「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」の違いとは?

  1. ホーム
  2. 家電
  3. 「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」の違いとは?

「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」の違いとは?

放送の地デジ化やエコポイント制度の変更、3Dテレビの登場など、テレビの話題が近頃多くなっています。ちょうど、テレビを買い替えようと考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、最初の選択ポイントである『液晶テレビ』と『プラズマテレビ』、どこに違いがあるのかわからないという方も多いはず。 ここでは、そのような基本的な違いを解説します。

そもそも「液晶テレビ」、「プラズマテレビ」とは

「液晶テレビ」と「プラズマテレビ」、どちらも見た目は似ていますが、基本的な構造は大きく違います。「液晶テレビ」は、デジタル時計などでおなじみの液晶を使って色を制御する方式。バックライトの光を、液晶パネルの開閉によって調整することで、色を作っています。色の調整が難しいですが消費電力は低めです。「プラズマテレビ」のほうは、画素の1つ1つが「プラズマ発光」によって光ります。そのため、光のコントロールはすぐれていますが、消費電力が高めになるという違いがあります。

液晶テレビ

プラズマテレビ

  • 消費電力が少ない
  • 比較的小型にしやすい
  • 低価格化しやすい

特徴

  • 色再現性が高い
  • 応答速度が速い
  • 黒の表現が得意
  • 応答速度が遅い
  • 黒の表現が難しい
  • 黒つぶれ・白飛びが発生しやすい
  • 消費電力が大きい
  • 熱を発しやすく、焼き付きも起こりやすい
  • 小型化しづらい
反応速度が遅いため、動きの速い映像では残像感が残るものもある。また、暗い場面では光漏れによる「白浮き」が起こりやすい。ただし、これらの弱点も最近改善されてきている。 液晶テレビと違い、動きの速い映像や、映画などの暗いシーンに強く、特に黒の表現能力は高い。問題となっていた消費電力も、最近のモデルではかなり省エネになってきている。
  • リビングのメインテレビ
    (40インチ程度まで)
  • 一人暮らし用のテレビ
    (32インチ程度以下)
  • 書斎や寝室に置くためのセカンドテレビ
  • パソコンやゲーム機などを使うディスプレイ

活用シーン

  • リビングのメインテレビ
    (40インチ以上)
  • 映画のブルーレイなどを楽しむ
  • スポーツ中継を楽しむ
液晶テレビは小型化しやすいため、20インチクラスの小型モデルも多い。部屋にあまりスペースがない一人暮らしの部屋や寝室などに置くセカンドテレビとしても向いている。 色再現性が高いので、暗いシーンの多い映画でもきちんと視聴できる。また、速い動きに強いので、スポーツ中継にもフィット。逆に、画面焼き付きの問題から、長時間のゲームプレイなどには不向き。
応答速度
欠点である残像感をなくすため「倍速技術」が多くのモデルで採用されている。「倍速(2倍速)」が標準的だが、ソニーの「4倍速」など、速い動きをよりなめらかに表示するテレビもある。
画質(パネル種別)
液晶パネルは大きくわけて「VA方式」と「IPS方式」の2種類。IPS方式のほうが高画質とされるが、VA方式の中にも非常にクリアな画質を再現できるものも多い。このあたりの違いは自分の目で判断したい。
解像度
ハイビジョン放送の最高画質をそのまま再現できるフルハイビジョン対応の液晶パネルは、およそ37V型から上のクラスになる。フルハイビジョン対応でないものもあるので、画質にこだわるなら注意しよう。

選ぶポイント

画質(コントラスト、階調性)
画質には好みがあるのでスペックの違いだけで判断するのは少々難しいが、ポイントとしては「コントラスト比」と「階調性」の高さ。これが高いほど、一般的には画質の美しさが増す。店頭などでは、特に暗部での階調表現の違いを見てみたい。
消費電力
プラズマテレビは、液晶テレビに比べて消費電力が大きい。同じ画面サイズの製品でもその電力消費量は2倍以上になるものも。 消費電力が多いとそれだけ発熱もするので、できればなるべく消費電力の少ない製品を選びたいところだ。
映り込み
前面の厚いガラスに外光などが反射するのが「映り込み」という現象で、視聴のじゃまになることもある。環境にもよるが、なるべく映り込みの少ない製品を選びたい。

主なシリーズ

キーワード

「3Dテレビ」(液晶テレビプラズマテレビ
付属する専用メガネ(アクティブシャッター方式)をかけることで、映像を3D化して見ることができるテレビ。右目と左目に入る映像を瞬間的に交互に切り換えて表示させるという手法をとっているので、高速な描画性能を持つテレビほど、画質面でのメリットが高い。
「倍速液晶」(液晶テレビ
液晶パネルの応答速度の遅さから来る残像感をなくすために、通常は1秒間に60フレームの描画書き換えを、倍の120フレームへと拡大する機能を持った液晶パネルのこと。この倍速をさらに倍の240フレームへと拡大しすることで違いを出しているソニーの「4倍速液晶」や、通常の倍速駆動に、黒いフレームを差し込んで残像感を少なくする機能(メーカーによって呼び名は異なる)も使われている。
「フルハイビジョン」(液晶テレビプラズマテレビ
ハイビジョン規格の最高画質である1920×1080ドットの解像度のこと。「1080p」(縦方向に1080本の走査線を持つ規格)という規格名で呼ばれる場合もある。一般的な「ハイビジョン」は、720p/720i(縦方向に720本の走査線)以上の画質になるので、1380×768ドットなどの解像度でもハイビジョンではあるが、この場合、フルハイビジョンの映像はダウンコンバートされて表示されるため、本来の画質を再現できず、フルハイビジョン対応機種とは違いが出る。
「ダブルチューナー」(液晶テレビプラズマテレビ
テレビに搭載されるチューナーが2つある製品。2つのチューナーを搭載していると、2番組の同時視聴(2画面視聴)などが可能になるほか、録画対応モデルの場合、裏番組の録画が可能になる。
「LEDバックライト」(液晶テレビ
従来の液晶テレビのバックライトとして使われてきた「冷陰極管(蛍光管)」を、光効率の高い「白色LED」に置き換えたもの。白の色純度が高く、発光効率がいいので、従来よりも少ない電力で明るく表示できるのがメリット。また、細かい光量調整ができるので、瞬間的な光量調整などが行え、暗い場面などでの階調性も向上する。
関連特集・記事
アナログ放送終了はすぐそこ! 地デジ準備特集

アナログ放送終了はすぐそこ! 地デジ準備特集

アナログ放送終了まであとわずか!アンテナやテレビの準備ができている方は多いと思いますが、テレビの準備だけで終わっている方も多いのではないでしょうか?意外に見落しがちな「カーナビ」「パソコン」なども合わせてご紹介! 準備はお早めに!!


画面のサイズで選ぶ液晶テレビ特集

画面のサイズで選ぶ液晶テレビ特集

画面サイズが多彩な液晶テレビ。大きすぎては圧迫感を感じるし、小さすぎると物足りなく感じてしまいます。そんなときは、以下の表で視聴距離から最適なサイズを見つけてみましょう。


画面のサイズで選ぶプラズマテレビ特集

画面のサイズで選ぶプラズマテレビ特集

プラズマテレビを選ぶ際に画面のサイズで迷う方もいるのではないでしょうか。大きすぎては圧迫感を感じるし、小さすぎると物足りなく感じてしまいます。そんなときは、以下の表で視聴距離から最適なサイズを見つけてみましょう。