GV-MVP/XZ スペック・仕様・特長

2010年 8月上旬 発売

GV-MVP/XZ

ハードウェアトランスコード機能を搭載したUSB 2.0接続の地上・BS・110度CSデジタルチューナー

GV-MVP/XZ 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥15,700

TVチューナー:地デジ/BS/CS タイプ:外付 インターフェイス:USB2.0 GV-MVP/XZのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • GV-MVP/XZの価格比較
  • GV-MVP/XZの店頭購入
  • GV-MVP/XZのスペック・仕様
  • GV-MVP/XZのレビュー
  • GV-MVP/XZのクチコミ
  • GV-MVP/XZの画像・動画
  • GV-MVP/XZのピックアップリスト
  • GV-MVP/XZのオークション

GV-MVP/XZIODATA

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2010年 8月上旬

  • GV-MVP/XZの価格比較
  • GV-MVP/XZの店頭購入
  • GV-MVP/XZのスペック・仕様
  • GV-MVP/XZのレビュー
  • GV-MVP/XZのクチコミ
  • GV-MVP/XZの画像・動画
  • GV-MVP/XZのピックアップリスト
  • GV-MVP/XZのオークション

GV-MVP/XZ のスペック・仕様・特長



基本スペック
TVチューナー地デジ/BS/CS タイプ外付
インターフェイス*1USB2.0 キャプチャフォーマットMPEG2
MPEG4
H.264
最大ビットレート24 Mbps 付属ソフトmAgicTV Digital
機能
リモート録画*2  SeeQVault 
その他仕様
外部アンテナ  F型スクリューアンテナ*3
延長ケーブル    
サイズ・重量
幅x高さx奥行98x26x92 mm 重さ110 g
※PC用ワンセグチューナー項目解説

*1 インターフェイス
SDIO:SDカードスロットで利用できる接続規格。パソコン側でSDIOに対応していないと利用できません。
USB2.0:キーボードやマウスなどの周辺機器とPCを結ぶデータ転送規格。最高480Mbpsのデータ転送速度を持ちます。
PCカード:PC用小型カード型の接続規格。
ExpressCard:PCカードの後継として開発されたPC用小型カード型の接続規格。

*2 リモート録画
外出先から携帯電話等を使って録画予約ができる機能。

*3 4F型スクリューアンテナ
F型スクリューアンテナ変換アダプタの付属。一般のアンテナ端子でテレビ放送を受信することができます。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

GV-MVP/XZ
IODATA

GV-MVP/XZ

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2010年 8月上旬

GV-MVP/XZをお気に入り製品に追加する <101

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース アイ・オー、15倍録画/3波対応USB接続チューナー
2010年7月28日 21:00掲載
[GV-MVP/XZ]

アイ・オー・データ機器は、USB 2.0接続の地上・BS・110度CSデジタルチューナーの新製品として、「GV-MVP/XZ」を8月上旬より発売する。

デジタル放送を「MPEG4-AVC/H.264」形式のファイルに変換して録画する「ハードウェアトランスコード機能」を搭載。低ビットレートでも画質の劣化を抑えながら、フルハイビジョン解像度のまま最大15倍の長時間録画に対応した。2TBのHDDで地上・BS・110度CSデジタル放送を15倍の長時間録画した場合、約2800時間の録画が可能となる。容量50GBのBD-RE DLメディアでは、15倍の長時間録画で最大65時間分のフルハイビジョン映像を保存できる。

また、NetBookでも低負荷でデジタル放送を視聴・録画できる「Netbookモード」が進化し、ハイビジョン解像度をリアルタイムでSD解像度に変換する「Netbook SDモード」を追加。通常モードのハイビジョンで視聴するより、CPU負荷が60〜80%のとなるため、ハイビジョンの再生が難しいAtom搭載NetBookなどでも快適にデジタル放送を楽しめる。

画質面では、動きの多いシーンに優先的に情報量を割り当て画質を補完し、少ないシーンで節約することで、指定された平均ビットレート内でなめらかさや高画質を実現した「新VBRアルゴリズム」を採用。さらに、動きのあるシーンで発生するブロックノイズを抑えながら、輪郭エッジに重点を置いて情報量を割り当てる「エッジ補正」も行える。

このほか、トランスコードチップには、富士通セミコンダクター社の最新チップ「MB86H58」を搭載。処理負荷の大きい圧縮変換をハードウェアで行っており、CPUへの負荷を低減。多チャンネル録画にも対応しており、複数製品による最大8チャンネルの録画が可能だ。

本体価格は15,700円。

ページの先頭へ