PCモニター・液晶ディスプレイの選び方

ホーム > パソコン > PCモニター・液晶ディスプレイ > PCモニター・液晶ディスプレイの選び方

選び方ガイド 自分に最適な製品選びをサポート

パソコンからの情報を画面に映し出す「PCモニター・液晶ディスプレイ」。AV機器の液晶テレビと同様、4Kモデルがじわじわ登場するなど、高解像度化が進んでいます。そんなPCモニター・液晶ディスプレイの選び方を解説します。

PCモニター・液晶ディスプレイ選びの前に

PCモニター・液晶ディスプレイのトレンド

フルハイビジョンを超える高解像度化が近年のトレンド。4K解像度のモニターが数多く登場しています。同時に、目の疲れの原因になるとされるブルーライトや画面のちらつきを低減する機能を持つモニターも増えています。さらに、スマホの画像をモニターで表示するなどスマホとの連携も見逃せません。

高精細表示に高いニーズ、
4K対応モデルが売れ筋上位に

高精細表示に高いニーズ、4K対応モデルが売れ筋上位に

4Kは、1,920×1,080ドットのフルハイビジョンに対して、3,840×2,160ドットと4倍の画素数を誇ります。横の画素数が約4,000なので4K(1K=1,000)といわれています。なお、5,120×2,880の場合は5Kといいます。

4K(3840x2160)製品を探す

ちらつき抑制で目にやさしい、
フリッカーフリーモデルが人気

ちらつき抑制で目にやさしい、フリッカーフリーモデルが人気

パソコンで作業をする際に目の疲れの原因とされるブルーライト(青色光)を低減したり、バックライトのフリッカー(ちらつき)をなくしたりと、長時間の作業でも目が疲れにくい工夫がされています。

フリッカーフリー製品を探す

HDMI端子を装備なら、
AV機器やゲーム機との連携も容易に

HDMI端子を装備なら、AV機器やゲーム機との連携も容易に

パソコンと接続して使用することが多い液晶ディスプレイにもHDMI端子を装備する製品が増えています。HDMI端子を装備していれば、AV機器やゲーム機とケーブル1本接続するだけで表示することができます。

HDMI端子搭載製品を探す

このページの先頭へ

PCモニター・液晶ディスプレイの選び方のポイント

画面仕様をチェック

モニターを選ぶ時にチェックしたいのは画面の大きさや形だけではありません。モニターにはさまざまな仕様や機能を備えています。モニターの仕様や機能を知っていれば、自分に合った最適なモニターを選ぶことができます。

アスペクト比

画面の縦と横の長さの比率で、「横:縦」で表記されています。かつては4:3が主流でしたが、最近では16:9などの製品が増えています。

アスペクト比から選ぶ

表示色

画面上で表示できる色の数です。表示色が多くなるほど、階調表現がなめらかになります。

表示色数から選ぶ

解像度

画面に表示される点の数を表し、フルHDの1,920×1,080が主流です。数字が大きいほど細部まで表現できるため、画像や映像を滑らかでキレイに表示でき、表示できる範囲が大きくなります。

フルHD(1920x1080)対応製品を探す

応答速度

画面の色を黒から白(白から黒)へ変える時間のこと。ms(1msは0.001秒)という単位で表し、数字が小さいほど残像が少なくなります。現在、8ms未満の製品が主流となっています。

〜8ms未満の製品を探す

コントラスト

画面内でもっとも明るい白ともっとも暗い黒の明るさの比で、画像のメリハリの強さを表します。一般的な機種は700:1〜1000:1ですが、中には5000:1といった高い数値の製品もあります。

700:1〜1500:1未満の製品を探す

輝度

画面から発することのできる明るさのことで、cd/m2という単位で表します。数字が大きいほうが画面をより明るくすることができます。PCモニターでは、300〜400cd/m2が主流となっています。

300〜400cd/m2以下の製品を探す

ドットピッチ

画面を構成するドット(画素)の大きさで、数値が小さくなるほど密度が高くなり高精細な画像となります。一般的には、0.26〜0.28mmの製品が多くラインアップされています。

0.26〜0.28mm以下の製品を探す

LEDバックライト

PCモニターを背面から照らすライトで、光源にLEDを採用したものをLEDバックライトといいます。ほかの光源と異なり、省電力で薄型・軽量、コントラスト比が高くなるといった特長があります。

