モバイルWi-Fiルーター 初心者ガイド

ホーム > モバイルデータ通信 > モバイルWi-Fiルーター比較 > モバイルWi-Fiルーター 初心者ガイド
Twitterでつぶやく

モバイルWi-Fiルーター 初心者ガイド

関連ガイド
格安SIMカード 初心者向け選び方ガイド・Q&A
格安スマホ 初心者ガイド

モバイルWi-Fiルーターって何ですか?

モバイルWi-Fiルーターは、無線でインターネットが使える機器のことです

モバイルWi-Fiルーターがアンテナ(基地局)から電波を受信することで、モバイルWi-Fiルーターと繋いでいるタブレット端末やノートパソコンなどでインターネットが使えるようになります。

IDパスワードを入力すればつながる。電波でつながるからケーブル不要。

1台で複数台のWi-Fi対応機器と接続ができますので、ご自宅だけではなく外出先や旅行先でも大活躍

持ち運びが楽で工事が不要だから、引越し後でもすぐにインターネットが楽しめます。

仕事でも
クライアントからのメールチェックや情報収集など通勤中や外出先でも時間を有効活用。
旅行先でも
旅行先での情報収集もラクラク、みんなで撮った旅の思い出もSNSへすぐにアップ!
家の中でも
1つのモバイルWi-Fiルーターを複数台の端末で使えるから、家族みんなで使える!
引越しの時もそのまま使える
持ち運びが簡単で設定も無いから引越し後、すぐにインターネットを楽しめる!
1台でパソコンもスマートフォンもつながる
タブレット端末やノートパソコン、スマートフォンなど複数機器で同時にインターネットに接続できる!
工事不要だからすぐ使える
光ファイバーなどの固定回線と違い、面倒な工事も無いから、モバイルWi-Fiルーターが届いたらすぐに使える!

モバイルWi-Fiルーターを使うのって難しくないんですか?

簡単な設定だけでご利用いただけます。

一般的なスマートフォンやノートパソコン、タブレット端末でモバイルWi-Fiルーターを使う際には簡単な設定だけお使いいただけます。

ステップ1、モバイルWi-Fiルーターの電源を入れる。ステップ2、モバイルWi-Fiルーターを選択して、パスワードを入力。

モバイルWi-Fiルーターはどうやって選べばいいんですか?

モバイルWi-Fiルーターを選ぶには、「速さとエリア」、「セット割引」、「速度や制限」の3つのポイントを押えるだけで簡単に選べます。

STEP1 速さとエリアを確認
インターネットを利用する場所で電波が入るか、対応エリアをチェック

重要なのは、家や外出先などインターネットを利用する場所で電波が入るかどうかです。普段、利用する場所でインターネットが使えるか各事業者のサービス提供エリアを確認してみましょう。

docomo UQ WiMAX SoftBank ワイモバイル
Xi(クロッシィ)、FOMAdocomoは自社のサービスエリアである、Xi(クロッシィ)とFOMAのエリアが利用できる。 UQ WiMAX、au UQ WiMAXはWiMAX 2+とWiMAXのエリアが利用できる。一部端末では有料オプションでau 4G LTEとの電波も利用できる。 SoftBank、ワイモバイル SoftBankとワイモバイルはグループ会社なので、お互いのエリアが利用できる。

ドコモやSoftBank、ワイモバイルなどの携帯電話事業者のスマートフォンなどをご利用中の場合は利用する場所で電波が入るか、 ストレスなく使えるかなどを確認してみると、モバイルWi-Fiルーターの事業者を選びやすいです。

UQ WiMAXの場合、実際に使えるかどうか15日間無料で試すことのできる「Try WiMAXレンタル」というサービスがありますので、実際に端末を使いながら検討することができます。

Try WiMAXレンタル

3Gや4G、LTEって何が違うんですか?
3Gや4Gで使われている「G」という文字はGeneration(世代)の頭文字で、移動通信システムの世代を表しています。数字が大きい方が新しい世代になるので、より高速な通信ができます。
  • 3G→第3世代の移動通信システム:理論値では数Mbps〜14Mbps程度の通信速度、「FOMA」など
  • 4G→第4世代の移動通信システム:理論値では100Mbpsクラスの通信速度
LTEは4Gの一種です。以前は3Gから4Gへの橋渡し的な通信規格「3.9G」と位置付けられていましたが、LTEを4Gと称する事業者が増えてきているため、最近では4Gとして扱うことが一般的となりました。

