BRD-U8DM スペック・仕様・特長

2011年 5月下旬 発売

BRD-U8DM

DTCP-IPネットワークダビング対応機器から録画したテレビ番組をダビングできるUSB 2.0対応の外付けブルーレイドライブ

BRD-U8DM 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥18,900

接続インターフェース:USB2.0 設置方式:外付け BRD-U8DMのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • BRD-U8DMの価格比較
  • BRD-U8DMの店頭購入
  • BRD-U8DMのスペック・仕様
  • BRD-U8DMのレビュー
  • BRD-U8DMのクチコミ
  • BRD-U8DMの画像・動画
  • BRD-U8DMのピックアップリスト
  • BRD-U8DMのオークション

BRD-U8DMIODATA

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年 5月下旬

  • BRD-U8DMの価格比較
  • BRD-U8DMの店頭購入
  • BRD-U8DMのスペック・仕様
  • BRD-U8DMのレビュー
  • BRD-U8DMのクチコミ
  • BRD-U8DMの画像・動画
  • BRD-U8DMのピックアップリスト
  • BRD-U8DMのオークション

BRD-U8DM のスペック・仕様・特長



基本スペック
設置方式外付け 接続インターフェースUSB2.0
USB Type-Cケーブル付属  バスパワー対応 
Mac対応  M-DISC対応 
キャッシュ4MB ドライブメーカー 
付属ソフトWinDVD BD3D
DVD MovieWriter 7 BD Version
Nero9 Express Essentials
QuickDrive LE for DVD/CD
マッハUSB for BD/DVD
DTCP-IP Disc Recorder
その他の機能3D対応
DTCP-IP対応
再生可能メディア
BD-R BD-R DL 
BD-RE BD-RE DL 
BD-R XL  BD-RE XL 
Ultra HD Blu-ray  BD-ROM 
DVD-R DVD-RW
DVD-R DL DVD+R
DVD+RW DVD+R DL
DVD-RAM DVD-ROM 
記録可能メディア
BD-R  BD-R DL 
BD-RE BD-RE DL 
BD-R XL  BD-RE XL 
DVD-R  DVD-R DL
DVD+R DVD+R DL
DVD-RW DVD+RW
DVD-RAM   
書き込み速度
DVD-R書き込み速度16 倍速 DVD-RW書き換え速度6 倍速
DVD+R書き込み速度16 倍速 DVD+RW書き換え速度8 倍速
DVD-RAM書き換え速度12 倍速 CD-R書き込み速度48 倍速
CD-RW書き込み速度24 倍速 BD-R書き込み速度8 倍速
BD-RE書き換え速度2 倍速   
サイズ・重量
重さ1200 g 幅x高さx奥行158x50x220 mm
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

BRD-U8DM
IODATA

BRD-U8DM

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年 5月下旬

BRD-U8DMをお気に入り製品に追加する <253

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース アイ・オー、ネットワークダビング対応BDドライブ
2011年4月21日 11:42掲載
[BRD-U8DM]

アイ・オー・データ機器は、USB 2.0対応外付けブルーレイドライブの新モデル「BRD-U8DM」を発表。5月下旬より発売する。

DTCP-IPによるネットワークダビングに対応したのが特徴。テレビの内蔵HDDや外付けHDD、同社製「RECBOX」、「HVL-AV」シリーズなどに録画したテレビ番組を、ホームネットワーク(DTCP-IP)を経由してブルーレイへダビング・ムーブすることができる。ダビング可能な放送は、地上デジタル、BSデジタル、110度CSデジタル。DR録画した番組がダビング可能となっており、画質・モードを変換して録画した番組はダビングができない。ダビング対応メディアは、BD-R、BD-R DL、BD-RE、BD-RE DL、DVD-R、DVD-R DL、DVD-RW、DVD-RAM。なお、DVDメディアの場合は、ハイビジョン画質から標準画質に変換してダビングが行われる。

対応機器は、DTCP-IPネットワークダビングに対応した、東芝の液晶テレビ「REGZA」、日立の液晶・プラズマテレビ「Wooo」、同社製の RECBOXの「HVL-AV」「HVL-AVR」シリーズ、「LAN DISK AV」の「HVL1-G」「HVL4-G」シリーズ。ダビング方法は、パソコンと本製品をUSBで接続し、付属の専用ソフト「DTCP-IP Disc Recorder」をパソコンにインストールすることで、ネットワークでつながった「RECBOX」や「LAN DISK AV」シリーズ、テレビなどから操作を行うことでダビング・ムーブすることができる。パソコンで使用した場合の最大記録速度は、BD-R/BD-R DLが8倍速(マッハUSB適応時)、BD-R LTHが6倍速、BD-RE/BD-RE DLが2倍速。

このほか、3Dブルーレイに対応した再生ソフト「WinDVD BD3D」のほか、BD対応オーサリングソフト「DVD Movie Writer 7 BD Version」、ライティングソフト「Nero9 Express Essentials」などが付属する。

本体サイズは、158(幅)×220(奥行)×50(高さ)mmで、重量は約1.2kg。価格は22,100円(税抜)。

■関連リンク

【新製品ニュース】アイ・オー、ネットダビング対応のDVDドライブ

ページの先頭へ