでこれを活用するべきと提案している。八代さんは大企業を巡っては余裕ができ始めているところもあるものの、日本はコロナに多くの人が感染していないのでワクチン接種の希望者が少なくなる可能性もあると危惧していた。


トヨタ自動車

新型コロナを巡っては21日から行われる職場接種の受付が始まっている。河野太郎行革相は8日から開始すると、すでに3桁の企業が申請を行っていると話している。接種体制・人員の確保・動線の確保状況・接種予定人数を入力していく。損害保険ジャパンは入力の様子を公開していて約25分で申請が終わっている。昨日だけで申請は414件にのぼり、NTTドコモやJR東・西日本などがここにはある。モデルナ社製のワクチンを使っていくものとなっている。高齢者などを優先していき接種券が届く前でも接種が可能だが、一般の高齢者の接種が進んでいる地域では前倒しが可能となっている。JR東日本ではホームの係員などに接種を行い、JALでは国際線パイロットなどを優先していく。しかし、接種のために期待される産業医は中小企業では確保できていない事例もある。一定の講習を受けていて企業で診療行為を行う人のことで、従業員50人以上の事業所は設置の義務があるが、50〜1000人以上の事業所は嘱託の産業医でも構わないことが理由となっている。トヨタ自動車などは実施する方針ながら8日には申請を行っておらず、これは決めるべきことが多くて調整が間に合わなかったためだという。日立製作所や三菱電機は調達などを行うとしている。また、中小企業は経済団体が取りまとめることで行っていくものとみられるが、大阪商工会議所は確保の準備には限界があるとの話が聞かれている。専門家は海外でワクチンに効果が見られていることが、積極的な協力の姿勢につながっていると言及している。中小企業の対応については企業同士が協力して貸し会議室を手配する、大規模接種会場も空きができてるのでこれを活用するべきと提案している。八代さんは大企業を巡っては余裕ができ始めているところもあるものの、日本はコロナに多くの人が感染していないのでワクチン接種の希望者が少なくなる可能性もあると危惧していた。


羽田空港

新型コロナを巡っては21日から行われる職場接種の受付が始まっている。河野太郎行革相は8日から開始すると、すでに3桁の企業が申請を行っていると話している。接種体制・人員の確保・動線の確保状況・接種予定人数を入力していく。損害保険ジャパンは入力の様子を公開していて約25分で申請が終わっている。昨日だけで申請は414件にのぼり、NTTドコモやJR東・西日本などがここにはある。モデルナ社製のワクチンを使っていくものとなっている。高齢者などを優先していき接種券が届く前でも接種が可能だが、一般の高齢者の接種が進んでいる地域では前倒しが可能となっている。JR東日本ではホームの係員などに接種を行い、JALでは国際線パイロットなどを優先していく。しかし、接種のために期待される産業医は中小企業では確保できていない事例もある。一定の講習を受けていて企業で診療行為を行う人のことで、従業員50人以上の事業所は設置の義務があるが、50〜1000人以上の事業所は嘱託の産業医でも構わないことが理由となっている。トヨタ自動車などは実施する方針ながら8日には申請を行っておらず、これは決めるべきことが多くて調整が間に合わなかったためだという。日立製作所や三菱電機は調達などを行うとしている。また、中小企業は経済団体が取りまとめることで行っていくものとみられるが、大阪商工会議所は確保の準備には限界があるとの話が聞かれている。専門家は海外でワクチンに効果が見られていることが、積極的な協力の姿勢につながっていると言及している。中小企業の対応については企業同士が協力して貸し会議室を手配する、大規模接種会場も空きができてるのでこれを活用するべきと提案している。八代さんは大企業を巡っては余裕ができ始めているところもあるものの、日本はコロナに多くの人が感染していないのでワクチン接種の希望者が少なくなる可能性もあると危惧していた。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。