価格.com

家電

トースターの選び方

トースターの選び方

  • The Toaster K05A
  • Aladdin グラファイト トースター 2019年モデル
  • ビストロ NT-D700
  • やきたて KAT-A130
  • TOA-29
  • ディスティンタ・ペルラ EOI408J

朝食やおやつとして、パンをよく食べる人であれば持っておきたいのがトースター。ここでは、最も一般的なタイプのトースターである「オーブントースター」の選び方と、食パンを縦にセットして焼くタイプの「ポップアップトースター」の選び方を解説します。

2022/5/26 更新

製品選びの前に

オーブントースターとポップアップトースターの違い

パンを焼くことができる代表的な調理家電には、「オーブントースター」「ポップアップトースター」があります。

オーブントースター

The Toaster K05A

  • パン以外にもピザや餅、グラタンを焼ける
  • トーストのおいしさにこだわった高級モデルが人気

最も一般的なタイプのトースター。パンはもちろん、ピザや餅、グラタンなども焼くことができます。近年のトレンドは、価格が数万円する高級モデル。窯から出したばかりの焼きたての味を再現できるモデルや、外はカリッと中はモチモチのトーストに仕上げるモデルなどが人気です。

オーブントースターを探す

ポップアップトースター

アクティブ CTLA2003J

  • 省スペースな点が魅力
  • つくれるのは基本的にトーストのみ

省スペースなトースターがほしい場合は、ポップアップタイプが向いています。オーブントースターに比べると、比較的安価な点も魅力。ただし、パンの上にチーズやハムをのせて焼いたり、パン以外の食材を焼いたりすることはできません。

ポップアップトースターを探す

オーブントースターの選び方

オーブントースターを選ぶ際のポイントは、「同時に焼けるトースト枚数」と「手入れのしやすさ」。置き場所が狭い場合は「省スペース性」もチェックしましょう。

同時トースト数をチェック

同時に焼けるトースト枚数

  • 枚数が多いほど、本体が大きくなりがち

同時トースト枚数は、多いもので4枚。ただし、同時に焼ける枚数が多くなるほど本体が大きくなりがちな点に注意。1人暮らしなら、同時トースト数は1〜2枚程度のものを選んだほうが場所をとらず省スペースです。

同時トースト数で選ぶ

手入れのしやすさをチェック

すばやき おまかせ ST-2D251

  • パンくずが残っていると出火の原因になるため手入れは必須
  • パンくずトレイがあると手入れがしやすい
  • ドアが外せるタイプだと、油汚れの掃除も楽

庫内に落ちたパンくずは出火の原因になるため、定期的な手入れをする必要があります。手入れがしやすいのは、「パンくずトレイ」つきの製品。トレイを抜いてパンくずを捨てるだけで掃除を楽に済ませることができます。また、具をのせたパンやピザなどを焼く頻度が高いと、油汚れがつきやすいです。油汚れは、ドアを外すことができるタイプだと掃除がしやすく便利です。

パンくずトレイつき製品を探す

はずせるドアタイプの製品を探す

置き場所が狭いなら縦型トースターが向いている

MOT-012

もしキッチンの横幅が狭く置き場所をあまりとれないなら、横幅が短い縦型のトースターが向いています。上下二段にわかれて焼く縦型(2段式)トースターと、手前にパンを一枚、奥にもう一枚を並べる縦型トースターがあります。なお、製品によっては一枚しか焼けないものもあるため注意しましょう。

縦型(2段式)のトースターを探す

縦型のトースターを探す

オーブントースターの主なメーカー

トースト

「極上の一枚」を焼き上げるためのこだわりの機能を搭載した高級トースターが、多くのメーカーから登場しています。高級トースターの主流は「独自のヒーターを採用したタイプ」と、「スチーム機能を採用したタイプ」。これらの機能により、外はカリっと中はもっちり、ふんわりした仕上がりに。ここでは、高級トースターを販売している主要メーカーをメインに紹介します。

バルミューダ(BALMUDA)

The Toaster K05A

焼きたての味を再現できる高級トースターが人気

オーブントースターブームの火付け役であるバルミューダのトースターは、高性能かつ高級価格。プレミアムな価格の理由は、独自の「スチームテクノロジー」とコンピューターによる完璧な温度制御。窯から出したばかりの焼きたての味を再現します。高価格帯ながらも大人気のトースターです。

