価格.com

カメラ

デジタルカメラの選び方

デジタルカメラの選び方

  • FUJIFILM X100V
  • RICOH GR III
  • COOLPIX P950
  • サイバーショット DSC-RX100M7
  • OLYMPUS Tough TG-6
  • PowerShot G7 X Mark III 価格比較

コンパクトで簡単にいろいろな撮影が楽しめるのがデジタルカメラの魅力です。ですが、一口にデジタルカメラといっても、その種類は多くどれを選んでいいか迷うものです。まずはご自身がどのタイプを求めているのかを知ることから始めてみましょう。

デジタルカメラの主流は4つのタイプ

今のデジタルカメラは4タイプに区分されます。ここからはそれらを解説していきます。

タイプ1:高画質な大型撮像素子搭載モデル

サイバーショット DSC-RX100M7

チェックポイント

  • 1型以上の撮像素子サイズ

デジタルカメラの画質に大きく影響するのが撮像素子のサイズで、これが大きくなるほど、背景がぼかしやすくなったり、暗いところでもよりノイズの少ないきれいな写真が撮れたりします。高画質を追求したデジタルカメラは、1インチ以上の撮像素子を採用しており、中にはAPS-Cサイズ、フルサイズというレンズ交換式デジタル一眼カメラと同じサイズの撮像素子を搭載しているものもあります。ただし、高画質な分、価格も高くなります。なお、撮像素子サイズについては「撮像素子サイズへ」で詳しく説明しています。

大型撮像素子搭載カメラを探す

撮像素子サイズへ

タイプ2:遠くの被写体も大きく写せる高倍率ズームカメラ

LUMIX DC-TZ95

チェックポイント

  • 光学30倍以上のズーム
  • ファインダーの有無

広角から超望遠までの撮影をこなせるのが高倍率ズームモデルです。風景から運動会など撮影ポジションが限られるシーンまで、被写体を思い通りの大きさに写せるのが特長です。このタイプの中にはズーム倍率を30倍程度に抑えたボディサイズの小さなものから、100倍を超える本格大型モデルまでさまざまなバリエーションがあります。また、焦点距離やズームを詳しく知りたい人は「レンズの性能へ」で詳しく解説しています。

高倍率ズームカメラを探す

レンズの性能へ

月のクレーターも写せる焦点距離1000mm以上の望遠カメラ

月のアップ

望遠端(もっとも望遠にした際)のレンズ焦点距離が1000mm相当以上のカメラになると、遠距離から小さな野鳥をアップで撮ったり、月のクレーターを写したりもできます。写真は光学125倍ズームのニコンP1000の望遠端3000mmで撮影したもので、このレベルだと、月を画面内に収めるのが大変なくらい大きく写せます。なお、高倍率ズームモデルはどれも手ブレ補正機構を搭載していますが、それでも1000mm以上となるとブレやすくなります。三脚を使うなどしてブレないように撮影しましょう。

COOLPIX P1000

望遠端1000mm以上のカメラを探す

タイプ3:水に濡らしても大丈夫な防水カメラ

COOLPIX W300

チェックポイント

  • 「水遊び」や「ダイビング」など使うレベルに応じた防水性能
  • 本格的アウトドア用途なら耐衝撃性や防塵性能も重要

防水機能を持つカメラは、海やプール、あるいは雨の日などでも水濡れを気にすることなく使用できます。また、防水モデルの多くは、防塵、耐衝撃性能も有しているものが多く、アウトドアでの使用に最適です。ただし、防水機能や耐衝撃性能に関しては、モデルごとに異なりますので、海水浴で使うなら10m未満の防水性能、あるいはダイビングで使うので10m以上の防水性能のように選び分けるといいでしょう。

海水浴向きの防水カメラを探す

ダイビング向きの防水カメラを探す

タイプ4:軽くて手軽なスタンダードカメラ

PowerShot SX620 HS

チェックポイント

  • 重量は電池混みで250g未満
  • ズーム可能で望遠端200mm以上の焦点距離

コンパクトで手軽に撮れることを重視したのがスタンダードモデルです。スタンダードといっても広角から望遠まで10倍前後(望遠端200mm以上)のズーム倍率を持っていて、スマホではなかなか撮れないような写真を撮れます。重量も電池込みで250g未満と軽いため、日常から旅行まで、いろいろな状況を気軽に撮影できるカメラです。

