おもいでばこ PD-1000S-L スペック・仕様・特長

2017年 3月下旬 発売

おもいでばこ PD-1000S-L

11ac対応のデジタルフォト・アルバム(2TBモデル)

おもいでばこ PD-1000S-L 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥38,682

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥38,682¥78,770 (21店舗) メーカー希望小売価格:オープン

ハードディスク容量:2048GB 対応メモリーカード:SDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード 対応静止画形式:JPEG 重量:410g おもいでばこ PD-1000S-Lのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • おもいでばこ PD-1000S-Lの価格比較
  • おもいでばこ PD-1000S-Lの店頭購入
  • おもいでばこ PD-1000S-Lのスペック・仕様
  • おもいでばこ PD-1000S-Lのレビュー
  • おもいでばこ PD-1000S-Lのクチコミ
  • おもいでばこ PD-1000S-Lの画像・動画
  • おもいでばこ PD-1000S-Lのピックアップリスト
  • おもいでばこ PD-1000S-Lのオークション

おもいでばこ PD-1000S-Lバッファロー

最安価格(税込):¥38,682 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 3月下旬

  • おもいでばこ PD-1000S-Lの価格比較
  • おもいでばこ PD-1000S-Lの店頭購入
  • おもいでばこ PD-1000S-Lのスペック・仕様
  • おもいでばこ PD-1000S-Lのレビュー
  • おもいでばこ PD-1000S-Lのクチコミ
  • おもいでばこ PD-1000S-Lの画像・動画
  • おもいでばこ PD-1000S-Lのピックアップリスト
  • おもいでばこ PD-1000S-Lのオークション

おもいでばこ PD-1000S-L のスペック・仕様・特長



基本仕様
ハードディスク容量2048 GB 液晶モニターサイズ 
液晶モニター解像度  対応メモリーカードSDメモリーカード/SDHCメモリーカード/SDXCメモリーカード
RAW対応  対応静止画形式JPEG
消費電力    
サイズ・重量
幅x高さx奥行154x37x118 mm 重量410 g
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

おもいでばこ PD-1000S-L
バッファロー

おもいでばこ PD-1000S-L

最安価格(税込):¥38,682発売日:2017年 3月下旬 価格.comの安さの理由は?

おもいでばこ PD-1000S-Lをお気に入り製品に追加する <243

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース バッファロー、11acやクリップ機能に対応した「おもいでばこ」新モデル
2017年3月10日 18:05掲載
「PD-1000Sシリーズ」 「PD-1000Sシリーズ」 リモコンイメージ

バッファローは、デジタルフォト・アルバム「おもいでばこ」の新モデルとして、IEEE802.11ac準拠の無線LAN規格に対応した「PD-1000Sシリーズ」を発表した。1TBモデル「PD-1000S」、2TBモデル「PD-1000S-L」を3月下旬より順次発売する。

「おもいでばこ」は、スマートフォンやデジカメなどの写真、動画を取り込み、リビングのテレビなどで楽しめるデジタルフォト・アルバム。今回発表した新モデルでは、無線LAN機能を強化し、新たにIEEE802.11ac規格に対応した。

このほかの機能として、「おもいでばこ」に保存した写真を小さな容量に圧縮し、スマホ・タブレット用アプリで持ち運べるようになる「クリップ機能」を追加する。また、Bluetooth接続をサポートし、Bluetoothスピーカーとのワイヤレス接続に対応することで、スピーカーを搭載しない液晶モニターやサイネージシステムでの活用に役立つという。

加えて、初期設定時のテレビ画面の指示に従って操作するだけで簡単にスマホの設定まで完了できる「ネットワーク初期設定」、意図せぬ電源の寸断が発生した場合などに、ハードディスクの状態をセルフチェックしてデータ修復を試みる「リカバリー機能」も新たに備えた。操作画面には新たなデザインを採用する。

なお、新モデルに採用する「クリップ機能」「新画面デザイン」「ネットワーク初期設定」「ディスクリカバリー」は、2015年3月発売モデルの「PD-1000シリーズ」に向けても提供する予定。「クリップ機能」は、iOS用アプリのアップデートによって3月下旬より(Android用アプリは近日予定)、そのほかの機能は、本体ソフトウェアのアップデートによって4月に配信するとのことだ。

価格はオープン。

ページの先頭へ