DLA‐X90R-B [ブラック] スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2011年11月下旬 発売

DLA‐X90R-B [ブラック]

4K映像を投影できる3D対応D-ILAプロジェクター

DLA‐X90R-B [ブラック] 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥1,000,000

最大輝度:1200ルーメン コントラスト比:120000:1 対応解像度規格:VGA〜 DLA‐X90R-B [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DLA‐X90R-B [ブラック]の価格比較
  • DLA‐X90R-B [ブラック]の店頭購入
  • DLA‐X90R-B [ブラック]のスペック・仕様
  • DLA‐X90R-B [ブラック]のレビュー
  • DLA‐X90R-B [ブラック]のクチコミ
  • DLA‐X90R-B [ブラック]の画像・動画
  • DLA‐X90R-B [ブラック]のピックアップリスト
  • DLA‐X90R-B [ブラック]のオークション

DLA‐X90R-B [ブラック]JVC

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年11月下旬

  • DLA‐X90R-B [ブラック]の価格比較
  • DLA‐X90R-B [ブラック]の店頭購入
  • DLA‐X90R-B [ブラック]のスペック・仕様
  • DLA‐X90R-B [ブラック]のレビュー
  • DLA‐X90R-B [ブラック]のクチコミ
  • DLA‐X90R-B [ブラック]の画像・動画
  • DLA‐X90R-B [ブラック]のピックアップリスト
  • DLA‐X90R-B [ブラック]のオークション

DLA‐X90R-B [ブラック] のスペック・仕様・特長



基本スペック
用途   パネルタイプ  
光源  タイプ 
詳細スペック
最大輝度 1200 ルーメン コントラスト比 120000 :1
アスペクト比*1  パネル画素数3840x2160
パネルサイズ0.7 インチ 対応解像度規格VGA〜
最大表示色  騒音レベル20 dB
機能
4K 3D対応
HDR対応  HDR方式 
短焦点   Wi-Fi 
Bluetooth  バッテリー 
スピーカー搭載  SDカードスロット 
台形補正  ゲームモード 
スクリーン付き  MHL 
映像入力端子
HDMI端子  DisplayPort 
DVI  RGB(VGA端子)
S端子  コンポーネント
コンポジット  USB 
BNC端子    
サイズ・重量
幅x高さx奥行455x179x472 mm 重量15.4 kg
投影距離
40インチ  40インチワイド 
60インチ  60インチワイド 
80インチ  80インチワイド 
100インチ  100インチワイド 
 
 
 
 
 
 
※プロジェクタ項目解説

*1 アスペクト比
画面等の縦横比を示します。
一般的に、ホームシアター用途は16:9、プレゼンテーション用途は4:3となります。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

DLA‐X90R-B [ブラック]
JVC

DLA‐X90R-B [ブラック]

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年11月下旬

DLA‐X90R-B [ブラック]をお気に入り製品に追加する <11

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース JVC、4K対応モデルなどD-ILAプロジェクター3機種
2011年10月12日 13:40掲載
DLA-X90R DLA-X70R DLA-X30

JVCケンウッドは、JVCブランドのプロジェクターの新製品として、4Kモデル「DLA-X90R」および「DLA-X70R」とフルHDモデル「DLA-X30」の計3機種を発表。11月下旬より発売する。

上位機種「DLA-X90R」と「DLA-X70R」は、0.7型D-ILAデバイスに加え、新たにe-shiftデバイスを搭載した新開発の光学エンジンにより、4K(3840×2160ドット)の高解像度表示を実現(3D再生時は1920×1080ドット)。4Kへのアップスケーリングは独自のアルゴリズムにより、フレーム内においてエリア別に画素情報を分析し、高精度な検出処理を行い、高周波成分を復元する高度な映像生成技術によって高解像度化を実現している。さらに、コントラスト補正やジャギーの低減などの映像処理も行うことで、映像のディテールまでリアルに再現。フルHD対応解像度での超解像技術とは異なり、スクリーン上において実質的に4Kの表示能力を持つため、映像表現が飛躍的に向上している。

また、いずれも、D-ILAならではの「面一括書き込み方式」の駆動により、明るく、クロストークの少ない色鮮やかな3D映像を実現。光学回路と駆動回路の見直しをすることにより、3D再生時の明るさを大幅に向上しているという。さらに、同社の業務用3Dイメージプロセッサー「IF-2D3D1」の「2D-3Dコンバーター」機能を、ホームプロジェクター向けにチューニング。テレビ放送や、家庭用ビデオなどで撮影された2D映像を、3D映像に変換することが可能となっている。

このほか、独自のD-ILAデバイスとWireグリッドを採用した光学エンジンを改良。「DLA-X90R」は120,000:1、「DLA-X70R」は80,000:1、「DLA-X30」は50,000:1という高いのネイティブコントラストを実現している。また、ズーム、フォーカス、レンズシフトで調整した画面位置を3つまで記憶可能で、リモコンで簡単に呼出しができる「レンズメモリー」機能を搭載。ビスタサイズ、シネスコサイズなどコンテンツに応じ最適なアスペクト比で楽しめる。

本体サイズは、455(幅)×179(高さ)×472(奥行)mm(3機種共通)。入力インターフェイスとして、HDMI×2、コンポーネント×1を備える(「DLA-X90R」と「DLA-X70R」は、アナログRGB×1も搭載)。輝度は、「DLA-X90R」と「DLA-X70R」が1200ルーメン、「DLA-X30」が1300ルーメン。ボディカラーは、「DLA-X90R」と「DLA-X70R」がブラック、「DLA-X30」がブラックとホワイトの2色。

価格は、「DLA-X90R」が105万円、「DLA-X70R」が89万2,500円、「DLA-X30」はオープン。

ページの先頭へ