STEP2 セット割引を確認
お使いの携帯電話と組み合わせることで、よりお得になるプランも

auやSoftBankなどは携帯電話の契約とセットで割引になるキャンペーンがあります。

au SoftBank
キャンペーン名 auスマートバリューmine 新Wi-Fiセット割
割引額 auスマートフォンなどの料金から
最大1,008円/月(税込)割引
SoftBankスマートフォンなどの料金から
最大1,008円/月(税込)割引
適用条件 auスマートフォン

WiMAX 2+対応ルーター
SoftBankスマートフォン

対象のPocket WiFi

※適用条件については各事業者のサイトをご確認ください

STEP3 速度や制限を確認
頻繁に動画やゲームなどをする人は要注意!

速度が速くても使いすぎると通信速度に制限が掛かることも。

au UQ WiMAX SoftBank ワイモバイル
下り最大速度
(理論値)
225Mbps 220Mbps 165Mbps 165Mbps
速度制限時 128Kbps 128Kbps 128Kbps 128Kbps
速度制限条件
  • 当月の利用データ量が7GBを超えた場合
  • (1)当月の利用データ量が7GBを超えた場合※1
  • (2)3日間のデータ量が3GBを超えた場合※2
  • (1)当月の利用データ量が7GBを超えた場合
  • (2)3日間のデータ量が1GBを超えた場合
  • (1)当月の利用データ量が7GBを超えた場合
  • (2)1日間のデータ量が366MBを超えた場合
通信制限の解除方法
  • 利用データ量の超過後、2,700円/2GB
  • (1)なし。ギガ放題プランの場合は、当月の利用データ量に上限なし
  • (2)なし
  • (1)利用データ量が7GB以上になった場合、1080円/1GB(スマ放題・4G/LTEデータし放題の場合)の速度制限解除の申込が必要
  • (2)なし
  • (1)利用データ量が7GB以上になった場合、540円/500MB
    (Pocket WiFiプラン+の場合)の速度制限解除の申込が必要
  • (2)なし

※2015年2月27日時点の情報です
※1 ギガ放題プランをご契約の場合、月間のデータ通信量に上限がなく、通信速度制限(月間7GB超)が適用されません。ただし、LTEオプション対応機種の場合、ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限の対象となります。
※2 ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間で「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が3GB以上となった場合、
「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を翌日にかけて制限する場合があります。

モバイルWi-Fiルーターの端末を選ぶポイント

モバイルWi-Fiルーター端末を選ぶポイントは「バッテリー駆動時間」、「サイズ/重量」、「受信感度」です。

バッテリー駆動時間

バッテリー駆動時間が短いとモバイルWi-Fiルーターを持ち歩いていても、いざ使おうと思った時に「電池が残りわずか」なんてことも起こりえます。最近の端末はどれもバッテリー駆動時間が長くなってきていますが、利用する場所で充電をする環境が無い方はなるべくバッテリー駆動時間が長いものを選ぶと良いでしょう。

サイズ/重量

モバイルWi-Fiルーターのほとんどは持ち運びができるように小型な作りになっていますが、毎日持ち運ぶことを考えると、カバンやポケットに入れていても邪魔にならないようになるべく小さいものや軽いものを選ぶと良いでしょう。

受信感度

サービス提供エリア内であってもモバイルWi-Fiルーター端末の受信感度がよくないと、電波の届きにくい場所でインターネットをしていると繋がりにくかったり、安定してインターネットをすることができないこともがあります。検討している端末があれば「レビュー」を一読しましょう。その端末を実際に使っている人の意見が書かれていますので、受信感度の点数や評価を見て選びましょう。

モバイルWi-Fiルーターを検討中の方はこちら

価格.comでモバイルWi-Fiルーターのプランを探す