低金利のフリーローン

多額の借り入れなら ― 低金利のフリーローン

低金利ローン
多額の借入なら「低金利のフリーローン」がおすすめです。

ローンを利用する際、多くの方の比較ポイントとなるのが「金利」でしょう。

複数の商品を比較する際、最低金利ばかりに目を取られ比較することが多いようです。

確かに、金利は低い方がお得であると思いますが、実際に自分が適用される金利がそのローンの「最低金利」とは限らないことがあります。重要となるのは、実際に自分が「借りる額(借りられる額)」に適用される金利でくらべる事が重要なのです。

  1. 実質年率 変/固
    2.900% 〜 9.800
    借入限度額(最大)
    5,000万円
  2. 実質年率 固定
    4.500% 〜 14.500
    借入限度額(最大)
    500万円
  3. 実質年率 固定
    3.500% 〜 14.800
    借入限度額(最大)
    1,000万円
  4. 実質年率 固定
    7.300% 〜 15.000
    借入限度額(最大)
    700万円

フリーローンを金利で選ぶ際のポイント

・できるだけ低い金利を選ぼう

返済総額に金利は大きく影響してきます。
各金融機関のホームページには返済シミュレーションが用意されています。借入額と金利、返済期間を入力すると、毎月の返済額や返済総額がわかるので、こういったものを活用しながら、どういった借り方が一番得なのかを検討しましょう。


・借入額が少なめのときは、特に「最高金利」に注目しよう

金融機関によっては、金利の表記を「○%〜○%」など、最低金利と、最高金利をあわせて表記していることがあります。
ついつい、「最低金利」の数字に目を奪われがちですが、適用される金利は、借入額とその人の信用度で決まります。借入額が少額になるほど金利は高くなる傾向があります。
また、その金融機関で初めてローンを利用する人や他行においても返済実績がない場合は、金利が高めに設定されることがあるそうです。
よって、「最低金利」だけではなく「最高金利」にも注目してフリーローンを選びましょう。


・変動金利か固定金利か、慎重に判断しよう

フリーローンも、住宅ローンと同様、変動金利と固定金利のどちらかを選べる商品があります。
固定金利は文字どおり、契約したときの金利がずっと適用されます。一方で、変動金利は景気や金融情勢に応じて、一定の頻度(一般的には半年に1度)、金利が上下する可能性があります。一般的には、固定金利より変動金利のほうが金利が低くなる傾向がありますが、変動金利が、今度どう推移していくのか予測するのは非常に困難です。
「返済期間を長めにして、毎月の返済額を変えずに、はっきりさせたい」という場合は固定金利を、「繰り上げ返済を活用したり、返済期間を短くしたいから、今は少しでも安い金利を適用させたい。また、今後金利が上がっても問題ない」と判断する場合は変動金利を選ぶのもよいかもしれません。

人気の特徴から選ぶ

このページの先頭へ