バルミューダ(BALMUDA) の製品を探す

パナソニック(Panasonic)

ビストロ NT-D700

焼くのが難しい冷凍の厚切りパンもおいしく仕上げる

独自の近赤外線ヒーターを搭載した高級トースターを展開しています。焼くのが難しい冷凍の厚切りパンも、外はサクっと中はあつあつに焼き上げることが可能。このほか、燻製機能がついた珍しいモデルも展開しています。

パナソニック(Panasonic) の製品を探す

日本エー・アイ・シー(AIC JAPAN)

Aladdin グラファイト トースター 2019年モデル

短時間でモチモチのトーストに仕上げる

外はカリッと、中はモチモチのトーストが楽しめる「アラジン」シリーズを展開する日本エー・アイ・シー。「アラジン」シリーズの特徴は、わずか0.2秒で発熱する特許技術「遠赤グラファイト」。これにより、外はカリッと中はモチモチのおいしいトーストに短時間で仕上げることができます。デザイン性も高く、インテリア家電としても楽しめます。

日本エー・アイ・シー(AIC JAPAN) の製品を探す

三菱電機(MITSUBISHI)

三菱ブレッドオーブン TO-ST1

耳までふんわり仕上げる「1枚焼き専用」が人気

1枚焼き専用のトースターが人気。焼くと逃げてしまう水分を庫内にとどめ、耳までふんわりとした食感に仕上げます。1〜5段階で焼き上がりを調整でき、焦げ目の少ないトーストから、しっかり焼き目を付けた香ばしいトーストまでつくることが可能。

三菱電機(MITSUBISHI)の製品を探す

象印(ZOJIRUSHI)

こんがり倶楽部 EQ-AA22

リーズナブルな価格が魅力のトースターを展開

リーズナブルな価格の「こんがり倶楽部」シリーズを展開。機能はシンプルですが、ロングタイマー、広々した庫内、こんがり焼き目を付けたいときに使える「上火グリル」など、トースターとしての機能や使い勝手の良さをしっかり装備しています。

象印(ZOJIRUSHI) の製品を探す

タイガー魔法瓶(TIGER)

やきたて KAK-G100

コストパフォーマンスの高さに定評

操作の手軽さや、コストパフォーマンスの高さに定評のある「やきたて」シリーズを展開。まほうびんの断熱技術をヒントに「断熱Wガラス」構造を採用したモデルは、熱を閉じ込めて中までしっかり加熱することが可能。冷凍パンもおいしいトーストにできるほか、コロッケなどの総菜もホクホクに仕上げることができます。

タイガー魔法瓶(TIGER)の製品を探す

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

EOT-032

幅広い価格帯で製品を展開

安価な価格が魅力のモデルから高級モデルまで幅広い価格帯で製品をラインアップ。パンに水分を閉じ込めて焼き上げる「凝縮過熱水蒸気方式」を採用し、モチモチした食感の「生トースト」を楽しめるモデルもあります。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) の製品を探す

ポップアップトースターの選び方

普段食べているパンが入るかチェック

同時トースト数

  • 何枚切りのパンに対応しているかは製品ごとに異なる
  • 山型パンを焼けないモデルもあるので注意

ポップアップトースターを選ぶ際は、普段食べている厚さのパンが入るか、スロットの幅をチェックしましょう。何枚切りのパンに対応しているかは製品ごとに異なり、6枚〜10枚切りの薄めのパンのみ入る製品もあれば、4枚切りの分厚いパンが入る製品もあります。

ポップアップトースターを探す

ポップアップトースターの主なメーカー

ティファール(T-fal)

ポップアップトースター ウルトラミニ

デザイン性の高いモデルを展開

洗練されたスタイリッシュなデザインの製品をラインアップしています。4枚切りの分厚いパンを焼けるワイドなスロットを搭載したモデルや、7段階の焼き色調節ダイヤルを装備し自分好みのこだわりトーストにできるモデルもあります。

ティファール(T-fal)の製品を探す

ツインバード(TWINBIRD)

