HT-01A docomo スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長

HT-01A docomo

3Dユーザーインターフェース「Touch FLO 3D」やQWERTYキーを搭載したスマートフォン(docomo PRO series)

公式オンラインショップ購入時の端末代金

価格情報の登録がありません

発売日:2008年11月28日

キャリア:docomo 販売時期:2008年秋冬モデル 画面サイズ:2.8インチ データ通信サービス:FOMAハイスピード HT-01A docomoのスペック・仕様

ドコモ光とセットでドコモスマホの月額料が割引に!

※ランキング順位・レビュー点数・クチコミ件数は機種単位の情報です

ご利用の前にお読みください

HT-01A docomo のスペック・仕様・特長



基本仕様
キャリアdocomo 販売時期2008年秋冬モデル
OS種類   最大待受時間3G:400時間
CPU  CPUコア数 
内蔵メモリ   インターフェース 
外部メモリタイプmicroSDメモリーカード 外部メモリ最大容量 
バッテリー容量    
画面性能
画面サイズ2.8 インチ 画面解像度 
パネル種類    
カメラ
背面カメラ画素数  前面カメラ画素数 
手ブレ補正  4K撮影対応  
スローモーション撮影  撮影用フラッシュ 
複数レンズ    
サイズ・重量
幅x高さx厚み  重量172 g
カラー
カラー    
機能
耐水・防水  イヤホンジャック 
HDMI端子  MHL  
フルセグ  ワンセグ 
GPS ハイレゾ 
ワイヤレス充電  おサイフケータイ/FeliCa 
認証機能  センサー 
ネットワーク
データ通信サービスFOMAハイスピード 下り最大データ通信速度FOMAハイスピード:7.2Mbps
Bluetooth  赤外線通信機能 
テザリング対応   NFC  
5G  LTE対応 
無線LAN規格    
SIMカード
デュアルSIM   デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS) 
デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)  SIM情報SIMロック解除不可 (標準SIM)
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の情報を見る

HT-01A docomo
HTC

HT-01A docomo

発売日:2008年11月28日

HT-01A docomoをお気に入り製品に追加する <49

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ドコモ、携帯電話新モデル4シリーズ22機種を発表
2008年11月5日 17:20掲載
[STYLE/PRIME/SMART/PRO] 新たに4シリーズ展開になったNTTドコモの携帯電話新モデル

NTTドコモは、携帯電話の新モデルとして、4シリーズ計22機種を発表。11月19日より順次発売する。

新シリーズでは、端末機能により分けていた従来の906i/706iの2シリーズ展開から、ファッショナブルケータイ「docomo STYLE series」、エンタテインメントケータイ「docomo PRIME series」、インテリジェントケータイ「docomo SMART series」、デジタルマスターケータイ「docomo PRO series」という価値観やライフタイルによる4シリーズ展開に変更されたのが大きな特徴だ。

「docomo STYLE series」は、様々なデザインやカラーから選べるファッション性の高さが特徴。クリスタルカットデザインのボディに2.0型の大型カラー背面液晶を備えた「F-02A」(富士通製)や、高級スイーツブランド「ピエールエルメ」とコラボレーショントした「N-03A」(NEC製)、8色のカラーバリエーションをそろえた「SH-02A」(シャープ製)など、6機種がラインアップされた。

「docomo PRIME series」は、映像や音楽、ゲームなどのエンタメ機能が充実しているのが特徴。IPX5/IPX7の防水対応ボディに、タッチパネル対応の3.2型液晶を搭載した「F-01A」(富士通製)や、秒間120フレームの高速撮影が可能な「L-01A」(LGエレクトロニクス・ジャパン製)、タテ開き/ヨコ開きでキー表記や配列が変わる「2WAYキー」を備えた「P-01A」(パナソニックモバイルコミュニケーションズ製)など、7機種がラインアップされた。

「docomo SMART series」は、ビジネスツールとして役立つ機能を搭載するとともに、上質感のあるデザインを採用したのが特徴。厚さ12.8mmのスリム防水ボディを採用した「F-04A」(富士通製)や、デザイン家電「amadana」とコラボレーションした「N-04A」(NEC製)など、4機種がラインアップされた。

「docomo PRO series」は、最新技術やデジタルツールの先端をいく機能を搭載するのが特徴。独自の3Dユーザーインターフェイス「Touch FLO 3D」を採用した「HT-02A」(HTC製)や、3.5型の大画面タッチパネル液晶やQWERTYキーを搭載した「SH-04A」(シャープ製)、今年9月に発表された「BlackBerry Bold」(カナダRIM社製)など、5機種がラインアップされた。

このほか、ユーザーの生活エリアや趣味嗜好にあった情報などを配信する「iコンシェル」や、複数のコンテンツを最大8個まで専用画面に登録して利用できる「iウィジェット」、ゲームなどのiアプリを複数人でリアルタイム通信することができる「iアプリオンライン」など、新サービスも発表された。

ページの先頭へ