スタンダードカメラを探す

目的で選ぶデジタルカメラ

「どうせカメラを買うなら何でも撮れるカメラにしたい」という気持ちになりがちですが、まずはどんな場面で一番快適に使いたいか、ということを考えるようにしたほうが後悔しなくて済みます。ここからはさまざまなシーンに向いたカメラ選びを解説します。

スポーツや運動会

運動会イメージ

遠くの被写体をしっかりアップで捉えられる性能が肝心

  • 望遠端焦点距離400mm以上
  • ファインダー搭載
  • 広角端焦点距離24mm以下

運動会などのスポーツ撮影では望遠に強いカメラのほうが思い通りの写真が撮れます。競技中のシーンだけを撮るのであれば、400mm以上の望遠を搭載するカメラがいいでしょう。動く被写体を撮る場合、ファインダーもあると便利です。それとは別に、集合写真やグランド全体を撮りたい場合などは広角も重要になります。その場合、24mm程度の広角性能があれば十分です。静止画だけでなく動画でも撮りたい人は4K動画対応機種もチェックしましょう。

運動会向きカメラを探す

4K動画対応の運動会向きカメラを探す

風景

風景イメージ

広々とした景色を画面に収める広角撮影性能が最重要だが望遠性能もあると便利

  • 広角側焦点距離24mm以下
  • 望遠単焦点距離200mm以上

雄大な景色をそのまま広く撮るなら広角24mmくらいは必要です。ちなみに広角で写すと、邪魔なものも写ってしまったりして苦労することが意外にあります。そんなときには望遠側で風景の一部だけを切り撮るといいでしょう。400mmくらいの望遠があるとずいぶんとダイナミックな切り撮り方ができますが、一般的には200mmくらいの望遠でも大丈夫です。

風景撮影向きカメラを探す

風景を丸ごと撮れる360度カメラ

RICOH THETA SC

一度の撮影で周囲360度が撮れる全天球カメラというものが存在します。横方向だけでなく上下も360度撮れますので、目の前の景色を余すところなくすべて記録できるのが特長です。360度の再生には専用のアプリが必要となりますが、SNSなどにアップして他の人に見てもらうこともできます。プリントには向きませんが、他のカメラでは記録することのできない楽しい写真が撮れます。

360度カメラを探す

子供・人物

子供の写真

背景を大きくぼかせる1型以上のセンサーと開放F値の低いレンズがポイント

  • 撮像素子1型以上
  • 望遠単開放F値3.0以下
  • 顔認識

子供を撮ったり、家族や友人をきれいに撮りたいなら明るい(開放F値の低い)レンズを搭載したカメラがいいでしょう。背景をぼかすには広角より望遠で撮影したほうがいいので、望遠端の開放F値がF3.0より小さいものにしましょう。さらに撮像素子サイズが大きいものが理想的です。明るいレンズと大きな撮像素子の組み合わせなら背景を大きくぼかすことができ、人物が浮き上がったような写真に仕上げることできます。その際、顔認識を搭載したカメラなら肌の色なども簡単にきれいに写せるでしょう。

ポートレート向けカメラを探す

花や小物、料理

花の写真

最短撮影距離の短いカメラは小さなものを接写で印象的に撮れる

  • 最短撮影距離3cm未満

花のアップやテーブルフォト、昆虫などをアップで印象的に撮るなら最短撮影距離が短いカメラが便利です。カメラは最短撮影距離よりも近い距離にはピントが合わせられません。ですが、最短撮影距離が3cm未満のものであれば、小さな花などをアップで撮ることもできるでしょう。ちなみに被写体を至近距離から撮影することをマクロ撮影といいますが、本格的なマクロ撮影をしたい場合は、最短撮影距離1cmというカメラもあります。

