価格.com

電気・ガス料金

電気料金の支払いはクレジットカード払い、口座振替、振込みでどれがお得?

電気代 節約(節電)ガイド

更新日:2016年5月13日

電気料金の支払いはクレジットカード払い、口座振替、振込みでどれがお得?

支払方法の見直しで節約

「電気料金の支払い方法を変えるだけで節約できる!」といわれても、にわかには信じがたい気がしますよね。もちろん、いきなり半額とか30%オフなんて話ではありませんが、工夫しだいで上手に節約することができます。毎月支払うことになる電気料金、どうせなら少しでもお得な支払い方法を選んではいかがでしょう。

電気料金の支払い方法は3種類

電気料金の支払い方法には、振込み口座振替クレジットカードの3種類があります。
振込みは電力会社から届く振込用紙を使って、銀行や郵便局、コンビニエンスストアなどで支払う方法です。支払いを給料日以降にするなど、自分の都合のよいタイミングで支払えるのがポイントです。
口座振替は預金口座から毎月決まった日に自動的に電気料金を支払う方法です。金融機関などに支払いに行く手間がないことに加えて、毎月54円(50円+消費税)が割引になります。支払い額を少しでも安くしたいという方は、口座振替にされることをお勧めします。ただし、北海道電力、東北電力、沖縄電力では口座振替にしても割引はありません。
クレジットカードを使って支払うこともできます。クレジットカード払いでは、口座振替割引はありませんが、クレジットカード会社のサービスを受けることができます。

口座振替とクレジットカード払い、どちらがお得?

クレジットカードの方がお得なことも

支払い額だけを比較すれば、割引のある口座振替がお得ですが、クレジットカードによってはポイント還元などのサービスがあります。還元率は0.5%が一般的ではあるものの、クレジットカードの種類によっては1.5%以上のカードもあります。

ここで具体的なケースに当てはめて考えてみましょう。

一人暮らしの場合
月平均の電気料金:約4,000円
還元率約1.35%以上のクレジットカードなら口座振替よりもお得。
ファミリー世帯(4人)の場合
月平均の電気料金:約11,000円
還元率約0.5%以上のクレジットカードなら口座振替よりもお得。

ポイント還元率が0.5%以上のカードは多くあるので、ファミリー世帯の場合は口座振替で支払うよりも、クレジットカードで支払った方がお得ということがわかります。また、一人暮らしの方は、思い切って還元率1.35%以上のクレジットカードに乗り換えるのもよいでしょう。

支払い方次第で、電気料金は節約することができます。毎月の電気料金を確認した上で、口座振替かクレジットカード払いのどちらを選ぶかを決めるのが得策です。

最新の節約術はこれだ!30秒でできる電気料金比較

2016年4月の電力自由化によって、一般家庭で自由に電力会社を選択できるようになりました。

電力自由化とは?

無料で利用できる電気料金プランのシミュレーションを使って、電気代がいくら節約できるのか確認してみましょう。コツコツ節約するよりも、プランを見直すだけで大きく節約できるかもしれません。シミュレーションを利用する際は、ご自宅に届いている検針票をお手元にご用意ください。

30秒でできる!電気料金比較

電気代 節約(節電)ガイドの人気記事

電気代 節約(節電)ガイドへ

あなたの家庭にピッタリの電気料金プランを診断します。電気料金プランシミュレーション
30秒ですぐできる!各社のプランを一括比較 電気料金プランシミュレーション いくら節約できるかチェック 価格.com限定キャンペーン実施中!

このページの先頭へ

Copyright © Kakaku.com, Inc. All Rights Reserved. 無断転載禁止