R1 UNIVERSAL [White] スペック・仕様・特長

2014年 3月14日 登録

R1 UNIVERSAL [White]

ヒートシンク位置をリファィンしたCRYORIG製CPUクーラーの第2段

R1 UNIVERSAL [White] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

LGA1155:○ LGA1366:○ LGA1156:○ Socket AM3:○ R1 UNIVERSAL [White]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • R1 UNIVERSAL [White]の価格比較
  • R1 UNIVERSAL [White]の店頭購入
  • R1 UNIVERSAL [White]のスペック・仕様
  • R1 UNIVERSAL [White]のレビュー
  • R1 UNIVERSAL [White]のクチコミ
  • R1 UNIVERSAL [White]の画像・動画
  • R1 UNIVERSAL [White]のピックアップリスト
  • R1 UNIVERSAL [White]のオークション

R1 UNIVERSAL [White]CRYORIG

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2014年 3月14日

  • R1 UNIVERSAL [White]の価格比較
  • R1 UNIVERSAL [White]の店頭購入
  • R1 UNIVERSAL [White]のスペック・仕様
  • R1 UNIVERSAL [White]のレビュー
  • R1 UNIVERSAL [White]のクチコミ
  • R1 UNIVERSAL [White]の画像・動画
  • R1 UNIVERSAL [White]のピックアップリスト
  • R1 UNIVERSAL [White]のオークション

R1 UNIVERSAL [White] のスペック・仕様・特長



Intel 対応ソケット
LGA2066  LGA1200 
LGA1150 LGA1151 
LGA1155 LGA1366
LGA1156 LGA775
LGA2011 LGA2011-3 
Socket 478    
AMD 対応ソケット
Socket sTRX4  Socket TR4 
Socket AM4  Socket AM3+ 
Socket AM3 Socket AM2+ 
Socket AM2 Socket FM2+ 
Socket FM2  Socket FM1
Socket 939  Socket 754 
Socket 940    
本体スペック
タイプ  ファンサイズ 
ラジエーターサイズ  最大ファン風量76 CFM
最大ファン回転数1300 rpm ノイズレベル 
ロープロファイル対応  LEDライティング対応 
PWM  コネクタ 
ファン寿命  干渉軽減 
デュアルファン  TDP 
材質純銅ベース、ニッケルメッキ 幅x高さx奥行140x168.3x128.5 mm
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

R1 UNIVERSAL [White]
CRYORIG

R1 UNIVERSAL [White]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 登録日:2014年 3月14日

R1 UNIVERSAL [White]をお気に入り製品に追加する <93

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース CRYORIG、ヒートシンク位置をリファィンしたCPUクーラー「R1 UNIVERSAL」
2014年3月14日 16:00掲載
R1 UNIVERSAL R1 UNIVERSAL R1 UNIVERSAL

ディラックは、台湾CRYORIG製のCPUクーラー「R1 UNIVERSAL」の取り扱いを開始。3月19日より発売する。

高性能パソコン向けのCPUクーラー。2014年1月に発売した「R1 ULTIMATE」の機能を継承しつつ、前方のヒートシンク位置を「R1 ULTIMATE」より後方にずらし、搭載するファンを13.5mm厚の「XT-140」に変更することで、背の高いヒートスプレッダを搭載するメモリーと併用しても干渉せずに使えるようになった。

機能面では、ヒートパイプとヒートシンクのハンダ付け部分の面積を広める独自技術「DirectCompress」を採用。ヒートパイプの配列をずらして配置すること、よりヒートシンク部への熱伝導性を高める「Heatpipe Displacement Optimization」なども備える。ファンには「High Precision Low Noise (HPLN)」を採用したスリーブベアリングを搭載。防振ゴムとの組み合わせにより、ノイズを低減させる。

対応ソケットは、インテルがLGA2011/1366/115x/775、AMDがFM1/AM3/AM2。本体サイズは140(幅)×168.3(高さ)×128.5(奥行)mm、重量は2700g。製品保証期間は、標準の3年間に加えて、CRYORIGサイトからユーザー登録することで、最大6年まで延長できる。

市場想定価格は13,000円前後。

■関連リンク

【新製品ニュース】CRYORIG、ハイエンドユーザー向けCPUクーラー「R1 ULTIMATE」

ページの先頭へ