花や小物撮影向きカメラを探す

旅行

旅行のイメージ

まんべんなく撮れるレンズ性能以外に携帯性やバッテリー管理のしやすさも重要

  • 広角28mm以下
  • 望遠300mm以上
  • 総重量300g以下
  • USB充電
  • Wi-Fi

旅行に持って行くなら軽く小さいカメラが便利です。また、広角から望遠までまんべんなく撮ることを考えると、焦点距離も広角が28mm以下、望遠は300mmを超えるスペックがいいでしょう。旅行先でバッテリー充電することも踏まえ、USB充電できるものがいいでしょう。Wi-Fi機能搭載モデルなら、スマホに転送してすぐにSNSに写真をアップすることも可能です。

旅行向けカメラを探す

自分撮り

自分撮りイメージ

しっかり確認できる回転する液晶モニターと広範囲を写せる広角レンズなら失敗も少ない

  • 自分撮り機能
  • 広角24mm以下
  • 総重量300g以下

自撮りをするうえで一番便利なのは、背面の液晶モニターが180度回転して、液晶を見ながら自撮りできるカメラです。また、2〜3人で集まって自撮りをする場合には広角レンズでないと画面に収まりきれません。広角端が24mm以下のものをチョイスしましょう。さらに、あまり重たく大きなカメラでは片手撮りが難しくなるので、総重量は300g未満を目安に軽くてコンパクトなものだといいでしょう。

自分撮り向けカメラを探す

夜景

夜景イメージ

手ブレを防ぐ高感度性能とノイズの少ない1型以上のセンサーがポイント

  • 撮像素子1型以上
  • 標準感度上限ISO12800以上

夜景はカメラの性能差が出やすい撮影シーンです。周りが暗いために高感度を使用がちで、その結果ノイズが増えるからです。ただし、手ブレを抑えるためにも高感度の使用は必須です。そのため高感度撮影に強く、かつノイズの少ないカメラを選ぶことが大切です。その見分け方ですが、一般に撮像素子が小さいと高感度撮影時のノイズは増える傾向にあるため、検討すべきは撮像素子のサイズです。撮像素子が1型以上のモデル、かつ標準感度の上限がISO12800を超えるモデルから検討しましょう。

夜景向けカメラを探す

写真にもっとこだわりたくなったら一眼カメラ

Z 50 ダブルズームキット

一眼カメラとはレンズ交換が可能な一眼レフカメラ、ミラーレスカメラのことです。被写体や撮影意図に応じてレンズを付け替えることで思い通りの写真を撮ることができるため、設定などにこだわった写真を撮りたい人に向いています。

主なメーカーと代表的なモデル

CANON(キヤノン)

PowerShot SX720 HS

IXYとPowerShotの二大ブランドをもつ

APS-Cサイズの大型撮像素子を採用するPowerShot G1 X Mark IIIを筆頭に11機種の「PowerShot」シリーズと、スタンダードコンパクトの「IXY」3機種の合計14機種をラインアップ。撮像素子サイズ、ズーム倍率、ファインダーの有無など多彩なバリエーションから選べます。コンパクトなボディに40倍ズームを搭載するPowerShot SX720 HSなど魅力的なモデルが多数揃っています。

CANON(キヤノン)の製品を探す

PowerShot SX720 HSの詳細を見る

SONY(ソニー)

サイバーショット DSC-RX100M7

デジカメのトレンドを作る先進的なCyber-shot

ソニーのデジタルカメラブランド「Cyber-shot」はフルサイズの撮像素子を搭載するRX1シリーズと高倍率ズームモデルRX10シリーズ、1型の撮像素子を搭載の大ヒットRX100シリーズの大きく3カテゴリーの構成です。RX100シリーズでは初代RX100から最新のRX100M7まであります。新モデルが発売された後も旧モデルを併売するスタイルのため、同じシリーズでも複数のモデルが存在しているのが特徴的です。超小型ボディに1型の撮像素子を搭載するRX0シリーズという変わったモデルもあります。

SONY(ソニー)の製品を探す

サイバーショット DSC-RX100M7の詳細を見る

ニコン(Nikon)

COOLPIX P1000

個性派モデルに活路を見いだすCOOLPIX

4種類の高倍率ズームモデルと2種類の防水モデルの6モデル構成です。高倍率モデルのトップモデルとなるCOOLPIX P1000では、光学125倍のズームで最大3000mm相当の超望遠撮影が可能となっています。また、防水モデルのCOOLPIX W300では、水中ハウジングなしで水深30mまでの撮影が可能でダイビングなどにも使用できます。COOLPIX W150は水深10mまでの防水ですが、子供でも使いやすいボディデザインと平仮名表示のメニューなどが用意されています。

