ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「SMBC日興証券」の検索結果

「SMBC日興証券」に関連する情報 1901件中 1〜10件目

SMBC日興証券


大和証券


SMBC日興証券

きょうの為替相場の見通しを伝えた。SMBC日興証券の野地さんに話しを聞く。今日のドル円の予想レンジは109・70円〜111.00円。野地さんは「FOMCにおける利上げ時期前倒し示唆を受けて、昨日はドルが全面高となった。まだ2〜3日程度はドル売りポジションの巻き戻しが出やすいと思います。ただ昨日も3月末の高値を超えられなかったことを考えると、ドル円については徐々に上値は重くなっていきそうです。」などと話した。また、きょうの注目ポイントとして『アメリカの長期金利低下でも円安』について、「昨日少しアメリカの10年債利回りが上昇しましたが、一時節目の1.5%を割ったということで、ドル安円高が進むという期待も出ていた。10円祭利回りが低下してきた中で実質金利の部分については5月以降ほぼ横ばいが続いています。為替市場により大きな影響を及ぼすのが実質金利であることを考えれば、ドル安が進まなかったことの説明にはなりそうです。」などと話した。また「原油先物価格に注目をすれば、節目の1バレル70ドルを上回ってきている。原油価格の上昇は日本の貿易収支悪化への思惑を強めながら円安期待を高めやすいと考えられます。」などと話した。


SMBC日興証券

本日のテーマは「アメリカ長期金利のピークを見極める」。足元長期金利は、今年2・3月にかけて急上昇した後は比較的落ち着いた推移となっている。SMBC日興証券・森田は「先週の雇用統計で賃金の上昇も高くインフレ懸念があり長期金利に関しても先高感の上昇の味方が強まっている。今回のコロナ危機が起こった時点からすると、1年半以上経過をしていて長期金利もボトムから上昇してきてるので、どこかのタイミングではピークアウトも意識に入れていく必要がある。」と話した。また、ピークアウトの理由に関して、「過去にもアメリカを中心に危機があった。1つは2012年(欧州債務危機)、もう1つは2008年(リーマン危機)、もう1つは1998年(LTCM破綻危機)。30年債金利を使ってるのは利上げ・下げの影響を受けにくい意味で使ってる。10年債も同じような傾向になってくる。80〜90週ほど経過をすると概ね長期金利がピークアウトに向かっていく。今回、この時間軸を当てはめると今年の10月〜11月頃が出てくる。」「一旦、先月の色んなインフレ材料が市場は消化したところではあるが、アメリカでもこれから消費を含めた経済の本格再開となる。今までの供給制約ではなく需要がけん引するような形でインフレがもう1段持ち上がってくる。」などと話した。


SMBC日興証券

FRBがテーパリングを決める時期について聞いた所、今年12月までに決めるという見方が大勢を占めた。東海東京証券の佐野さんは22年1月〜3月の開始が基本線と分析している。一方、SMBC日興証券の森田さんは緩和継続の声も根強く、やや遅れる可能性を指摘している。


東海東京証券

FRBがテーパリングを決める時期について聞いた所、今年12月までに決めるという見方が大勢を占めた。東海東京証券の佐野さんは22年1月〜3月の開始が基本線と分析している。一方、SMBC日興証券の森田さんは緩和継続の声も根強く、やや遅れる可能性を指摘している。


バンク・オブ・イングランド

SMBC日興証券の野路さんのドル円予想レンジは108.80から110.80円。今週の見通しはIMS指数から始まり雇用統計までアメリカ経済指標の発表が目白押し。FRBの売上がまだ遠いというが指標の内容次第で売上期待が高まりドルが買われることもありそうだなどと語った。注目すべきとしてバンクオブイングランドなどのメンバーから2022年の利上げを示唆する発言があったが、短期金利は上昇で日本の円が売られていることを説明した。ユーロ円も上昇だが短気金利は横ばいで利上げは意識されていと伝えた。それでもユーロが上昇している理由を金融緩和政策の出口への思惑が高まりやすいことなどが要因などとし、ECBスタッフの消費者物価見通しを2022年は1.2%でのびなやむという予想も伝えた。6月10日のECB理事会で緩和政策が長引くとなればユーロは下落する可能性が高いと見通しを伝えた。


ニュージーランド中銀

SMBC日興証券の野路さんのドル円予想レンジは108.80から110.80円。今週の見通しはIMS指数から始まり雇用統計までアメリカ経済指標の発表が目白押し。FRBの売上がまだ遠いというが指標の内容次第で売上期待が高まりドルが買われることもありそうだなどと語った。注目すべきとしてバンクオブイングランドなどのメンバーから2022年の利上げを示唆する発言があったが、短期金利は上昇で日本の円が売られていることを説明した。ユーロ円も上昇だが短気金利は横ばいで利上げは意識されていと伝えた。それでもユーロが上昇している理由を金融緩和政策の出口への思惑が高まりやすいことなどが要因などとし、ECBスタッフの消費者物価見通しを2022年は1.2%でのびなやむという予想も伝えた。6月10日のECB理事会で緩和政策が長引くとなればユーロは下落する可能性が高いと見通しを伝えた。


SMBC日興証券

SMBC日興証券の野路さんのドル円予想レンジは108.80から110.80円。今週の見通しはIMS指数から始まり雇用統計までアメリカ経済指標の発表が目白押し。FRBの売上がまだ遠いというが指標の内容次第で売上期待が高まりドルが買われることもありそうだなどと語った。注目すべきとしてバンクオブイングランドなどのメンバーから2022年の利上げを示唆する発言があったが、短期金利は上昇で日本の円が売られていることを説明した。ユーロ円も上昇だが短気金利は横ばいで利上げは意識されていと伝えた。それでもユーロが上昇している理由を金融緩和政策の出口への思惑が高まりやすいことなどが要因などとし、ECBスタッフの消費者物価見通しを2022年は1.2%でのびなやむという予想も伝えた。6月10日のECB理事会で緩和政策が長引くとなればユーロは下落する可能性が高いと見通しを伝えた。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。