TS-D424B

省スペースなスリムサイズを展開

スリムサイズでキッチンが狭くても置きやすいモデルや、高さ240mmまでの山型パンを焼けるモデルを展開しています。価格が手ごろである点も高ポイント。

ツインバード(TWINBIRD)の製品を探す

デロンギ(DeLonghi)

ケーミックス TCX752J

豊富なカラーラインアップ

カラーラインアップが豊富。白や黒はもちろん、赤、ピンク、オレンジ、黄色、青、緑などのトースターを展開。半分に切ったベーグルやマフィンの片面だけを焼くことができる、片面焼き機能を搭載したモデルもあります。

デロンギ(DeLonghi)の製品を探す

パン以外も焼きたい場合

パン以外の食材を焼いたり料理をしたい場合は、「食材の大きさ」と、「必要な温度設定」をチェックしましょう。食材の大きさや焼く際の温度によって、オーブントースターで事足りるかどうかが異なります。

食材の大きさ、必要な温度設定をチェック

「小さい食材を焼く」「細かい温度設定が不要」ならオーブントースターで対応可

オーブントースターで調理できるもの

  • 餅や焼き芋、グラタンなどをつくれる

小さな食材を焼く場合や、調理の際に細かい温度設定が不要なら、オーブントースターで十分対応できます。餅、焼き芋、焼きおにぎり、グラタン、ドリア、ナゲット、ラザニア、焼きりんご、焼き芋、ホイル焼き、焼きナスなど、さまざまな料理をつくることが可能。しかし、オーブントースターは庫内が狭いため、チキンを丸ごと焼くなど大きな食材を調理するのには向いていません。また、マフィンやスコーンといった簡単なお菓子ならつくることができますが、細かい温度設定ができないモデルが多いため本格的なお菓子づくりをするのは難しいです。

オーブントースターを探す

「大きい食材を焼く」、「細かい温度設定が必要」ならコンベクションオーブンが選択肢に

コンベクションオーブンで調理できるもの

  • ローストチキンや、お菓子などもつくれる
  • トーストは、外はサクっと中はふんわりした仕上がりに
  • ノンフライ調理も可能

大きい食材を焼く場合や、調理の際に細かい温度設定が必要な場合は、コンベクションオーブンが選択肢に入るでしょう。コンベクションオーブンとは、オーブン機能とコンベクション機能を備えた家電のこと(ごく一部ですがコンベクション機能のみのモデルもあります)。コンベクション機能とは、ファンで熱風を循環させて食材を加熱する機能を指します。熱風が循環することにより庫内の温度が均一に保たれるため、大きな食材でもムラなくじっくりと火を通すことが可能。ローストチキンなど、大きな食材を調理するときにありがちな「表面は焦げているのに中は生焼け」といった失敗もしにくいです。庫内も広いため、1ホールのピザやスパニッシュオムレツなども入ります。また、細かい温度調整が可能なモデルが多く、シフォンケーキやクッキーなどお菓子をつくれる点も魅力。食材の表面をカリっと仕上げることもできるので、コンベクション機能でパンを焼くと外はサクっと中はふんわりとしたトーストに仕上がります。このほか、ノンフライ調理をすることもできます。

コンベクションオーブンを探す

コンベクションオーブンの主なメーカー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

FVC-D15B

フードドライや低温調理に対応した製品を展開

フードドライ機能でビーフジャーキーをつくったり、低温調理でサラダチキンをつくったりすることができる製品を展開しています。広い庫内を生かし、大きなケーキやローストビーフにも挑戦可能。水に浸した後パンと一緒に焼くことでスチームを発生させ、中がふんわりとしたトーストをつくれるスチーム用素焼きを付属したモデルもあります。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)の製品を探す

シロカ(siroca)

すばやき おまかせ ST-2D251

1分でトーストに仕上げるモデルが人気

高火力でパン1枚を1分で焼き上げ、おいしさを逃さない「1分焼き」ができる製品が人気です。また、省スペースな製品も多く展開しています。

シロカ(siroca)の製品を探す

デロンギ(DeLonghi)