ニコン(Nikon)の製品を探す

COOLPIX P1000の詳細を見る

パナソニック(Panasonic)

UMIX DC-LX100M2

4K動画対応モデルが揃うLUMIX

4/3(フォーサーズ)型の大型撮像素子を搭載するLX100MIIを筆頭に計4モデルのプレミアムコンパクトをラインアップ。また、高倍率ズームモデルは20mm相当という超広角からの光学60倍ズームを搭載するFZ85をはじめ、1型の大型撮像素子搭載のモデルなど4種をラインアップします。水深31mまでの水中撮影が可能なFT7にはファインダー(EVF)も搭載されており、通常のスタンダードコンパクトとしても使いやすいモデルに仕上がっています。2020年4月時点の現行カメラすべてで4K動画が記録できるのも特徴です。

パナソニック(Panasonic)の製品を探す

UMIX DC-LX100M2の詳細を見る

オリンパス(OLYMPUS)

OLYMPUS Tough TG-6

アウトドア用タフネスデジカメの定番

アウトドアに特化したタフシリーズとしてTG-6の1モデルが用意されています。TG-6は、水深15mまでの防水に加え、防塵機能、2.1mまでの落下に耐える耐衝撃性能、耐荷重100kgfをクリアするなど、撮影環境を選ばないカメラに仕上がっています。レンズは25〜100mmの4倍ズームですが、オプションとして1.7倍のテレコンバーターや魚眼撮影ができるフィッシュアイコンバーターなどが用意されています。また、水深45mまでの防水プロテクターなども用意されます。

オリンパス(OLYMPUS)の製品を探す

OLYMPUS Tough TG-6の詳細を見る

リコー(RICOH)

RICOH GR III

最高レベルのスナップカメラ「GR」や360度カメラ「THETA」など特色が明確

APS-Cサイズの撮像素子に28mm相当の単焦点レンズを組み合わせたGR IIIはスナップ撮影などに最適なモデルといえます。ほかにも、水深14mまでの防水機能、1.6mまでの耐衝撃性能を実現するWG-70などアウトドアモデルを5種ラインアップ。さらに、360度全天球写真が楽しめるTHETAシリーズも4モデル用意するなど、他社とは一風変わった製品ラインアップが魅力です。

リコー(RICOH)の製品を探す

RICOH GR IIIの詳細を見る

富士フイルム(FUJIFILM)

FUJIFILM X100V

写真好きに向けたXシリーズが充実

コンパクトデジカメシリーズとしてはFine Pix XP140などのアウトドアモデル3機種がラインアップ。XP140は水深25mまでの防水性能、1.8mまでの耐衝撃性能などを有しており、レンズは広角28mm相当からの5倍ズームを搭載しています。Fine Pix シリーズとは別ラインの、写真好きに向けた「Xプレミアムコンパクトカメラ」シリーズにX100Vというモデルがあります。X100Vはフィルカメラのレンジファインダーをイメージさせるようなクラシカルなデザインのカメラで、35mm相当 F2.0の明るい単焦点レンズを搭載しています。

富士フイルム(FUJIFILM)の製品を探す

FUJIFILM X100Vの詳細を見る

関連記事

機能やスペックについてもっと詳しく

裏面照射型

ソニーが開発したCMOS撮像素子で、「りめんしょうしゃがた」と読みます。そもそも、撮像素子には、光を受け取る“受光部”と、受け取った光を送る“配線層”があります。従来は、“配線層”が“受光部”の上にあったため、受け取る光の量が制限されていましたが、裏面照射型では、こうした構造を裏返して位置を逆にしています。その結果、従来よりも多くの光を取り入れることができ、とくに暗い場所でもノイズが少ない画像の撮影が可能になり、現在では主流の撮像素子となっています。

裏面照射型搭載製品を探す

レンズの性能

レンズの性能は「焦点距離」と「F値」で決まります。焦点距離とは、レンズから撮像素子までの距離のことで、単位は「mm」で表されます。 50mm(35mm判フィルム換算)を標準として、数字が小さいほど広角(広い範囲が写る)、大きいほど望遠(遠くのものが大きく写る)なレンズとなります。一方のF値とは、レンズを通す光の量の値のこと。この数値を調整することでピントや写真の明るさが調節できます。

