DPF-WA700 (B) [ブラック] スペック・仕様・特長

2011年11月25日 発売

DPF-WA700 (B) [ブラック]

Wi-Fi対応のデジタルフォトフレーム

DPF-WA700 (B) [ブラック] 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

画面サイズ:7インチ 画素数:800x480 内蔵メモリ:1GB DPF-WA700 (B) [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DPF-WA700 (B) [ブラック]の価格比較
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]の店頭購入
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]のレビュー
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]のクチコミ
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]の画像・動画
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]のオークション

DPF-WA700 (B) [ブラック]SONY

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2011年11月25日

  • DPF-WA700 (B) [ブラック]の価格比較
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]の店頭購入
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]のスペック・仕様
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]のレビュー
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]のクチコミ
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]の画像・動画
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]のピックアップリスト
  • DPF-WA700 (B) [ブラック]のオークション

DPF-WA700 (B) [ブラック] のスペック・仕様・特長



基本仕様
画面サイズ7 インチ 画素数 800x480
内蔵メモリ1GB 音楽再生対応ファイルMP3/AAC/リニアPCM/WMA
動画再生対応ファイルMotionJPEG/MPEG-1/MPEG-4/MPEG-4AVC/H.264 対応メディアメモリースティックDuo/メモリースティックPRODuo/メモリースティックPROHGDuo/SDカード/SDHCカード
自動電源on/off機能 自動縦横判別機能 
リモコン    
サイズ・重量
幅x高さx奥行き200x140.5x80.2 mm 重量525 g
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

DPF-WA700 (B) [ブラック]
SONY

DPF-WA700 (B) [ブラック]

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2011年11月25日

DPF-WA700 (B) [ブラック]をお気に入り製品に追加する <55

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、Wi-Fi対応のデジタルフォトフレーム2機種
2011年11月8日 15:00掲載
DPF-WA700 DPF-WA700 DPF-W700

ソニーは、デジタルフォトフレーム「S-Frame」シリーズの新モデルとして、「DPF-WA700」と「DPF-W700」の2機種を発表。「DPF-WA700」を2011年11月25日、「DPF-W700」を2012年1月27日より発売する。

両機種とも、Wi-Fi接続に対応しているのが最大の特徴。携帯電話やパソコンから電子メールで送られてきた写真を受信でき、受信すると、写真と送信者名、タイトル、送信日時を表示し自動再生する(テキスト表示は不可)。さらに、パソコンに保存している写真を、自宅のホームネットワークを介して本機で再生することが可能なほか、同社の写真・動画共有サービス「Personal Space」や「Facebook」に登録した写真の自動再生も行える。

ディスプレイは、きめ細やかでリアルな画像を表示できる、タッチパネル採用の7型クリアフォト液晶(800×480ドット)を装備。鮮やかな色再現力で、写真を鑑賞できるという。また、メモリースティック デュオとSDメモリーカードに対応するカードスロット(SDHCメモリーカード対応)を備えているほか、約4000枚の画像保存が可能な容量1GBのメモリーを内蔵している。

上位機種「DPF-WA700」は、パソコン内に保存している音楽ファイルの再生も可能。さらに、動画再生機能を搭載し、AVCHD Ver.2.0(Progressive)60pで撮影した動画ファイルの再生にも対応している。また、「IPサイマルラジオ」の配信サービス「radiko.jp」に対応し、ラジオ放送を聴取することができる。

このほか、いずれも写真や動画が自動で切り替わるスライドショーを搭載。時計や天気表示をモチーフにした4種類の表示パターンから好みに合わせて選ぶことができる。

共通する主な仕様は、視野角が上下110度/左右140度、液晶バックライト寿命が約20000時間。Wi-Fi規格はIEEE 802.11.b/g/nに準拠する。本体サイズは、「DPF-W700」が200(幅)×140.5(高さ)×80.2(奥行き)mm。「DPF-W700」が201(幅)×130(高さ)×61.6(奥行き)mm。

市場想定価格は、「DPF-WA700」が20,000円前後、「DPF-W700」が15,000円前後。

ページの先頭へ