LEDバックライトの製品を探す

3D対応

立体映像(3D映像)に対応しているモニターです。ディスプレイやメガネなどの専用機材が必要なタイプと、昔ながらの赤青メガネを用いる手軽なタイプの2種類があります。

3D対応製品を探す

フリッカーフリー

従来はLEDバックライトを高速で点滅させることで、眼精疲労の原因になるといわれるフリッカー(ちらつき)が生じていました。このフリッカーをなくした、目が疲れにくいモニターです。

フリッカーフリー製品を探す

パネルの種類をチェック

液晶パネルは駆動方式の違いによって、TN、VA、IPSの3タイプがあります。かつては安いTNタイプが中心でしたが、今では低価格化が進む高性能のIPSタイプやVAタイプが主流です。それぞれにメリット・デメリットがありますが、今では映像エンジンなどを工夫し、メリットを生かしてデメリットをカバーする設計がされています。

IPSパネル

採用製品が増えているパネルです。視野角が広く、色が安定しやすいので目にも優しいといわれています。応答速度は遅めですが、画質の高さが特長で、シビアな色表現が求められる場面で好まれます。

IPSパネル製品を探す

VAパネル

VAパネルはかなり純粋な「黒」を表現でき、コントラスト比を高くしやすいという特長があります。一方で、IPSパネルと比べると視野角が狭く、斜めから見た場合には性能をフルに発揮できないということもあります。

VAパネル製品を探す

TNパネル

低コストで応答速度が早いという特長があり、かつては主流のパネルでした。ただし、見る角度で色が大きく変わるという欠点があり、早い応答速度が要求されるゲーム用や低価格モデルでの採用が中心です。

TNパネル製品を探す

入力端子をチェック

DVI

DVI

Digital Visual Interfaceの略で、DVI-D(デジタル)・DVI-I(デジタルとアナログ兼用)・DVI-A(アナログ)があります。DVI-DやDVI-I端子では、デジタル信号でデータをやりとりします。

DVI搭載製品を探す

D-Sub

D-Sub

PCと周辺機器をアナログ信号でつなぐ接続端子で、VGA端子やアナログRGB端子ともいわれます。ピンの数が異なる規格があり、モニター用では、D-Sub15(15ピン)というものがよく使われています。

D-Sub搭載製品を探す

HDMI

HDMI

High-Definition Multimedia Interfaceの略で、高精細度マルチメディアインターフェイスといわれています。AV機器ではおなじみのケーブルで、1本で音声と映像をデジタル信号で伝送します。

HDMI搭載製品を探す

USB

USB

Universal Serial Busの略で、パソコンと周辺機器を接続するために使われるポピュラーな端子です。USB(A・B)、ミニUSB(A・B)、マイクロUSB(A・B)といった規格があります。

USB搭載製品を探す

DisplayPort

DisplayPort

DVIの後継として登場した、デジタル式の映像端子。DVIやHDMIよりもサイズが小さく、映像と音声の両方をデジタルで伝送できるのが特長です。複数のモニターを数珠つなぎにすればマルチモニター環境にできます。

DisplayPort搭載製品を探す

Thunderbolt

Thunderbolt

インテルがアップルと共同開発した高速のデータ伝送技術です。USBなどの従来のコネクタよりも高速でデータ伝送ができるだけでなく、10W(USB3.0の2倍)の電源が供給できることも特長です。

Thunderbolt搭載製品を探す

このページの先頭へ

PCモニター・液晶ディスプレイの主なメーカー

IODATA(アイ・オー・データ)

IODATA(アイ・オー・データ)

豊富なラインアップで
国内トップシェア!

石川県のPC周辺機器メーカーで、PC用モニターの販売では国内でトップシェアを誇ります。入門用からハイスペックモデルまで豊富なラインアップが揃います。GigaCrystaシリーズは、業界最速クラスの高速応答で鮮明に映し出せるAH-IPSパネルを採用した同社のプレミアムモデルです。

IODATA(アイ・オー・データ)製品を探す

EIZO(ナナオ)

EIZO(ナナオ)

PCはもちろん医療用や
産業用としても活躍

石川県のディスプレイ専業メーカーでCRTの時代から画質と信頼性には定評があります。PC用のスタンダードモデル(FlexScan)から、厳密な色管理を可能にするジメント機能を搭載したもの、医療・鉄道・船舶などの産業用、航空管制市場用など幅広い用途に対応できるラインアップが特長。

EIZO(ナナオ)製品を探す

Acer(エイサー)

Acer(エイサー)

PCやモニターが世界市場で高評価

台湾のPC関連機器メーカーで、欧米では高いシェアを持ちます。日本では、ネットブックPC「Aspire One」発売を皮切りに、人気と知名度が上昇。PCモニター市場でもシェアを拡大しています。スペックの異なるラインアップが非常に豊富で、曲面型パネルを採用したモデルもあります。