光学ズーム

光学ズームとは、焦点距離を変化させることで被写体を劣化させずに拡大するデジカメのズーム機能のこと。焦点距離を変えられるレンズは、「ズームレンズ」と呼ばれ24mm-720mmのように表記されます。なお「○倍ズーム」という表示は、レンズ焦点距離(mm)の広角端に対して望遠端の焦点距離(mm)が何倍になるかという意味です。この場合、広角端が24mm、望遠端が720mmなので、ズーム倍率が「30倍ズーム」のレンズとも表現されます。

広角(1倍/24mm)

24mm撮影画像

ズーム倍率は一番広角にしたとき(画像の場合は24mm)を基準にします。広い範囲を撮れるので風景や室内での撮影、記録写真に向いています。

10倍(240mm)

240mm撮影画像

約10倍までズーミングしてみました。広角端が24mmなのでこれは240mm相当となります。一般的にはここまで大きく撮れれば十分でしょう

望遠(約29倍/700mm)

700mm撮影画像

画面は700mm相当なので、約29倍となります。24mmの写真では、全く判別できなかった桜のつぼみも確認できます。なお、望遠撮影の際は手ブレを起こしやすいので、注意しましょう。

光学ズーム倍率で選ぶ

F値

レンズを通す光の量をコントロールする機構を「絞り」といい、その値をF値(あるいは絞り値)と呼びます。絞りを調節することでピントの合う範囲やシャッタースピードを調節できます。絞りを一番開いた(F値を一番小さくした)状態を「開放絞り」といい、その数値、開放F値が小さいほど明るいレンズとなります。ズームレンズでは広角と望遠で開放F値が違うので注意しましょう。

F2.8(開く)

F2.8撮影画像

絞りを開くと背景がより大きくぼけるのが特徴です。開放F値が小さいほうが高性能ですが、その分レンズは大きく高価になります。広角時と望遠時で開放F値が違うので両方をチェックしましょう。

F8(絞り)

F8撮影画像

絞りを絞ると背景までくっきりと写ります。その分、レンズを通る光が少なくなるため、シャッタースピードが遅くなり、手ブレしやすくなります。慣れないうちは絞らず、開放F値での撮影がおすすめです。

F値(広角)で選ぶ

最短撮影距離

コンパクトデジカメの最短撮影距離は、レンズの先端からの距離です。ネイルや料理、雑貨といった小さなものをアップで撮るときは重要なポイントになります。こういうものの撮影を想定するなら、最短撮影距離が近いものを選びましょう。

最短撮影距離で選ぶ

手ブレ補正機構

撮影時の手の揺れを検知して自動で修正し、画像がブレたりぼやけたりするのを防ぐ機構。 光学式ではレンズの位置や、撮像素子を動かすことでブレを補正し、電子式では撮影された画像データを解析してブレを補正します。

光学式手ブレ補正搭載機種を探す

電子式手ブレ補正搭載機種を探す

光学式/電子式手ブレ補正搭載機種を探す

RAW撮影

デジカメの写真は撮影したデータをカメラ内で処理して、その結果をJPEG形式で保存しますが、編集ソフトで大幅に修正できません。これに対し、「RAW」と呼ばれる形式で写真が撮影できる機能を「RAW撮影」といいます。RAW形式は手を加えない“生”の状態の画像で保存するため、編集ソフトを使って自由に補正や加工を行えられ、思い通りの仕上がりにできます。ただし、圧縮しない状態で保存するため、画像サイズが非常に大きくなります。

RAW撮影対応機種を探す

自分撮り機能

背面モニターが回転して自分の姿を見ながら撮れる機能です。モニターを自分撮りモードにすると自動的にセルフタイマーがオンになる、表示が鏡像になる、美肌がオンになるなど各社工夫をしています。

自分撮り機能搭載機種を探す

バリアングル液晶

液晶モニターを左右方向に開くことができるうえ、さらに上下方向に角度を自由に変えられるものです。高い・低い位置にカメラを構えたときに構図が確認しやすく、自分撮りにも便利です。

