CanoScan LiDE 210 スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2010年 9月 9日 発売

CanoScan LiDE 210

5つの独立したボタン「5EZ」を装備し4,800dpiのCISを搭載するフラットベッドスキャナー

CanoScan LiDE 210 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

光学解像度:4800dpi インターフェース:USB2.0/USB1.1 幅x高さx奥行き:250x39x365mm CanoScan LiDE 210のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • CanoScan LiDE 210の価格比較
  • CanoScan LiDE 210の店頭購入
  • CanoScan LiDE 210のスペック・仕様
  • CanoScan LiDE 210のレビュー
  • CanoScan LiDE 210のクチコミ
  • CanoScan LiDE 210の画像・動画
  • CanoScan LiDE 210のピックアップリスト
  • CanoScan LiDE 210のオークション

CanoScan LiDE 210CANON

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2010年 9月 9日

  • CanoScan LiDE 210の価格比較
  • CanoScan LiDE 210の店頭購入
  • CanoScan LiDE 210のスペック・仕様
  • CanoScan LiDE 210のレビュー
  • CanoScan LiDE 210のクチコミ
  • CanoScan LiDE 210の画像・動画
  • CanoScan LiDE 210のピックアップリスト
  • CanoScan LiDE 210のオークション

CanoScan LiDE 210 のスペック・仕様・特長



基本スペック
タイプフラットベッド 原稿サイズ 
最大読取範囲216x297 mm 最大セット可能枚数 
光学解像度4800 dpi 両面読み取り 
センサーCIS(コンタクトイメージセンサー) 光源RGB3色LED
インターフェースUSB2.0/USB1.1 電源 
自動給紙方式(ADF)  重送検知機能 
OCR(文字認識)  スマホ連携 
クラウド連携    
ネットワーク
無線LAN  Bluetooth 
サイズ・重量
幅x高さx奥行き250x39x365 mm 重量1.6 kg
エコマーク
エコマーク  認定番号 
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

CanoScan LiDE 210
CANON

CanoScan LiDE 210

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2010年 9月 9日

CanoScan LiDE 210をお気に入り製品に追加する <233

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース キヤノン、薄型スキャナー「CanoScan LiDE 210」
2010年8月30日 15:55掲載
[CanoScan LiDE 210]

キヤノンは、フラットベッドスキャナー「CanoScan」シリーズの新モデル「CanoScan LiDE 210」を9月9日より発売する。

250(幅)×39(高さ)×365(奥行)mm・重量約1.6kgの薄型・コンパクトボディに、独自の「LIDE」技術を用いた4,800dpiのCIS(コンタクトイメージセンサー)を搭載した、USBバスパワー駆動対応のフラットベッドスキャナー。スキャン前後の処理時間の短縮と、画像読み取りユニットを作動させるモーターの高速化により、2008年8月発売の従来機種「CanoScan LiDE 200」に比べ、スキャン速度が向上。A4カラー・300dpiの文書原稿を約10秒で高速に読み取ることができる。

また、原稿の種類を自動判別し、最適な設定でのスキャン・保存が行える「AUTO SCAN」や、使用頻度の高い「コピー」「スキャン」「Eメール添付」「PDFファイル作成」といった5つの独立した「5EZ(イージー)ボタン」を新たに装備し、スムーズなボタン操作を実現している。

このほか、文字・画像・背景などの領域を判定し、それぞれの領域に適した補正を実施する「自動文書補正」機能や、厚手の書籍を見開き状態でスキャンした際に出やすい「とじ部分」の影を自動補正する「とじ部の影補正」機能も搭載する。

市場想定価格は1万円前後。

ページの先頭へ