ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「NYタイムズ電子版」の検索結果

「NYタイムズ電子版」に関連する情報 36件中 1〜10件目

NYタイムズ電子版

NYタイムズが今年行くべき旅行先のランキングを発表、1位にカリブ海の島国「プエルトリコ」、2位にインド南部の古都ハンピ」などとなっている。選考基準は「変化」であり、プエルトリコの復興、サンタバーバラでは食の街としての変化が評価される。日本からは瀬戸内の島々が7位に入った。瀬戸内の島々では3年に1度「瀬戸内国際芸術祭」が開催され、島の自然を活かしたアートが展示される。前回は104万人が訪れた大型の芸術祭となっており、今年が開催年を迎える。春・夏・秋の3シーズンで開催され1年通して楽しめるという。


NYタイムズ電子版

世界で注目されている起業家スペースXのイーロン・マスクCEOが月旅行の最初の顧客として呼び込んだのは、ZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作。実現すれば1972年以来のアポロ17号以来の月への有人飛行となる。イーロン・マスクCEOは総資産2兆3000億円といわれる資産家、2002年にスペースXを立ち上げ、翌年電気自動車を手がけるテスラ社を設立している。前澤友作は個人資産2830億円。海外メディアも前澤友作について興味津々。旅行計画は地球を1周し月の裏側を回って1週間で戻ってくるというもの。出発は2023年を予定している。前澤友作haすべての座席を買い占め世界中から6〜8人のアーティストを招待することを明らかにしている。


朝鮮中央テレビ

トランプ大統領が米朝首脳会談の実現を”即決”した。しかし急な転換にアメリカ国内からは懸念の声があがっている。ワシントン・ポスト電子版は北朝鮮との交渉に十分な経験を持った人材が現政権にはいないことを指摘。NYタイムズ電子版はトランプ大統領が外交責任者であるティラーソン国務長官に相談せず、会談の要請を受けたことは危険で理解しがたいと批判した。アフリカ歴訪中に今回の発表を知ったというティラーソン国務長官は“対話のための対話”が必要とコメント。また現地メディアは、大統領に同席したマティス国防長官らはリスクやマイナス面から会談に懸念を表明したが、大統領は取り合わずに即断したと報じた。また韓国国内でも特使団への批判が強まっている。金委員長との会談映像について朝鮮日報は「若い独裁者の前で特使団5人が手帳に熱心にメモを取っている。朝鮮中央テレビのアナウンサーでもやった方がよいのではないか」と皮肉を込めて批判した。また会談で金委員長は「ミサイル発射の中断を決心したから、文在寅大統領が叩き起こされることはありません」と冗談交じりに発言している。


朝鮮日報

トランプ大統領が米朝首脳会談の実現を”即決”した。しかし急な転換にアメリカ国内からは懸念の声があがっている。ワシントン・ポスト電子版は北朝鮮との交渉に十分な経験を持った人材が現政権にはいないことを指摘。NYタイムズ電子版はトランプ大統領が外交責任者であるティラーソン国務長官に相談せず、会談の要請を受けたことは危険で理解しがたいと批判した。アフリカ歴訪中に今回の発表を知ったというティラーソン国務長官は“対話のための対話”が必要とコメント。また現地メディアは、大統領に同席したマティス国防長官らはリスクやマイナス面から会談に懸念を表明したが、大統領は取り合わずに即断したと報じた。また韓国国内でも特使団への批判が強まっている。金委員長との会談映像について朝鮮日報は「若い独裁者の前で特使団5人が手帳に熱心にメモを取っている。朝鮮中央テレビのアナウンサーでもやった方がよいのではないか」と皮肉を込めて批判した。また会談で金委員長は「ミサイル発射の中断を決心したから、文在寅大統領が叩き起こされることはありません」と冗談交じりに発言している。


ホワイトハウス

トランプ大統領が米朝首脳会談の実現を”即決”した。しかし急な転換にアメリカ国内からは懸念の声があがっている。ワシントン・ポスト電子版は北朝鮮との交渉に十分な経験を持った人材が現政権にはいないことを指摘。NYタイムズ電子版はトランプ大統領が外交責任者であるティラーソン国務長官に相談せず、会談の要請を受けたことは危険で理解しがたいと批判した。アフリカ歴訪中に今回の発表を知ったというティラーソン国務長官は“対話のための対話”が必要とコメント。また現地メディアは、大統領に同席したマティス国防長官らはリスクやマイナス面から会談に懸念を表明したが、大統領は取り合わずに即断したと報じた。また韓国国内でも特使団への批判が強まっている。金委員長との会談映像について朝鮮日報は「若い独裁者の前で特使団5人が手帳に熱心にメモを取っている。朝鮮中央テレビのアナウンサーでもやった方がよいのではないか」と皮肉を込めて批判した。また会談で金委員長は「ミサイル発射の中断を決心したから、文在寅大統領が叩き起こされることはありません」と冗談交じりに発言している。