バリアングル液晶搭載機種を探す

チルト液晶

可動式液晶モニターの一種で、モニターが上下にチルトする機構を指します。上にだけ動くもの、上にも下にも動くもの、180度動いて自分撮りに対応するものなどがあります。構造はシンプルで便利ですが、縦位置でのローアングル撮影には未対応です。

チルト液晶搭載機種を探す

顔認識

人の顔を検出することでそこに自動的にピントを合わせる技術。ほぼ全モデルが搭載し、さらにピントのみならず肌の明るさや色合いも調整してくれるのが一般的です。横顔でも認識するか、一度に何人まで認識するかで各社の差が出ます。

顔認識搭載機種を探す

AF自動追尾機能

指定した被写体に自動的にピントを合わせ続ける機能です。ピンボケを防げますが、被写体によってはうまく追尾してくれないこともあるため、通常のAFとうまく使い分ける必要があります。

AF自動追尾機能搭載製品を探す

USB充電

スマホのようにUSBケーブルを使って充電できる機能です。スマホ用のUSB出力ACアダプタやモバイルバッテリーからも充電できて便利です。

USB充電機能搭載製品を探す

PictBridge対応

デジカメとプリンターを直接つないで印刷するための規格がPictBridgeで、パソコンを介さなくてもプリントできます。USBで接続するタイプやWi-Fiを使ってプリントするタイプなどがあります。

PictBridge対応製品を探す

タイムラプス

一定間隔で連続撮影した静止画を素材に作った動画です。長時間の事象の変化を短時間で表現できるのが特徴です。

タイムラプス機能搭載製品を探す

連写撮影

シャッターを長押しするとその間連続して撮影し続ける機能。カメラによって、連写速度や連写枚数に差があります。中には高速連写時は画像サイズが小さくなる、速いものの連続3枚しか撮れないというモデルもあるので注意が必要です。

連写撮影対応製品を探す

ローパスフィルターレス

カメラには画質安定を目的として、撮像素子の前面にローパスフィルターが配置されています。あるはずのない色が表現されてしまう「偽色」や、細かい模様を撮影したときに模様がチラつくように見える「モアレ」の発生を防ぐためのものですが、解像感が低下するというデメリットがあります。最近では、中上位機種を中心に、このフィルターを排除し、解像感を高めたモデルが登場しています。

ローパスフィルターレス対応搭載製品を探す

Wi-Fi

無線LANの国際標準規格を「Wi-Fi」といいます。Wi-Fiでの接続にはアクセスポイント経由接続と、機器同士を直接つなぐWi-Fi Directの2種類があり、前者に対応しているとパソコンへの自動転送などもできます。

Wi-Fi対応製品を探す

Wi-Fi Direct対応

Wi-Fi機器同士で直接つなぐための規格。デジカメの場合、スマホと直接Wi-Fiで接続することでスマホに写真を転送したりリモート撮影を行ったりするのに使われます。Wi-Fi対応のデジカメはほぼこれに対応しています。

Wi-Fi Direct対応製品を探す

NFC

近距離無線通信技術の規格で、実はおサイフケータイもNFCの一種です。NFC自体は写真転送には向かないので、カメラとスマホをくっつけてWi-Fiを作動させ自動接続するのに使われます。

NFC対応製品を探す

GPS機能

GPS衛星の電波を使って現在地を測位する機能を指します。GPSを搭載していると写真の撮影位置情報が緯度経度で記録されます。アウトドア用デジカメのほか、一部の高倍率ズーム機が搭載しています。

GPS機能搭載製品を探す

タッチパネル

スマホのようにタッチ操作が可能なモニター。多くはボタンやダイヤルとタッチパネルの併用式で、タッチAFやタッチシャッターをメインに使われます。搭載モデルは多くありません。

タッチパネル搭載製品を探す

よくある質問と回答集

撮像素子サイズが違えば同じ画素数でも画質は異なります。

画質をざっくり知りたいときは、画素数より撮像素子サイズを見ましょう。1/2.3型撮像素子の面積は1型撮像素子の1/4の面積しかありません。画素数が同じなら1画素あたりの面積に4倍の差があるわけです。その差は高感度時の画質や階調の滑らかさに出ます。画素数に大差がなければ撮像素子サイズが大きいほうが有利です。

