CanoScan 9000F スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2010年 7月 8日 発売

CanoScan 9000F

9,600dpiのCCD/フィルムスキャン機能/7EZボタンなどを備えたフラットベッドスキャナー

CanoScan 9000F 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

光学解像度:4800dpi インターフェース:USB2.0/USB1.1 幅x高さx奥行き:270x111x480mm CanoScan 9000Fのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • CanoScan 9000Fの価格比較
  • CanoScan 9000Fの店頭購入
  • CanoScan 9000Fのスペック・仕様
  • CanoScan 9000Fのレビュー
  • CanoScan 9000Fのクチコミ
  • CanoScan 9000Fの画像・動画
  • CanoScan 9000Fのピックアップリスト
  • CanoScan 9000Fのオークション

CanoScan 9000FCANON

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2010年 7月 8日

  • CanoScan 9000Fの価格比較
  • CanoScan 9000Fの店頭購入
  • CanoScan 9000Fのスペック・仕様
  • CanoScan 9000Fのレビュー
  • CanoScan 9000Fのクチコミ
  • CanoScan 9000Fの画像・動画
  • CanoScan 9000Fのピックアップリスト
  • CanoScan 9000Fのオークション

CanoScan 9000F のスペック・仕様・特長



基本スペック
タイプフラットベッド 原稿サイズ 
最大読取範囲216x297 mm 最大セット可能枚数 
光学解像度4800 dpi 両面読み取り 
センサーCCD(12ラインカラーイメージセンサー) 光源白色LED
インターフェースUSB2.0/USB1.1 電源 
自動給紙方式(ADF)  重送検知機能 
OCR(文字認識)  スマホ連携 
クラウド連携    
ネットワーク
無線LAN  Bluetooth 
サイズ・重量
幅x高さx奥行き270x111x480 mm 重量4.6 kg
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

CanoScan 9000F
CANON

CanoScan 9000F

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2010年 7月 8日

CanoScan 9000Fをお気に入り製品に追加する <161

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース キヤノン、新CCD搭載フラットヘッドスキャナー
2010年6月17日 14:32掲載
[CanoScan 9000F]

キヤノンは、フラットベッドスキャナー「CanoScan」シリーズの新モデルとして、「CanoScan 9000F」を7月8日より発売する。

新たに開発した解像度9,600dpiのCCDセンサーや、「ST(スーパー・トーリック)」レンズを搭載。フィルム読み取りユニットを改良したことにより、高画質なフィルムスキャンを高速に行える。また、9,600dpiのフィルムスキャンでは、階調を保持したままスキャンすることで、スキャン画像をレタッチして自分好みの作品作りが可能だ。

また、フィルムを読み取るユニット「FAU(Film Adapter Unit)」内の開口窓を縮小して電流値を上げたことにより、従来機種「CanoScan 8800F」に比べて光量が約2倍に向上。フィルムスキャン時のスピードが向上し、35oネガフィルムの2,400dpiスキャンを従来の約2分25秒から約51秒で行える。

操作性では、使用頻度の高いコピー/スキャン/Eメール添付/PDFファイル作成などの7つの機能を、1回の操作で行える7つの独立したボタン「7EZ(イージー)ボタン」を装備し、快適な操作性を実現。また、原稿の種類を自動判別し、適切な設定でのスキャン・保存が可能な「AUTO SCAN」ボタンを新たに採用し、より簡単な操作が可能だ。独自の画像処理技術「FARE LEVEL 3」を搭載しており、フィルムの「ごみ傷除去」「褪色補正」「粒状感低減」「逆光補正」などの画像処理補正を自動的に実行可能だ。

価格はオープン。

ページの先頭へ