ホーム > テレビ紹介情報 > キーワード検索
テレビ紹介情報

「notteco」の検索結果

「notteco」に関連する情報 21件中 1〜10件目

notteco

車の相乗り相手を見つけるシェアサービス「notteco」を紹介。nottecoの利用者にインタビュー。

車の相乗り相手を見つけるシェアサービス「notteco」では、同乗者がドライバーを5段階で評価する。


notteco

誰でも利用可能な相乗りサービス「notteco」を紹介。インターネットの仲介サイトに無料で登録することで利用でき、ドライバーが日時・行き先などを入力すると、相乗りしたい人から連絡がきて一緒に乗るというヒッチハイクのような仕組みだ。利益が出ると違法になってしまうため、受け取るのはガソリン代と高速道路の料金を割り勘にした実費のみ。2007年のサービス開始以来、会員数を増やし、現在約3万3000人となっている。現時点で会社に収益はなく、会員数を増やしてから手数料をとることを考えている。

しかし、これに反発しているのがタクシー業界。きょう行われた自民党のタクシー・ハイヤー議連総会では、ライドシェア(相乗り)に反対する声が相次いだ。街の人からは、知らない人の車に乗るのは怖いという声が。「notteco」では、事故などのトラブルには現時点では関わらない方針。解禁にはまだまだクリアすべき課題が多いライドシェア。タクシーとの共存はできるのだろうか。


ブラックキャブ

政府がタクシーの新しい相乗り解禁に向け議論を開始した。既に一般人が運転手として客を乗せる相乗りサービス「notteco」が始めっている。最後にガソリン代など実費を精算し相乗りは終了。また過疎地では自家用車を使った相乗りサービスが行われている。運行しているのは地元NPO法人だ。一方。イギリス・ロンドンでもアプリ「UBER」を用いた一般ドライバーと客の相乗りサービスが行われている。「UBER」への登録が認められれば運転手として働き稼くことが可能でロンドンだけで約3万人が登録している。また時間帯などによりブラックキャブの料金の半額で利用できる。


UBER

政府がタクシーの新しい相乗り解禁に向け議論を開始した。既に一般人が運転手として客を乗せる相乗りサービス「notteco」が始めっている。最後にガソリン代など実費を精算し相乗りは終了。また過疎地では自家用車を使った相乗りサービスが行われている。運行しているのは地元NPO法人だ。一方。イギリス・ロンドンでもアプリ「UBER」を用いた一般ドライバーと客の相乗りサービスが行われている。「UBER」への登録が認められれば運転手として働き稼くことが可能でロンドンだけで約3万人が登録している。また時間帯などによりブラックキャブの料金の半額で利用できる。


notteco

政府がタクシーの新しい相乗り解禁に向け議論を開始した。既に一般人が運転手として客を乗せる相乗りサービス「notteco」が始めっている。最後にガソリン代など実費を精算し相乗りは終了。また過疎地では自家用車を使った相乗りサービスが行われている。運行しているのは地元NPO法人だ。一方。イギリス・ロンドンでもアプリ「UBER」を用いた一般ドライバーと客の相乗りサービスが行われている。「UBER」への登録が認められれば運転手として働き稼くことが可能でロンドンだけで約3万人が登録している。また時間帯などによりブラックキャブの料金の半額で利用できる。

相乗りサービスについてトークを展開。「notteco」のシステムを確認。現在、政府は一般ドライバーの報酬を検討している。小山慶一郎が「ドライバーが一般の人になると安全面の不安が出てきますよね」など話した。今後の課題として安全の確保とドライバーの報酬が挙げられる。我々にとってはプラスになるが、ドライバーにとってはマイナスとなる。


notteco

タクシーの日の今日、都内では「初乗り料金大幅引き下げ」が実験的にスタートされた。現在、都内のタクシーは初乗りが2キロまで730円で280メートルごとに90円ずつ加算される。実験では1059メートルまで410円、その後は237メートルごとに80円ずつ加算される。キーワードは一般のドライバーがマイカーで人を運ぶ「ライドシェア」で海外では「ウーバー」の開発で爆発的に拡大されている。ウーバーを使ったライドシェアが5月末から京都・京丹後市から始まっていて、日本ではマイカーに客を乗せて営業するのは禁止されているが、公共交通機関のない地域などは自治体やNPOによる営業が例外的に認められている。さらにnottecoと呼ばれるマイカー長距離ドライバーと相乗り希望者のマッチングサービスもあり、現在はおよそ2万6000人が会員登録をしている。


