USBハブの選び方

ホーム > パソコン > USBハブ > USBハブの選び方

選び方ガイド 解説

パソコンにさまざまな周辺機器を接続できるUSBポート。しかし、「マウスとキーボードをつないだら、空いているUSBポートがもうない……」なんて悩みを抱えてる人はいませんか? コンセントの差込口を増やせる電源タップ同様に、パソコンのUSBポートを増やせるアイテムが「USBハブ」です。選び方ガイドでは、USBハブを選ぶ際のポイントやスペックについて解説します。

USBハブとは?

USBハブは、パソコンやスマートフォン・タブレットにUSBポートを増設するためのUSB機器。端末から電源を供給するバスパワー型とコンセントから電源を供給するセルフパワー型があり、消費電力の大きな機器や複数の機器を同時利用する際は後者が適しています。

USBハブの選び方のポイント

選び方のポイント

USBメモリーやマウスを接続して使うならバスパワータイプでOK

バスパワータイプとは、端末のUSBポートから電源を確保し、接続する機器へ使用する電力を供給するタイプです。USBメモリーやマウス、キーボードなど、消費電力が低い機器を接続する場合はこちらのタイプで十分です。

バスパワータイプを探す

プリンターや外付けHDDなどを接続するならセルフパワータイプを選ぶ

セルフパワータイプとは、USBハブを家庭用コンセントと接続して電源を確保するタイプです。プリンターや外付けHDDなど、消費電力が大きい機器やデータ消失などのリスクがある機器を接続するのに向いています。

セルフパワータイプを探す

高画質な画像や動画・音楽ファイルなど大容量データを扱うならUSB3.0対応を

USB3.1 Gen1(USB3.0)とは転送速度の規格で、従来のUSB2.0と比べ理論値で約10倍の高速転送を可能にします。大容量データを転送するときに最適です。ただし、端末と接続機器の両方がUSB3.1 Gen1(USB3.0)に対応している必要があります。

USB3.1 Gen1(USB3.0)対応製品を探す

製品を探す

このページの先頭へ

機能・スペックをチェック

製品の細かな仕様までじっくりと吟味して選びたい人は、各機能でできることやスペック項目の意味を理解することでより選びやすくなります。製品選びで重要な項目を以下で詳しく解説していきますので、自分にぴったりな製品探しに役立ててください。価格.comでは、これらの項目を使って製品を絞り込むことが可能です。

ポート数をチェック

USBハブの接続ポート数は、3系統ほどのものから24系統もあるタイプまでさまざまです。つなぎたい端末の個数に応じてポートの数を選ぶことになりますが、接続機器が多いほど消費電力も上がります。とくにバスパワータイプの場合は電源が落ちて大事なデータを消失するというリスクもありますので、ポート数が多いUSBハブを選ぶ場合はセルフパワータイプを選択するのが望ましいといえます。

ポート数で選ぶ

電源供給方式をチェック

USBハブ本体の電源供給方式は大きく分けてバスパワータイプとセルフパワータイプがあります。バスパワータイプは、接続する端末のUSBポートから電力を確保するため消費電力が低いマウスなどの機器を接続するのに適しています。一方、セルフパワータイプは家庭用電源に接続することにより大きい電力が得られるため、プリンターや外付けHDDなど消費電力の大きい機器を接続する場合に向いています。また、両方のタイプを兼ねている製品も販売されています。接続機器によって電源供給方式を使い分けることができるので便利です。

USB3.0への対応をチェック

USB3.0とは2008年に発表された転送速度規格です。USB2.0の転送速度が理論値で480Mbpsなのに対して、約10倍である5Gbpsの転送速度を実現しています。USB3.0は外付けHDDなどを接続し、大容量データの転送をするときに活躍します。注意点は、パソコンなどの端末と接続機器それぞれがUSB3.0に対応している必要があるということです。接続端子形状が同じであればUSB2.0のみ対応の端末に接続しても問題はありませんが、USB3.0本来の速度でデータ転送することはできません。

USB3.1 Gen1(USB3.0)対応製品を探す

USB3.0への対応をチェック

このページの先頭へ

このページの先頭へ