dynapocket X02T SoftBank スペック・仕様・特長

dynapocket X02T SoftBank

4.1型タッチパネル液晶や320万画素CMOSカメラなどを備えたWindows Mobile 6.5 Professional搭載スマートフォン

公式オンラインショップ購入時の実質負担金

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

dynapocket X02T SoftBankをお気に入り製品に追加する

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にMyページでお知らせいたします

発売日:2009年12月11日

中古価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください

キャリア:SoftBank 販売時期:2009年度冬春モデル 画面サイズ:4.1インチ 内蔵メモリ:データフォルダ容量:253MB バッテリー容量:1000mAh データ通信サービス:3Gハイスピード dynapocket X02T SoftBankのスペック・仕様

auの料金プラン紹介 - iPhone/割引・特典も踏まえて最適なプランを見つけよう

ご利用の前にお読みください

dynapocket X02T SoftBank のスペック・仕様・特長



基本仕様
キャリアSoftBank 販売時期2009年度冬春モデル
OS種類   最大待受時間3G:280時間
CPU  CPUコア数 
内蔵メモリ データフォルダ容量:253MB インターフェース 
外部メモリタイプmicroSDHCメモリーカード 外部メモリ最大容量 
バッテリー容量1000 mAh   
画面性能
画面サイズ4.1 インチ 画面解像度800x480
パネル種類    
ネットワーク
データ通信サービス3Gハイスピード 下り最大データ通信速度3Gハイスピード:14Mbps
Bluetooth  赤外線通信機能 
テザリング対応   NFC対応  
LTE対応  無線LAN規格 
カメラ
背面カメラ画素数  前面カメラ画素数 
手ブレ補正  4K撮影対応  
スローモーション撮影  撮影用フラッシュ 
複数レンズ    
機能
耐水・防水機能  イヤホンジャック 
HDMI端子  MHL対応  
フルセグ  ワンセグ 
GPS機能 ハイレゾ 
ワイヤレス充電  おサイフケータイ/FeliCa 
キャリア割引対象端末  認証機能 
センサー    
SIMカード
デュアルSIM   デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS) 
デュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)  SIM情報SIMロック解除不可
サイズ・重量
幅x高さx厚み70x130x9.9 mm 重量129 g
カラー
カラー    
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の情報を見る

dynapocket X02T SoftBank
東芝

dynapocket X02T SoftBank

発売日:2009年12月11日

dynapocket X02T SoftBankをお気に入り製品に追加する <53

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソフトバンク、「840P」「X02T」を12月11日発売
2009年12月4日 17:04掲載

ソフトバンクモバイルは、携帯電話の2009年冬・2010年春商戦向け新モデル「COLOR LIFE SoftBank 840P」(パナソニック モバイルコミュニケーションズ製)、および「dynapocket SoftBank X02T」(東芝製)を12月11日より発売すると発表した。

「COLOR LIFE SoftBank 840Pは、機能や性能だけでなく、誰もが親しみやすく、シンプルで飽きのこないデザインをコンセプトにした製品だ。レッド/シルバー/ブルー/ペールブルー/ピンクゴールド/ブラック/パープル/イエロー/ビビッドピンク/カーキ/ラベンダー/ゴールド/ペールピンク /ライトブルー/ホワイトの全15色の豊富なカラーバリエーションから選択できる。外観だけでなく、壁紙やメニュー、パッケージなども端末本体のカラーに合ったデザインのものが用意される。

また、メインディスプレイには、2.9型フルワイドQVGA液晶を採用。ボタンには、間隔、サイズ、立体感にこだわった大きく押しやすい「快適タッチボタン」を備える。機能面では、季節や時間に合わせて文字変換候補が変化する機能や、さまざまな機能をボタンひとつで起動できる「ワンタッチ機能」など、使い勝手にこだわった機能を搭載するいっぽうで、ワンセグなどを省き、シンプルに仕上げた。

「dynapocket SoftBank X02T」は、OSに「Windows Mobile 6.5」を、クアルコム製CPU「Snapdragon」を搭載したスマートフォン。同社のノートPC「dynabook」で培われた薄型化技術を応用し、薄さ約9.9mmのスリムデザインに、約4.1型のワイドVGA液晶タッチパネルを搭載した。

また、ゲームなどのアプリケーションをダウンロードできる新サービス「Windows Marketplace for Mobile」に対応。Webサービスに対応したアプリケーションやゲーム、壁紙などのデザインテーマをダウンロードし、携帯電話をカスタマイズして楽しめる。「Office Mobile」も備えており、PowerPointの閲覧や、Excel、Wordの編集も可能だ。なお、ボディカラーはマットブラック1色のみの展開となる。

■関連リンク

【新製品ニュース】ソフトバンク、携帯電話の冬春モデル19機種を発表

ページの先頭へ