Xperia X Performance SoftBank スペック・仕様・特長

Xperia X Performance SoftBank

最速0.6秒で撮影できる5型スマートフォン (ソフトバンク)

公式オンラインショップ購入時の端末代金

価格情報の登録がありません

発売日:2016年 6月24日

カラー:

格安SIMへのりかえで毎月のスマホ代を節約できます

スマホの回線をキャリアから格安SIMに変えると、月額料金を半額以下に下げることができます。MNP(番号ポータビリティ)で今の電話番号もそのまま引き継げます。

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

キャリア:SoftBank OS種類:Android 6.0 販売時期:2016年夏モデル 画面サイズ:5インチ 内蔵メモリ:ROM 32GB RAM 3GB バッテリー容量:2570mAh データ通信サービス:Hybrid 4G LTE Xperia X Performance SoftBankのスペック・仕様

auの料金プラン紹介 - iPhone/割引・特典も踏まえて最適なプランを見つけよう

ご利用の前にお読みください

 

Xperia X Performance SoftBank のスペック・仕様・特長



基本仕様
キャリアSoftBank 販売時期2016年夏モデル
OS種類 Android 6.0 最大待受時間4G LTE:約530時間/4G:約520時間
3G:約590時間
CPUSnapdragon 820 MSM8996 CPUコア数クアッドコア
内蔵メモリ ROM 32GB RAM 3GB インターフェースmicroUSB
外部メモリタイプmicroSDXCメモリーカード 外部メモリ最大容量200 GB
バッテリー容量2570 mAh   
画面性能
画面サイズ5 インチ 画面解像度1920x1080
パネル種類トリルミナス ディスプレイ for mobile   
ネットワーク
データ通信サービスHybrid 4G LTE 下り最大データ通信速度SoftBank 4G:165Mbps
SoftBank 4G LTE:262.5Mbps
BluetoothBluetooth 4.2 赤外線通信機能 
テザリング対応  NFC対応 
LTE対応 無線LAN規格802.11 a/b/g/n/ac
カメラ
背面カメラ画素数  前面カメラ画素数 
手ブレ補正 4K撮影対応  
スローモーション撮影  撮影用フラッシュ
複数レンズ    
機能
耐水・防水機能IPX5/IPX8 イヤホンジャック 
HDMI端子  MHL対応  
フルセグ ワンセグ
GPS機能 ハイレゾ
ワイヤレス充電  おサイフケータイ/FeliCaおサイフケータイ
キャリア割引対象端末  認証機能指紋認証
センサー明るさセンサー/近接センサー   
SIMカード
デュアルSIM   デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS) 
デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)  SIM情報SIMロック解除可
サイズ・重量
幅x高さx厚み71x144x8.6 mm 重量165 g
カラー
カラーホワイト
グラファイトブラック
ライムゴールド
ローズゴールド
  
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の情報を見る

Xperia X Performance SoftBank
ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia X Performance SoftBank

発売日:2016年 6月24日

Xperia X Performance SoftBankをお気に入り製品に追加する <63

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソフトバンク、「Xperia X Performance」を6/24発売決定
2016年6月21日 18:10掲載
Xperia X Performance Xperia X Performance Xperia X Performance

ソフトバンクは、6月中旬以降の発売を予定していた「Xperia X Performance」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の発売日を決定。6月24日より発売する。

約5型フルHD液晶(1920×1080ドット)を搭載したスマートフォン。デザイン面では、丸みを帯びたフレームとラウンド形状のガラスのディスプレイを採用。素材を生かしたカラーリングにより、上質で洗練した印象のデザインを施した。

カメラ機能では、メインカメラが有効約2300万画素CMOSセンサーを、サブカメラが有効約1320万画素CMOSセンサーを装備。さらに、動体検出エンジンの追従性能が向上し、被写体の動きを予測してフォーカスの設定を自動で行う「先読みオートフォーカス機能」も備える。また、ソニーのカメラ技術を生かし、カメラキーを長押しして、起動からオートフォーカス、撮影まで約0.6秒で撮影可能だ。

このほか、バッテリー容量は2570mAhで、バッテリーの状態に応じて最適な充電を行うという新たなアルゴリズムを採用し、長寿命化を実現。待受時間をより長くできる「STAMINAモード」も搭載した。

主な仕様は、プロセッサーがクアッドコア「MSM8996」、メモリーが約3GB、内蔵ストレージが約32GB、外部ストレージは最大200GBのmicroSDXCメモリーカードをサポート。音質面ではハイレゾ再生に対応。IPX5/8相当の防水性能、IP6X相当の防塵性能も備える。無線通信はIEEE802.11 a/b/g/n/ac準拠の無線LAN規格と、Bluetooth 4.2に対応する。OSは「Android 6.0」をプリインストールした。

連続通話時間は1680分(W-CDMA)/600分(GSM)/1380分(FDD-LTE)。連続待受時間は590時間(W-CDMA)/550時間(GSM)/530時間(FDD-LTE)/520時間(AXGP)。最大通信速度は下り最大262.5Mbps、上り最大37.5Mbps。本体サイズは71(幅)×144(高さ)×8.6(奥行)mm、重量は約165g。ボディカラーは、ホワイト、グラファイトブラック、ライムゴールド、ローズゴールドの4色を用意する。

■関連リンク

【新製品ニュース】ソフトバンク、5型スマホ「Xperia X Performance」を5/17より予約受付

【新製品ニュース】ドコモ、下り最大375Mbps「Xperia X Performance SO-04H」を6/24発売

【新製品ニュース】au、「Xperia X Performance SOV33」を6/24発売

ページの先頭へ