東京大学病院前

タクシーの日の今日、都内では「初乗り料金大幅引き下げ」が実験的にスタートされた。現在、都内のタクシーは初乗りが2キロまで730円で280メートルごとに90円ずつ加算される。実験では1059メートルまで410円、その後は237メートルごとに80円ずつ加算される。キーワードは一般のドライバーがマイカーで人を運ぶ「ライドシェア」で海外では「ウーバー」の開発で爆発的に拡大されている。ウーバーを使ったライドシェアが5月末から京都・京丹後市から始まっていて、日本ではマイカーに客を乗せて営業するのは禁止されているが、公共交通機関のない地域などは自治体やNPOによる営業が例外的に認められている。さらにnottecoと呼ばれるマイカー長距離ドライバーと相乗り希望者のマッチングサービスもあり、現在はおよそ2万6000人が会員登録をしている。


新宿駅東口

タクシーの日の今日、都内では「初乗り料金大幅引き下げ」が実験的にスタートされた。現在、都内のタクシーは初乗りが2キロまで730円で280メートルごとに90円ずつ加算される。実験では1059メートルまで410円、その後は237メートルごとに80円ずつ加算される。キーワードは一般のドライバーがマイカーで人を運ぶ「ライドシェア」で海外では「ウーバー」の開発で爆発的に拡大されている。ウーバーを使ったライドシェアが5月末から京都・京丹後市から始まっていて、日本ではマイカーに客を乗せて営業するのは禁止されているが、公共交通機関のない地域などは自治体やNPOによる営業が例外的に認められている。さらにnottecoと呼ばれるマイカー長距離ドライバーと相乗り希望者のマッチングサービスもあり、現在はおよそ2万6000人が会員登録をしている。


浅草駅前

タクシーの日の今日、都内では「初乗り料金大幅引き下げ」が実験的にスタートされた。現在、都内のタクシーは初乗りが2キロまで730円で280メートルごとに90円ずつ加算される。実験では1059メートルまで410円、その後は237メートルごとに80円ずつ加算される。キーワードは一般のドライバーがマイカーで人を運ぶ「ライドシェア」で海外では「ウーバー」の開発で爆発的に拡大されている。ウーバーを使ったライドシェアが5月末から京都・京丹後市から始まっていて、日本ではマイカーに客を乗せて営業するのは禁止されているが、公共交通機関のない地域などは自治体やNPOによる営業が例外的に認められている。さらにnottecoと呼ばれるマイカー長距離ドライバーと相乗り希望者のマッチングサービスもあり、現在はおよそ2万6000人が会員登録をしている。


JR新橋駅

タクシーの日の今日、都内では「初乗り料金大幅引き下げ」が実験的にスタートされた。現在、都内のタクシーは初乗りが2キロまで730円で280メートルごとに90円ずつ加算される。実験では1059メートルまで410円、その後は237メートルごとに80円ずつ加算される。キーワードは一般のドライバーがマイカーで人を運ぶ「ライドシェア」で海外では「ウーバー」の開発で爆発的に拡大されている。ウーバーを使ったライドシェアが5月末から京都・京丹後市から始まっていて、日本ではマイカーに客を乗せて営業するのは禁止されているが、公共交通機関のない地域などは自治体やNPOによる営業が例外的に認められている。さらにnottecoと呼ばれるマイカー長距離ドライバーと相乗り希望者のマッチングサービスもあり、現在はおよそ2万6000人が会員登録をしている。


検索結果の絞り込み

  • すべての情報 (21)
  • 本・コミック・雑誌
  • 音楽・CD
  • 映画・DVD
  • レストラン・飲食店
  • グルメ情報
  • 料理レシピ
  • ホテル・温泉旅館
  • 観光・地域情報
  • イベント情報 (1)
  • 雑学・豆知識
  • その他の情報 (20)