グロー ハイパー プラス 本体 スペック・仕様

BAT

グロー ハイパー プラス 本体

ブーストモードの最高加熱温度を10度高めに設定した加熱式タバコ

グロー ハイパー プラス 本体

※画像は検索された結果の中の一例です

参考最安価格(税込):¥480最安ショップへ行く

  • 更新日時:2021年12月4日4時30分
  • メーカー希望小売価格:¥―

メーカー・シリーズ: グロー(glo) 種類: スターターキット(本体)

グロー ハイパー プラス 本体 のスペック・仕様



商品に関連する情報
メーカー・シリーズ グロー(glo)
種類 スターターキット(本体)
ご注意
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。
新製品ニュース 「加熱式タバコ」2021年上半期のトレンドや新デバイスは? タバコ各社の動向まとめ
2021年7月4日 06:30掲載
IQOS、lil HYBRID、Ploom X、glo Hyper+

紙巻きタバコにかわって近年、国内のタバコ各社が「加熱式タバコ」の展開に力を注いでいる。国内では現在、フィリップ モリス ジャパン(PMJ)の「IQOS(アイコス)」、JTの「Ploom(プルーム)」、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(BAT)の「glo(グロー)」が主力ブランドとして販売されており、激しい競争が繰り広げられている。

そこで今回、価格.com新製品ニュースでは、新デバイスの発表や新規キャンペーンなどが目まぐるしい「加熱式タバコ」について、これらの「IQOS」「Ploom」「glo」を中心に、2021年上半期の主要なニュースをピックアップしてみた。各社のトレンドをまとめて振り返ってみよう。

■フィリップ モリス ジャパン(IQOS、lil HYBRID)

「IQOS」で市場で先行するPMJ。2021年上半期を振り返ると、新デバイスの登場こそなかったものの(限定モデルを除く)、年初の1月25日に「IQOS」シリーズの価格を最大3,000円値下げし、ユーザーのすそ野をさらに広げようとしている。

さらに、「IQOS」に続く第2の矢として展開する「lil HYBRID(リル ハイブリッド)」(韓国KT&G製)では、2020年10月26日からの先行販売(宮城県および福岡県)に続いて、2021年2月15日から販路を全国に拡大した。このように、「IQOS」と「lil HYBRID」の両方で、販促に注力した2021年上半期となったようだ。

■JT(Ploom)

「Ploom」シリーズを展開するJT。直近の大きなトピックと言えば、やはり、新デバイスとして予告している「Ploom X(プルーム・エックス)」になるだろう。「Ploom X」は、詳しい仕様や価格などが不明ながら、現在、ティザーサイトでイメージ動画や画像が紹介されており、「2021年夏以降」に登場することが明らかになっている。今後の続報にも期待したい。

このほか2021年上半期には、「Ploom S(プルーム・エス)」用タバコスティックについて、タバコ葉のブレンドを改良し、銘柄名称およびパッケージデザインの刷新を図っている。販促については、7月1日から7月31日まで、「Ploom TECH+(プルーム・テック・プラス)」「Ploom TECH+ with(プルーム・テック・プラス・ウィズ)」を対象にした特別価格キャンペーンも実施されている。

■ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン(glo)

BATからは、「加熱式タバコ」の新デバイスとして、新たな誘導加熱技術(IH)を採用し、最高加熱温度が向上した「glo Hyper+(グロー・ハイパー・プラス)」が2021年1月12日に発売された。同社が「加熱式タバコ」デバイス(限定モデルを除く)を発売するのは、2020年4月発売の「glo hyper(グロー・ハイパー)」以来、実に約9か月ぶりとなった。

また、2021年上半期も販促に注力し、デバイスの値下げやキャンペーンなどを積極的に展開。例として、前述の「glo Hyper+」では、新デバイスながら、発売当初の980円から半額以下となる新価格480円(メーカー希望小売価格)に値下げしている。このほか、期間限定で「0円キャンペーン」が展開された例もあるので、その動向をこまめにチェックしておいて損はないだろう。

■販売終了のお知らせも

いっぽう、2021年上半期は、「加熱式タバコ」の販売終了に関する残念なお知らせも入ってきた。

インペリアル・ブランズ・ジャパンは2021年4月15日、VAPE(ベイプ)ブランド「myblu(マイブルー)」、「加熱式タバコ」ブランド「PULZE(パルズ)」、および専用タバコ「iD(アイディー)・スティック」の販売終了について発表。取扱店の在庫分をもって、取り扱いを終了する。

「myblu」は、ニコチンとタールを含まず、ミストでフレーバーを楽しめるという電子タバコとして、2018年6月から一部の地域などで販売を開始。「PULZE」は、標準(345度)およびエコ(315度)モードという、2つの加熱温度設定に対応した「加熱式タバコ」として、2019年5月6日から展開していた。

■フィリップ モリス ジャパン 関連リンク

最大3,000円値下げ、加熱式タバコ「IQOS(アイコス)」シリーズが1/25価格改定

アイコス展開のPMJ、新加熱式タバコ「lil HYBRID introduced by IQOS」を全国で発売

アイコス用「HEETS」から“強冷メンソール”「ヒーツ・アイシー・ブラック」発売

「lil HYBRID」用の“強メンソール”タバコ「MIIX アイス プラス」が本日6/21より発売

■JT 関連リンク

JT、加熱型タバコの新モデル「Ploom X(プルーム・エックス)」のイメージ画像を更新

加熱式タバコ「Ploom TECH+」「Ploom TECH+ with」期間限定の値下げが本日7/1開始

JTが「Ploom S」用タバコスティックを改良、本日6/16より順次リニューアル発売

■ブリティッシュ・アメリカン・タバコ・ジャパン 関連リンク

最高加熱温度がアップした加熱式タバコ「glo Hyper+(グロー・ハイパー・プラス)」

加熱式タバコ「glo Hyper+(グロー・ハイパー・プラス)」が新価格480円に

■そのほかの関連リンク

電子タバコ「myblu(マイブルー)」と加熱式タバコ「PULZE(パルズ)」が販売終了

この製品の参考最安価格を見る

グロー ハイパー プラス 本体
BAT

グロー ハイパー プラス 本体

参考最安価格(税込):¥480

ページの先頭へ