ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「Tik Tok JAPAN」の検索結果

「Tik Tok JAPAN」に関連する情報 295件中 1〜10件目

LDH JAPAN

Dreamer Zは毎週日曜夜に放送している。Z世代から新たな未来のスターを発掘するオーディション番組でMCは木梨憲武。そしてそのオーディションはiCON Z。夢を叶えたい若者たちを応援するプロジェクト。さらに弾き語りオーディションはTik Tokとコラボした弾き語りシンガーオーディション。優勝者はテレビ東京のドラマ主題歌を担当できる。また女優オーディションでは2022年のテレ東深夜ドラマの主演オーディションとなっている。


billboard

3日間に渡ってお送りするハックツ!スペシャル3DAYSの最終日はメンバー全員が現役高校生。10代の本音を歌い上げる新人バンド「ケプラ」を紹介。まもなく卒業を迎える高校3年生の4人組バンド「ケプラ」。羽ばたきたい思いをつづいった「これからのこと」が去年11月TikTokの週間楽曲ランキング(billboard調べ)で1位に。その世界観に合わせてSNSではファンが鳥の翼を表現するなど共感する若者が相次いでいる。現役高校生だから届けられる魅力をハックツする。バンドが誕生したのは高校2年生の秋。軽音楽部の4人で結成した。通っている高校の軽音楽部はオリジナル曲を絶対に作らないといけないそうで、作曲講習もあったという。早くからオリジナル曲を作り、配信サイトに投稿したところ高く評価され、結成10ヵ月でアルバムリリースを果たした。「ケプラ」の魅力は高校生の何気ない日常をそのまま歌詞にしているところ。学校生活は歌詞のヒントが生まれる大切な時間。代表曲「これからのこと」は世界史の授業中に歌詞を思いついたという。まもなく迎える卒業。彼らなりの言葉で門出の季節を歌っているのが「春が過ぎたら」。4人で初めて作った曲「デイズ」はきょう配信。


「Tik Tok JAPAN」に関連する映画・DVD

シュレック

レミイは「JAPANと書かれたTシャツを着ていたのに英語で話しかけられた事」と言った。レミイはTikTokでやっているジム・キャリーのモノマネなどを披露した。梅沢や北山は外国人俳優に羨ましいと思う時があると話した。身長175cmのゆうちゃみが楽屋に挨拶に来たとき頭から上が見えなかったと梅沢は言った。


「Tik Tok JAPAN」に関連する映画・DVD

レミイは「JAPANと書かれたTシャツを着ていたのに英語で話しかけられた事」と言った。レミイはTikTokでやっているジム・キャリーのモノマネなどを披露した。梅沢や北山は外国人俳優に羨ましいと思う時があると話した。身長175cmのゆうちゃみが楽屋に挨拶に来たとき頭から上が見えなかったと梅沢は言った。

 (劇場公開日 2011年3月12日)
「塔の上のラプンツェル」

映画.com

(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.


「Tik Tok JAPAN」に関連する映画・DVD

マダガスカル

レミイは「JAPANと書かれたTシャツを着ていたのに英語で話しかけられた事」と言った。レミイはTikTokでやっているジム・キャリーのモノマネなどを披露した。梅沢や北山は外国人俳優に羨ましいと思う時があると話した。身長175cmのゆうちゃみが楽屋に挨拶に来たとき頭から上が見えなかったと梅沢は言った。


「Tik Tok JAPAN」に関連するイベント情報

オリンピック

レミイは「JAPANと書かれたTシャツを着ていたのに英語で話しかけられた事」と言った。レミイはTikTokでやっているジム・キャリーのモノマネなどを披露した。梅沢や北山は外国人俳優に羨ましいと思う時があると話した。身長175cmのゆうちゃみが楽屋に挨拶に来たとき頭から上が見えなかったと梅沢は言った。


「Tik Tok JAPAN」に関連するイベント情報

You Tube FanFest 2021 Japan

歌手、和田アキ子71歳。この秋に出した「YONA YONA DANCE」がYou TubeやTik Tokで大きな話題になった。これにより芸能界のご意見番と呼ばれる彼女が歌手であることを知った若者も少なくない。収録前に楽屋に挨拶に来る面々からキャリアや貫禄が伝わる。しかし元気そうに見えるが体のトラブルも多く、今年に入り右目の視力をほとんど失ってしまったという。それでも歌い続けるのはなぜだろう。


「Tik Tok JAPAN」に関連する音楽・CD

The Feels

今回捜査するのはキレキレのダンスを披露する動画が1,300万回も再生されている女の子・このちゃん。さらに2万5,000件もの応募があった「#TikTok 動画コンテスト」で大久保佳代子さんが選ぶ特別審査員賞を獲得した動画もある。早速捜査開始。彼女が自主練習しているというダンススタジオへ向かった。中を除くと準備体操をするこのちゃんがいた。話題のダンサー・このちゃんは17歳で、180度の開脚を難なくこなす。山下さんが「俺にも踊れるのある?」と言って紹介してもらったのは少女時代の楽曲「Gee」。しかし踊りはじめてすぐにボロボロになりギブアップ。このちゃんがダンスに出会ったのは小学生の頃。以来その魅力に取り憑かれて踊り続けてきた。17歳となった今ではイベントに出演したり、個人レッスンでダンスを教えたりするなどダンサーとしての経験を着実に積んでいる。しかし彼女を「デブ」などと揶揄する声もあるというが、このちゃん自身は「大きいほうが目立ちやすいし、結構いいことだと思っている。でも逆に言えばこの体形が何かを揃えるとなったときに受け入れられない部分はある。ありのままの自分をさらけ出して、ありのままの自分を受け入れてもらう。日本だとスキルよりもスタイルとかが重視されて選ばれなかったりするけど、海外だとこういう体形の人とかもOKで個性重視という感じ」と語る。既存の枠にはとらわれない・芯の強さを持つこのちゃんだが、過去にはつらい経験もしていた。


「Tik Tok JAPAN」に関連する音楽・CD

The Feels

めざまし8の公式TikTokがバズっている。先月堤アナウンサーが踊るTWICEの曲の動画をアップしたところ、再生回数700万回を超えた。フォロワー20万人を超えたとも紹介。


Tik Tok JAPAN

宮城さんはTik Tokでおすすめに載るためにはある程度の再生回数などがなくてはならないとしつつ普遍的な内容を楽曲にすると良いとし、例として平井大の「Buddy」を挙げた。


検索結果の絞り込み


  • ※「価格com テレビ紹介情報」は株式会社ワイヤーアクションが提供するTV放送ログを掲載しています。