安価なコンデジとの差はほとんどありません。

一般に、安価なコンデジとスマホでは、スマホのほうが撮像素子サイズは小さめですが、その分明るいレンズを搭載しており、画質の差はほとんどなく、スマホのほうが上回ることすらあるといっていいでしょう。両者の差は光学ズームの有無くらいです。ただ、ハイエンドコンデジは大きな撮像素子を搭載しているため、スマホとは大きな画質差があります。

用語集

撮影枚数

フル充電されたバッテリーが空になるまで何枚撮れるかを表しています。CIPA(カメラ映像機器工業会)が定めたテスト方法で調べた枚数が書かれていますが、実際には使い方によって変わるので目安程度に考えてください。

絞り

撮像素子に当てる光の量を調節する機構で、絞りを開くと一度にたくさん光が入り、絞るとその逆になります。F値という数値で表し、数字が小さいほうがより光を取り込めます。

シャッタースピード

撮像素子に光を当てる時間を決めるのがシャッタースピードです。スピードが速いと一瞬しか光が当たらないので速い動きの被写体でもブレずに撮れます。スピードを上げて全体の光量が足りないときは絞りやISO感度で調節します。一般に最高で1/2000〜1/4000秒程度ですが、電子シャッター機能を持つカメラではもっと高速にできます。

シーン自動認識オート

カメラによってiA、プレミアムオート、おまかせオート、こだわりオートなど名称に違いがありますが、総称として「シーン自動認識オート」と呼ばれています。カメラが撮影シーン(人物か、風景か、夜景かなど)を解析して、それに応じたセッティングを自動で行ってくれる機能です。

パノラマ撮影機能

カメラを横に動かしながら何枚も連写し、それをカメラ内で1枚の横長写真に合成して、パノラマ写真を生成する機能です。Cyber-shotが「スイングパノラマ」という名前で搭載して有名になりました。

フルHD

動画撮影時の画像サイズです。1280×720ピクセルの動画をHD、1920×1080ピクセルの動画をフルHDといいます。その上の3840×2160ピクセルの動画を4Kといいます。1280×720より小さいサイズはSDと呼ばれます。現在、フルHD動画を撮れる機種が一般的です。

ホワイトバランス

どんな照明下でも白いものが白く映るよう色を調節する機能で、自動調整機能をオートホワイトバランス(AWB)といいます。オート以外に、太陽光・曇天・蛍光灯・白熱灯といった光源を指定したり、白やグレーの紙を撮ってそれが無彩色になるよう設定する機能もあります。

マクロ機能

近接撮影のこと。「マクロ00p」とある場合、レンズ前何cmまでピントが合うかを意味します。なお、デジタル一眼の最短撮影距離はレンズ前ではなく、撮像素子からの距離で示すので注意が必要です。最近はシームレスマクロといって自動的に近距離までピントが合う機種が中心ですが、最短撮影距離で撮影するにはマクロモードに切り替える必要があるものもあります。

露出補正

どのくらいの明るさで撮影するかはカメラが最適になるよう自動で判断しますが(自動露出)、撮影者の意図と食い違うことがあります。それを手動で補正するのが露出補正機能。プラスで明るく、マイナスで暗くなります。使用頻度が高い機能のため、ハイエンド機では専用のダイヤルを持っている機種もあります。

HDR

ハイダイナミックレンジの略です。より明暗差が大きな状況できれいな写真を撮るために、同じ位置で明るい写真、標準の写真、暗い写真を連写して合成することで、ダイナミックレンジの広い写真を生成する機能です。逆光時や風景写真で効果的です。

ISO感度

撮像素子は光に対する「感度」を持っており、撮像素子の感度が高いと受ける光の量が少なくて済みます。その感度が感覚的にわかるよう、フィルム時代に使われていた数値に換算して表示します。それをISO感度と呼びます。デジカメの場合、信号を電気的に増幅することで見かけ上のISO感度を上げることができます。その分画質は落ちますが、より少ない光で撮れるようになります。デジタル一眼ではISO100〜200が基本感度となっています。

ページの先頭へ戻る

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止