KABUTO SCKBT-1000 スペック・仕様・特長

2009年 3月 9日 登録

KABUTO SCKBT-1000

12cmファン/M.A.P.S/ワイドレンジRPM設計を採用したマルチソケット対応トップフロー型CPUクーラー

KABUTO SCKBT-1000 製品画像

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

LGA1155:○ LGA1366:○ LGA1156:○ Socket AM3:○ KABUTO SCKBT-1000のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • KABUTO SCKBT-1000の価格比較
  • KABUTO SCKBT-1000の店頭購入
  • KABUTO SCKBT-1000のスペック・仕様
  • KABUTO SCKBT-1000のレビュー
  • KABUTO SCKBT-1000のクチコミ
  • KABUTO SCKBT-1000の画像・動画
  • KABUTO SCKBT-1000のピックアップリスト
  • KABUTO SCKBT-1000のオークション

KABUTO SCKBT-1000サイズ

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 登録日:2009年 3月 9日

  • KABUTO SCKBT-1000の価格比較
  • KABUTO SCKBT-1000の店頭購入
  • KABUTO SCKBT-1000のスペック・仕様
  • KABUTO SCKBT-1000のレビュー
  • KABUTO SCKBT-1000のクチコミ
  • KABUTO SCKBT-1000の画像・動画
  • KABUTO SCKBT-1000のピックアップリスト
  • KABUTO SCKBT-1000のオークション

KABUTO SCKBT-1000 のスペック・仕様・特長



Intel 対応ソケット
LGA2066  LGA1150 
LGA1151  LGA1155
LGA1366 LGA1156
LGA775 LGA2011 
LGA2011-3  Socket 478
AMD 対応ソケット
Socket sTRX4  Socket TR4 
Socket AM4  Socket AM3+ 
Socket AM3 Socket AM2+
Socket AM2 Socket FM2+ 
Socket FM2  Socket FM1 
Socket 939 Socket 754
Socket 940   
本体スペック
タイプ  ファンサイズ 
ラジエーターサイズ  最大ファン風量 
最大ファン回転数  ノイズレベル0〜26.5dBA
ロープロファイル対応  LEDライティング対応 
PWM  コネクタ 
ファン寿命  干渉軽減 
デュアルファン  TDP 
材質  幅x高さx奥行133x132x124 mm
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

KABUTO SCKBT-1000
サイズ

KABUTO SCKBT-1000

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   登録日:2009年 3月 9日

KABUTO SCKBT-1000をお気に入り製品に追加する <841

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース サイズ、CPUクーラー「KABUTOクーラー」
2009年3月9日 12:20掲載
[KABUTO(兜)クーラー SCKBT-1000] 12cmファン/M.A.P.S/ワイドレンジRPM設計を採用したマルチソケット対応トップフロー型CPUクーラー

サイズは、CPUクーラーの新モデル「KABUTO(兜)クーラー SCKBT-1000」を3月中旬より発売する。

インテルのCPUソケット478/775/1366やAMDのCPUソケット754/939/940/AM2/AM2+/AM3に対応。オリジナル設計のPWM対応静音12cmファン「KAZE-JYUNI」や、新開発のフィン構造「M.A.P.S.」を採用し、高い冷却性能を実現している。

このほか、「ワイドレンジRPM設計」を採用。低回転から高回転まで、どの回転数のファンでも最適な性能を発揮することができる。

ページの先頭へ