EOB2071J-5W

ベーカリー機能を搭載したモデルを展開

本格的なヨーロッパ系のパンをつくれるベーカリー機能を搭載したモデルを展開。パン・ド・カンパーニュ、全粒粉パン、イタリアパン、ブールパンなどを自宅で楽しむことができます。このほか、下部のヒーターのみで加熱するスローベーク機能を搭載したモデルも。ゆっくりと食材に火が通るため、茶わん蒸しなどの蒸し料理や角煮などの煮込み料理をつくることが可能。

デロンギ(DeLonghi)の製品を探す

トーストをつくる頻度が低いなら、トースト機能搭載のオーブンレンジも選択肢に

「パンも焼きたい」「大きな食材も焼きたい」「細かい温度調整が必要な調理もする」なら、コンベクションオーブン以外にトースト機能を搭載したオーブンレンジでも対応可能です。トースト機能を使えばパンを焼くことができますし、広い庫内でチキンなどの大きな食材をオーブン機能で焼いたり、細かい温度調整が必要なお菓子をつくったりすることができます。
ただし、パンの両面を同時に焼けず、片面を焼いた後に裏返してもう片面を焼くタイプのモデルが多いです。そのため、オーブントースターやコンベクションオーブンに比べると、パンを焼き上げるのにかかる時間が長いです。このほか、パンを焼いた後は庫内の温度が下がるまでレンジ機能を使えないといったデメリットも。また、コンベクション機能は搭載されていないため(ごく一部のモデルを除く)、食材の表面をカリっと仕上げることも、ノンフライ調理もできません。
トースト機能がついているオーブンレンジは、「あくまでレンジ機能とオーブン機能をメインで使う」「トーストはときどきつくる程度なので、そのためにわざわざトースターを買うのはもったいない」「コンベクション機能を使った調理もしない」という人に向いています。
なお、トースト機能が搭載されていないオーブンレンジのオーブン機能を使ってパンを焼くと、真っ黒に焦げてしまったり、水分が抜けてパサパサになったりするなど、失敗してしまうこともあるため注意しましょう。

トースト機能つきオーブンレンジを探す

関連記事

機能やスペックについてもっと詳しく

調理機能

燻製対応

燻製対応

製品数は多くありませんが、燻製をつくれるものもあります。「減煙・減臭機構」搭載で、調理中の煙と燻製調理時の臭いを軽減できるモデルや、フタつきの特製ホーロー燻製容器が付属しアルミホイルが不要のモデルがラインアップされています。

燻製対応の製品を探す

オートメニュー対応

オートメニュー

機種にあらかじめ登録されたメニューを、ボタン1つで調理してくれる機能です。クロワッサン、総菜パン、焼き芋など、オートで調理できるメニューは製品によって異なります。

オートメニュー対応の製品を探す

温度調節機能

温度を調節できる機能。オーブントースターよりも、コンベクションオーブンのほうが細かい温度設定が可能な製品が多いです。また、コンベクションオーブンの場合、30度〜80度程度の低温を設定できる製品もあります。30〜40度の設定が可能ならパン生地の発酵ができますし、70〜80度の設定が可能ならローストビーフやサラダチキンをつくることができます。

「温度調節機能」搭載の製品を探す

その他の仕様

ディンプル加工

HTO-CT35

庫内の壁面に凹凸をつけた加工のことです。熱を凹凸で乱反射することにより、均一に熱を拡散できます。そのため、焼きムラが抑えられたおいしそうな見た目になり、食感も均一に仕上げられます。

ディンプル加工の製品を探す

ミラーガラス

SOT-012

使用時(ランプが付いているとき)以外は庫内が見えないようになっているガラスです。使用していないときの見た目がすっきりし、使用中は焼き具合を確認できます。キッチンの見た目にもこだわりたい人に向いています。

ミラーガラスの製品を探す

よくある質問と回答集

網や受け皿を洗い、庫内や扉をふきとりましょう。

トースターはどうしても、使用するたびにパンくずなどが落ちてしまい汚れやすくなってしまいます。庫内に残ったこのパンくずなどを放置し続けると、発火の原因にもなりかねません。また、トースターは食材を直接入れるものであるため、清潔に保つべきでありお手入れは必須。基本的なお手入れとして、定期的に焼き網や受け皿を洗い、庫内や扉をふきとるようにしましょう。

ページの先頭へ戻る

このページの先頭へ

© Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止