ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「SMBC日興証券」の検索結果

「SMBC日興証券」に関連する情報 1970件中 1〜10件目

日経ヴェリタス

ヴェリタスの扉。今日の解説は初登場・成瀬デスク。「復活インバウンドを狙え」。コロナ禍で消失したインバウンド需要が復活に向け動き出そうとしている。今月10日、政府は添乗員つきパッケージツアーでの外国人観光客の受け入れを再開。現在では制限されている日本への個人旅行への関心も強まっている。旅行サイト世界大手の「トリップアドバイザー」によると、今夏の日本旅行に関する検索件数が、4月の第2週と5月の第2週を比較すると倍増したという。鎖国とも言える厳しい水際対策の反動だけでなく、日本の持つ観光資源への注目の高さが背景にある。世界経済フォーラムが発表した「旅行・観光競争力ランキング」で日本ははじめて首位となった。宿泊・観光施設に加え、道路・鉄道網などのインフラが整っていることが高評価に。さらに足元で進む円安も追い風になると期待されている。現在は一日の入国者数が20000人と制限され大きく出遅れているが、ボトルネックとなっている入国規制が解消されれば、外国人観光客が日本へ急速に流入すると期待感が高まっている。SMBC日興証券の試算によると、2万人程度のツアー客が訪日する場合、今後1年間のインバウンド消費額は1兆3700億円となり、2019年の3割程度を取り戻す。インバウンド関連株でとくに注目されているのが買い物関連銘柄。比較的高単価帯を扱う家電量販店や百貨店などに消費が向かいやすいとの見方。


SMBC日興証券

ヴェリタスの扉。今日の解説は初登場・成瀬デスク。「復活インバウンドを狙え」。コロナ禍で消失したインバウンド需要が復活に向け動き出そうとしている。今月10日、政府は添乗員つきパッケージツアーでの外国人観光客の受け入れを再開。現在では制限されている日本への個人旅行への関心も強まっている。旅行サイト世界大手の「トリップアドバイザー」によると、今夏の日本旅行に関する検索件数が、4月の第2週と5月の第2週を比較すると倍増したという。鎖国とも言える厳しい水際対策の反動だけでなく、日本の持つ観光資源への注目の高さが背景にある。世界経済フォーラムが発表した「旅行・観光競争力ランキング」で日本ははじめて首位となった。宿泊・観光施設に加え、道路・鉄道網などのインフラが整っていることが高評価に。さらに足元で進む円安も追い風になると期待されている。現在は一日の入国者数が20000人と制限され大きく出遅れているが、ボトルネックとなっている入国規制が解消されれば、外国人観光客が日本へ急速に流入すると期待感が高まっている。SMBC日興証券の試算によると、2万人程度のツアー客が訪日する場合、今後1年間のインバウンド消費額は1兆3700億円となり、2019年の3割程度を取り戻す。インバウンド関連株でとくに注目されているのが買い物関連銘柄。比較的高単価帯を扱う家電量販店や百貨店などに消費が向かいやすいとの見方。


旅行・観光競争力ランキング

ヴェリタスの扉。今日の解説は初登場・成瀬デスク。「復活インバウンドを狙え」。コロナ禍で消失したインバウンド需要が復活に向け動き出そうとしている。今月10日、政府は添乗員つきパッケージツアーでの外国人観光客の受け入れを再開。現在では制限されている日本への個人旅行への関心も強まっている。旅行サイト世界大手の「トリップアドバイザー」によると、今夏の日本旅行に関する検索件数が、4月の第2週と5月の第2週を比較すると倍増したという。鎖国とも言える厳しい水際対策の反動だけでなく、日本の持つ観光資源への注目の高さが背景にある。世界経済フォーラムが発表した「旅行・観光競争力ランキング」で日本ははじめて首位となった。宿泊・観光施設に加え、道路・鉄道網などのインフラが整っていることが高評価に。さらに足元で進む円安も追い風になると期待されている。現在は一日の入国者数が20000人と制限され大きく出遅れているが、ボトルネックとなっている入国規制が解消されれば、外国人観光客が日本へ急速に流入すると期待感が高まっている。SMBC日興証券の試算によると、2万人程度のツアー客が訪日する場合、今後1年間のインバウンド消費額は1兆3700億円となり、2019年の3割程度を取り戻す。インバウンド関連株でとくに注目されているのが買い物関連銘柄。比較的高単価帯を扱う家電量販店や百貨店などに消費が向かいやすいとの見方。