Acer(エイサー)製品を探す

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

LGエレクトロニクス(LG Electronics)

液晶パネルでも有名な
総合家電メーカー

韓国の総合家電メーカーで、液晶テレビや携帯電話、エアコンなどで高い世界的シェアを持ちます。液晶パネル供給会社としても知られており、PCモニターでも世界的に高いシェアがあります。PC用として世界初となる曲面型パネルを採用した21:9のウルトラワイドモニターもLGの製品です。

LGエレクトロニクス(LG Electronics)製品を探す

iiyama(イイヤマ)

iiyama(イイヤマ)

お手ごろ価格ながら
高い信頼性を誇る

マウスコンピューターの液晶ディスプレイのブランド名でもあるIIYAMA。大幅な値引き攻勢で市場に参入しメジャーブランドとなった後も、お手ごろ価格ながら品質の高い製品を発売し続けています。現在はProLiteシリーズを展開し、15型から40型という大型まで幅広いサイズを用意しています。

iiyama(イイヤマ)製品を探す

BenQ(ベンキュー)

BenQ(ベンキュー)

用途に応じたラインアップから最適な1台を

台湾の電気機器メーカーで、PCモニターやイメージスキャナは世界的にも高いシェアを持ちます。もともとAcerの子会社でしたが、いまではモニターで競合関係にあります。ルームシアター、カラーマネージメント、ビジネス、コストパフォーマンスなど、用途や目的に応じたラインアップが用意されています。

BenQ(ベンキュー)製品を探す

このページの先頭へ

その他の機能や装備をチェック

スピーカー搭載

モニターにスピーカーが内蔵されています。スピーカーケーブルや電源コードなどが必要ないので、パソコン周りがスッキリしますが、音質はほどほどです。音質重視の方は、別途専用スピーカーの購入を検討しましょう。

スピーカー搭載製品を探す

音声出力端子

ヘッドホンやアンプ内蔵のアクティブスピーカーとモニターを直接つないで音声を再生できる端子です。パソコン本体を机の下などに配置している場合に配線をスッキリさせることができます。

音声出力端子搭載製品を探す

リモコン付属

モニターのさまざまな機能を操作するためのリモコンが付属しています。電源のオン・オフだけでなく、スイーベルやチルトなどのモニターを動かす機能もリモコン操作できるものがあります。

リモコン付属製品を探す

USB HUB

本体に複数のUSB端子が搭載されているタイプのモニターです。





USB HUB搭載製品を探す

HDCP

HDCPとは、DVIやHDMIなどのデジタルインターフェースの暗号化に用いられる著作権保護技術の1つです。パソコンからモニターへ送られるデジタル信号も、不正コピーが行われないよう暗号化されています。


HDCP搭載製品を探す

VESAマウント

VESAとはVideo Electronics Standards Associationの略で、コンピュータ用ディスプレイなどの規格策定を行っている団体です。モニターを固定する時のネジ穴の位置、寸法などが定められています。


VESAマウント搭載製品を探す

MHL対応

MHLとは、スマートフォンなどのモバイル機器を、モニターなどに接続するための高速映像伝送用インターフェイス。モバイル機器のMicro USB端子とモニターのHDMI端子を専用ケーブルで接続する仕組みです。モバイル機器は映像をモニターに出力しながら、充電することもできます。

MHL対応製品を探す

カラーマネージメント機能

正確な色再現を実現するための専用の調整ソフトウェアが搭載されています。デザイナーや映像製作者、プロカメラマンなど常に厳密な色管理が必要となるユーザー向けのモニターです。


カラーマネージメント機能搭載製品を探す

スイーベル機能
(水平回転)

モニター部分を左向き・右向きに動かせる機能のことで、首振り機能ともいわれます。

スイーベル機能(水平回転)搭載製品を探す

チルト機能
(垂直角度調整)

モニター部分を上向き・下向きに動かせる機能のことです。


チルト機能(垂直角度調整)搭載製品を探す

ピボット機能
(画面回転)

横長のモニター部分を90度回転し、縦長画面としても使うことができる機能です。

ピボット機能(画面回転)搭載製品を探す

高さ調節機能

昇降機能を備えている製品は、自分の見やすい高さに画面の位置を調節することができます。中には最大130mm変えられるものもあります。

高さ調節機能搭載製品を探す

PIP

PIP(Picture In Picture)は、メイン画面の中に小さいサブ画面を同時に表示する機能で、メイン画面ではゲーム、サブ画面でSkypeをしたり、攻略サイトをチェックするといった使い方ができます。

