SoftBank 301Z スペック・仕様・特長

SoftBank 301Z

ソフトバンクモバイルのプリペイド用ストレートケータイ

公式オンラインショップ購入時の端末代金

価格情報の登録がありません

発売日:2014年 6月 6日

カラー:

液晶サイズ:2.4インチ 形状:ストレート 重量:85g メインカメラ画素数:200万画素 SoftBank 301Zのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
SoftBank 301Zをお気に入り製品に登録<19
SoftBank 301Zのピックアップリストを作成

ご利用の前にお読みください

SoftBank 301Z のスペック・仕様・特長



基本仕様
形状ストレート 販売時期 
最大待受時間680 時間 外部メモリタイプmicroSDHCメモリーカード
画面性能
タッチパネル  液晶サイズ2.4 インチ
液晶画面解像度240×320   
ネットワーク
パケット通信速度3600 kbps Wi-Fi(無線LAN) 
赤外線通信機能    
カメラ
メインカメラ画素数200 万画素 撮影用フラッシュ 
手ブレ補正    
その他機能
防水機能  着うた 
おサイフケータイ  ワンセグ 
GPS機能  FLASH対応 
海外使用  指紋や顔などによる認証 
テレビ電話    
サイズ・重量
幅x高さx厚み49x117x13 mm 重量85 g
カラー
カラーブラック
ブルー
ホワイト
  
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の情報を見る

SoftBank 301Z
ZTE

SoftBank 301Z

発売日:2014年 6月 6日

SoftBank 301Zをお気に入り製品に追加する <19

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソフトバンク、85gのプリペイド向けストレート型ケータイ「301Z」
2014年5月21日 16:45掲載
301Z 301Z 301Z

ソフトバンクモバイルは、プリペイドサービス「プリモバイル」向け携帯電話として、「SoftBank 301Z」(ZTE製)を発表。6月6日より発売する。

本体サイズが49(幅)×117(高さ)×13(奥行)mm、重量が約85gというコンパクトなストレートタイプの携帯電話。通話や国際電話、S!メールなどの機能に対応した。SMSも利用できるが、他社宛てのSMSは送信できない(受信は可能)。プラチナバンド(900MHz帯)や緊急速報メールも利用可能だ。

このほかの仕様は、ディスプレイが約2.4型QVGA(240×320ドット)液晶、カメラ機能が有効200万画素CMOSカメラ、1100mAhバッテリーを搭載。外部メモリーは、別売りのmicroSDHCカードをサポート。連続通話時間が約330分、待受時間が約680時間(静止状態)。ボディカラーは、ブラック、ブルー、ホワイトの3色を用意した。

ページの先頭へ