BDP-S6500 スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2015年 6月20日 発売

BDP-S6500

  • 「4K アップコンバート機能」により、4K対応テレビに接続するとDVDソフトや外付けHDDなどの映像を4Kの解像度で楽しめる、無線LAN内蔵ブルーレイプレーヤー。
  • 高速起動モードに設定すると、電源OFF状態から1秒以下で高速起動するので、すぐに操作を始められる。
  • 圧縮音声を原音に近づける「デジタルミュージックエンハンサー機能」により、音楽CDの原音に近い自然で広がりのあるサウンドを再生する。
BDP-S6500 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • BDP-S6500の価格比較
  • BDP-S6500の店頭購入
  • BDP-S6500のスペック・仕様
  • BDP-S6500のレビュー
  • BDP-S6500のクチコミ
  • BDP-S6500の画像・動画
  • BDP-S6500のピックアップリスト
  • BDP-S6500のオークション

BDP-S6500SONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 6月20日

  • BDP-S6500の価格比較
  • BDP-S6500の店頭購入
  • BDP-S6500のスペック・仕様
  • BDP-S6500のレビュー
  • BDP-S6500のクチコミ
  • BDP-S6500の画像・動画
  • BDP-S6500のピックアップリスト
  • BDP-S6500のオークション

BDP-S6500 のスペック・仕様・特長



  • 「4K アップコンバート機能」により、4K対応テレビに接続するとDVDソフトや外付けHDDなどの映像を4Kの解像度で楽しめる、無線LAN内蔵ブルーレイプレーヤー。
  • 高速起動モードに設定すると、電源OFF状態から1秒以下で高速起動するので、すぐに操作を始められる。
  • 圧縮音声を原音に近づける「デジタルミュージックエンハンサー機能」により、音楽CDの原音に近い自然で広がりのあるサウンドを再生する。
再生メディア
再生対応ディスク BD-R
BD-R DL
BD-RE
BD-RE DL
DVD-R
DVD-RW
DVD+R
DVD+RW
DVD-R DL
DVD+R DL
その他再生メディアCD-R
CD-RW
USBメモリ
対応オーディオSACD   
基本仕様
4K対応  Ultra HD Premium  
DOLBY DIGITAL  DTS 
ハイレゾ対応フォーマット  プログレッシブ対応
3D対応   
入出力端子
HDMI端子 D端子出力 
コンポーネント出力  光デジタル音声出力 
同軸デジタル音声出力 USB端子 
LAN端子    
ネットワーク
無線LAN  Miracast対応 
DLNA対応    
サイズ・重量
重量0.9 kg 幅x高さx奥行255x39x192 mm
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

BDP-S6500
SONY

BDP-S6500

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2015年 6月20日

BDP-S6500をお気に入り製品に追加する <299

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、DSD再生に対応したBDプレーヤー「BDP-S6500」など
2015年6月3日 18:01掲載
BDP-S6500 BDP-S1500

ソニーは、ブルーレイプレーヤーの新モデルとして、「BDP-S6500」「BDP-S1500」の2機種を発表。6月20日より発売する。

いずれも、ネットワーク接続が可能で、「NETFLIX(ネットフリックス)」などの動画配信サービスに対応したモデル。本体の幅は、「BDP-S6500」が255mm、「BDP-S1500」が230mmのコンパクトなボディながら、1秒以下の高速起動に加え、ブルーレイ再生開始までにかかる読み込み速度がさらに高速化されている。

■上位モデル「BDP-S6500」

4K画質へのアップコンバート機能を搭載した上位モデル。ディスクの動画に加え、インターネット経由の動画やUSBに記録された動画にも対応するなど、さまざまなコンテンツをより高画質に再生することが可能だ。

また、映像のノイズ除去、コントラスト・色合いの自動調整機能や、圧縮時に失われた高周波帯域を補間して高音質化する機能を搭載。ネットワークでは、MIMOに対応した無線LAN機能を内蔵。複数のアンテナを同時に使用することで、高速で安定したデータ送受信が行える。

音楽再生では、新たにDSD(5.6MHz/1bit)に対応。ハイレゾ音源を含む、さまざまなファイル形式のコンテンツを高音質で再生することが可能だ。再生可能なオーディオフォーマットは、MP3/WMA/AAC/LPCM/FLAC/WAV/DSD/AIFF/ALAC。

このほか、ブルーレイ3Dの再生に対応。インターフェイスは、HDMI出力×1、同軸デジタル×1、USB×1、LAN×1を装備。本体サイズは255(幅)×39(高さ)×192(奥行)mm。重量は0.9kg。

市場想定価格は20,000円前後(税別)。

■スタンダードモデル「BDP-S1500」

本体の幅が230mmのコンパクトなスタンダードモデル。すべてのソースをプログレッシブハイビジョンで出力し、アップスケール処理を行う「プレシジョンシネマHDアップスケール」を搭載する。

また、ネットワークは有線LAN接続に対応。機能面では、USBメモリーなどに保存された動画、静止画、音楽ファイルの再生が可能だ。再生可能なオーディオフォーマットは、MP3/WMA/AAC/LPCM/FLAC/WAV。

このほか、インターフェイスは、HDMI出力×1、同軸デジタル×1、USB×1、LAN×1を装備。230(幅)×39(高さ)×194(奥行)mm。重量は0.8kg。

市場想定価格は12,000円前後(税別)。

ページの先頭へ