PIP搭載製品を探す

PBP

PBP(Picture By Picture)は、左右に同等サイズ画面を分割して表示できる機能です。POP(Picture Out Picture)も2画面を分割表示しますが、大きなメイン画面の外にサブ画面を表示します。

PBP搭載製品を探す

G-SYNC

NVIDIA社が開発したディスプレイ同期技術です。GPUが描く画像とモニター表示のタイミングを同期させ、PCゲームのプレイ中などに発生する画面のズレ(テアリング)やカクつきをなくします。

G-SYNC対応製品を探す

FreeSync

AMD社が開発したディスプレイ同期技術で、G-SYNC同様にGPUの描画とモニター表示のタイミングを同期させ、テアリングなどをなくします。G-SYNCと異なり専用モジュールをモニターに組み込む必要がありません。

FreeSync対応製品を探す

このページの先頭へ

FAQ(よくある質問と回答集)

Qテレビをパソコンのモニターとして使えますか?
Aパソコンからの出力に対応する端子があれば使うことができます。
最近の薄型テレビには、パソコンからの出力を接続できる端子を持ったものが増えています。たとえば、テレビ側とパソコン側の双方にHDMIやD-Sub(VGA)端子があれば、そのままケーブルで接続することができます。ただし、パソコン側がDVIでテレビ側がD-Subの場合は注意が必要です。パソコン側のDVIがDVI-Iであれば、変換プラグでD-Subに接続できますが、DVI-Dの場合は専用のコンバーターが必要になります。
Qドット抜けとは何ですか?
A何らかの不具合でドットが正常に表示されない状態をいいます。
ある程度はやむを得ないものとされ、あらゆるドット抜けについて交換を保証しているメーカーは2015年現在ありません。対応はメーカーにより様々です。例えば、DELLやASUSは、一部機種について、輝点(常時点灯ドット)が存在した場合、交換保証対象としています。あらゆるドット抜けを避けたい場合は、一部の販売店が独自に行っている有料交換保証を付け、ドット抜けがない個体が当たるまで交換するぐらいしか方法がありません。
QPCモニター・液晶ディスプレイをテレビとして使うことができますか?
A可能です。
基本的にはテレビチューナーからの出力をモニターに接続すれば画面が映ります。近年のモニターの多くはHDMI端子があるので、HDMIケーブルで接続すれば映像と音声の両方を伝送することができます。ただし、モニターにはスピーカーを内蔵してないものもあります。その場合は、別途専用スピーカーを購入する必要があります。
Qモニターの規格で60Hzや144Hzとは何のことですか?
Aリフレッシュレートのことです。
リフレッシュレートとは、画面を一秒間に何回更新するかという数値で、60Hzなら一秒間に60回、144Hzなら144回更新します。一般的な用途で使う場合はほとんど気にする必要はありませんが、リフレッシュレートが高いほど動きがスムーズで画面のちらつきも少なく感じるため、ゲーム愛好家には数値の高いモニターを選ぶ方が多いようです。

このページの先頭へ

用語集

マルチモニター
2台以上のモニターを接続することをマルチモニターといいます。マルチモニターで接続するには、グラフィックカードがマルチモニターに対応している必要があります。
フレームレスパネル
パネル上部と左右にあるフレーム(枠)の段差がないフラットなパネルのことです。スタイリッシュなデザインは、見た目にもすっきりした印象があります。ベゼル部分(パネルの周囲を囲むフレーム部分)の幅が狭いので、マルチモニター(ディスプレイ)環境でさらに効果を発揮します。
有機EL
ELとはエレクトロルミネッセンスのことで、何らかのエネルギーを得ることで特定の波長の光を放出する現象のことを「ルミネッセンス」といいます。 有機ELは、この「ルミネッセンス」を電気的に行っており、次世代のディスプレイや照明として期待されています。液晶と比べて、応答速度が早い、視野角は限りなく180度に近い、コントラスト比が非常に高い(液晶では1000:1が一般的ですが、公称100万:1という製品もあります)などのメリットがありますが、大型化すると歩留まりが悪化するということがあり、メーカーによって取り組み方に差があります。
視野角
モニターを斜めから見た時に、正常に見ることができる角度の範囲をを示す指標。“正常”の定義はメーカーによって異なりますが、文字が読めるかどうかが重要ポイントです。

このページの先頭へ

このページの先頭へ