NYタイムズ電子版

トランプ大統領が米朝首脳会談の実現を”即決”した。しかし急な転換にアメリカ国内からは懸念の声があがっている。ワシントン・ポスト電子版は北朝鮮との交渉に十分な経験を持った人材が現政権にはいないことを指摘。NYタイムズ電子版はトランプ大統領が外交責任者であるティラーソン国務長官に相談せず、会談の要請を受けたことは危険で理解しがたいと批判した。アフリカ歴訪中に今回の発表を知ったというティラーソン国務長官は“対話のための対話”が必要とコメント。また現地メディアは、大統領に同席したマティス国防長官らはリスクやマイナス面から会談に懸念を表明したが、大統領は取り合わずに即断したと報じた。また韓国国内でも特使団への批判が強まっている。金委員長との会談映像について朝鮮日報は「若い独裁者の前で特使団5人が手帳に熱心にメモを取っている。朝鮮中央テレビのアナウンサーでもやった方がよいのではないか」と皮肉を込めて批判した。また会談で金委員長は「ミサイル発射の中断を決心したから、文在寅大統領が叩き起こされることはありません」と冗談交じりに発言している。


ワシントン・ポスト電子版

トランプ大統領が米朝首脳会談の実現を”即決”した。しかし急な転換にアメリカ国内からは懸念の声があがっている。ワシントン・ポスト電子版は北朝鮮との交渉に十分な経験を持った人材が現政権にはいないことを指摘。NYタイムズ電子版はトランプ大統領が外交責任者であるティラーソン国務長官に相談せず、会談の要請を受けたことは危険で理解しがたいと批判した。アフリカ歴訪中に今回の発表を知ったというティラーソン国務長官は“対話のための対話”が必要とコメント。また現地メディアは、大統領に同席したマティス国防長官らはリスクやマイナス面から会談に懸念を表明したが、大統領は取り合わずに即断したと報じた。また韓国国内でも特使団への批判が強まっている。金委員長との会談映像について朝鮮日報は「若い独裁者の前で特使団5人が手帳に熱心にメモを取っている。朝鮮中央テレビのアナウンサーでもやった方がよいのではないか」と皮肉を込めて批判した。また会談で金委員長は「ミサイル発射の中断を決心したから、文在寅大統領が叩き起こされることはありません」と冗談交じりに発言している。


ワシントン・ポスト電子版

金正恩氏がトランプ大統領に贈ったメッセージの内容について、早稲田大学 中林美恵子教授は、北朝鮮国内の飢餓や人権蹂躙などの人権状況の改善を表明した可能性を指摘する。労働新聞などの北朝鮮メディアは制裁強化を批判する記事のみで、米朝首脳会談の可能性については沈黙している。一方、米メディアはトランプ氏政権の準備不足を懸念している。NYタイムズ電子版はトランプ大統領が外交責任者であるティラーソン国務長官に相談せず、会談の要請を受けたことは危険で理解しがたいと批判。ワシントン・ポスト電子版は北朝鮮との交渉に十分な経験を持った人材が現政権にはいないことを指摘した。


NYタイムズ電子版

金正恩氏がトランプ大統領に贈ったメッセージの内容について、早稲田大学 中林美恵子教授は、北朝鮮国内の飢餓や人権蹂躙などの人権状況の改善を表明した可能性を指摘する。労働新聞などの北朝鮮メディアは制裁強化を批判する記事のみで、米朝首脳会談の可能性については沈黙している。一方、米メディアはトランプ氏政権の準備不足を懸念している。NYタイムズ電子版はトランプ大統領が外交責任者であるティラーソン国務長官に相談せず、会談の要請を受けたことは危険で理解しがたいと批判。ワシントン・ポスト電子版は北朝鮮との交渉に十分な経験を持った人材が現政権にはいないことを指摘した。


早稲田大学

金正恩氏がトランプ大統領に贈ったメッセージの内容について、早稲田大学 中林美恵子教授は、北朝鮮国内の飢餓や人権蹂躙などの人権状況の改善を表明した可能性を指摘する。労働新聞などの北朝鮮メディアは制裁強化を批判する記事のみで、米朝首脳会談の可能性については沈黙している。一方、米メディアはトランプ氏政権の準備不足を懸念している。NYタイムズ電子版はトランプ大統領が外交責任者であるティラーソン国務長官に相談せず、会談の要請を受けたことは危険で理解しがたいと批判。ワシントン・ポスト電子版は北朝鮮との交渉に十分な経験を持った人材が現政権にはいないことを指摘した。

米朝首脳会談の実現について早稲田大学 中林教授は米国側の条件として、北がIAEAを中心とした第三者機関が核施設を検証できる体制を受け入れると示すことだと指摘。一方、北側の条件について、コリア・レポート 辺真一編集長は核開発に費やしてきた経済的損失を経済協力で補填してもらうことだと予想した。トランプ大統領と電話会談した安倍晋三総理大臣は非核化に向けて一定の評価をした。完全な非核化ではなく「大陸間弾道ミサイル廃棄」で合意した場合は核保有は認められ日本にとっては最悪の結果になる。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (36)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (2)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (34)