トリップアドバイザー

ヴェリタスの扉。今日の解説は初登場・成瀬デスク。「復活インバウンドを狙え」。コロナ禍で消失したインバウンド需要が復活に向け動き出そうとしている。今月10日、政府は添乗員つきパッケージツアーでの外国人観光客の受け入れを再開。現在では制限されている日本への個人旅行への関心も強まっている。旅行サイト世界大手の「トリップアドバイザー」によると、今夏の日本旅行に関する検索件数が、4月の第2週と5月の第2週を比較すると倍増したという。鎖国とも言える厳しい水際対策の反動だけでなく、日本の持つ観光資源への注目の高さが背景にある。世界経済フォーラムが発表した「旅行・観光競争力ランキング」で日本ははじめて首位となった。宿泊・観光施設に加え、道路・鉄道網などのインフラが整っていることが高評価に。さらに足元で進む円安も追い風になると期待されている。現在は一日の入国者数が20000人と制限され大きく出遅れているが、ボトルネックとなっている入国規制が解消されれば、外国人観光客が日本へ急速に流入すると期待感が高まっている。SMBC日興証券の試算によると、2万人程度のツアー客が訪日する場合、今後1年間のインバウンド消費額は1兆3700億円となり、2019年の3割程度を取り戻す。インバウンド関連株でとくに注目されているのが買い物関連銘柄。比較的高単価帯を扱う家電量販店や百貨店などに消費が向かいやすいとの見方。


SMBC日興証券

今日の東京株式市場・日経平均株価は600円以上値上がりした。トヨタは3兆円に迫る営業利益に、ソニーも初の1兆円超えとなった。昨日の時点で73%の企業が増益を発表し、313社が過去最高益となった。しかし日本経済への恩恵は少ない。背景に構造上の問題があるという。日本の製造業は海外で稼いだ利益を海外に投資していて、国内に恩恵なく日本経済は低迷したままとなっている。企業には人への投資などが求められる。


SMBC日興

SMBC日興証券の相場操縦事件で、保釈された専務執行役員らが、「報告は受けたが違法行為をやっていたなんて思わなかった」と供述していることがわかった。


大正製薬ホールディングス

SMBC日興の相場操縦事件はなぜ起きたのか。異例の事件だ。市場がしまる間際に、証券会社側が大量に発注する典型的な相場操縦が行われていると東京地検特捜部は疑っている。これはブロックオファーという取引だ。SMBC日興証券側が、大株主から株を買い取り、投資家に転売する。買い支えしていたので大株主に転売できていた。会社の中でガバナンスが効かなかったという。もっと安く買えた人が高く買っている。株は怖いものだという空気が広がっているという。


東京拘置所

SMBC日興の相場操縦事件はなぜ起きたのか。異例の事件だ。市場がしまる間際に、証券会社側が大量に発注する典型的な相場操縦が行われていると東京地検特捜部は疑っている。これはブロックオファーという取引だ。SMBC日興証券側が、大株主から株を買い取り、投資家に転売する。買い支えしていたので大株主に転売できていた。会社の中でガバナンスが効かなかったという。もっと安く買えた人が高く買っている。株は怖いものだという空気が広がっているという。


SMBC日興

SMBC日興の相場操縦事件はなぜ起きたのか。異例の事件だ。市場がしまる間際に、証券会社側が大量に発注する典型的な相場操縦が行われていると東京地検特捜部は疑っている。これはブロックオファーという取引だ。SMBC日興証券側が、大株主から株を買い取り、投資家に転売する。買い支えしていたので大株主に転売できていた。会社の中でガバナンスが効かなかったという。もっと安く買えた人が高く買っている。株は怖いものだという空気が広がっているという。


Facebook

SMBC日興証券幹部らは自社の資金で大株主からまとめて株式を買い取り立ち会い時間外で不特定多数の投資家に転売するブロックオファーとよばれる取り引きを行っていた。その際大引け間際に大量の買い注文で株価を不正に支えた相場操縦の疑いがもたれている。強制調査についてきかれるとSMBC日興証券幹部は「ノー!何も言うことはない」などと話したという。SMBC日興証券幹部らは株価の値下がりにつながる空売りに対抗し株価を支えた疑いがあるという。SMBC日興証券社長は「取引自体は通常の業務」などと話した。



  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。