BDV-N1WL スペック・仕様・特長

2013年 8月31日 発売

BDV-N1WL

  • リアスピーカーのワイヤレス接続により、部屋を横切る配線をなくしたレイアウトを実現した「5.1chサラウンドシステム」。
  • 部屋の形状に左右されず、理想的に5.1chのスピーカーを再配置する「スピーカーリロケーション」機能を搭載。
  • 5chの独立した「磁性流体スピーカー」を採用し、すぐれた音質を実現している。
BDV-N1WL 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:スピーカー×5、ウーハー×1 チャンネル数:5.1ch DolbyDigital:○ DTS:○ サラウンド最大出力:645W ウーハー最大出力:155W BDV-N1WLのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • BDV-N1WLの価格比較
  • BDV-N1WLの店頭購入
  • BDV-N1WLのスペック・仕様
  • BDV-N1WLのレビュー
  • BDV-N1WLのクチコミ
  • BDV-N1WLの画像・動画
  • BDV-N1WLのピックアップリスト
  • BDV-N1WLのオークション

BDV-N1WLSONY

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年 8月31日

  • BDV-N1WLの価格比較
  • BDV-N1WLの店頭購入
  • BDV-N1WLのスペック・仕様
  • BDV-N1WLのレビュー
  • BDV-N1WLのクチコミ
  • BDV-N1WLの画像・動画
  • BDV-N1WLのピックアップリスト
  • BDV-N1WLのオークション

BDV-N1WL のスペック・仕様・特長



  • リアスピーカーのワイヤレス接続により、部屋を横切る配線をなくしたレイアウトを実現した「5.1chサラウンドシステム」。
  • 部屋の形状に左右されず、理想的に5.1chのスピーカーを再配置する「スピーカーリロケーション」機能を搭載。
  • 5chの独立した「磁性流体スピーカー」を採用し、すぐれた音質を実現している。
基本仕様
タイプ5.1chサラウンドシステム チャンネル数 5.1 ch
サラウンド最大出力645 W ウーハー最大出力155 W
4K伝送   リモコン 
ウーハー縦置き    
機能
DolbyDigital DTS
HDCP2.2  自動音場補正
ハイレゾ   HDR対応 
DVDプレーヤー付き 電源連動 
ネットワーク
Bluetooth Bluetoothコーデック  
NFC  Wi-Fi 
LAN AirPlay対応 
Spotify対応  ワイヤレス 
端子
HDMI端子入力端子:2系統
出力端子:1系統
(ARC対応)
光デジタル端子1 系統
同軸デジタル端子  USB
サイズ・重量
幅x高さx奥行(一体型)  一体型重量 
幅x高さx奥行(アンプ)480x79x228 mm アンプ重量3.1 kg
幅x高さx奥行(フロント)140x455x140 mm フロントスピーカー重量1.2 kg
幅x高さx奥行(リア)140x455x140 mm リアスピーカー重量1.2 kg
幅x高さx奥行(ウーハー)280x440x280 mm ウーハー重量8 kg
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

BDV-N1WL
SONY

BDV-N1WL

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2013年 8月31日

BDV-N1WLをお気に入り製品に追加する <698

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース ソニー、ワイヤレスリア接続対応の5.1chホームシアター
2013年8月8日 18:50掲載
BDV-N1WL

ソニーは、ホームシアターシステムの新モデル「BDV-N1WL」を発表。8月31日より発売する。

5.1chに対応したホームシアターシステムで、リアスピーカーのワイヤレス接続を採用。部屋を横切る配線をなくすことで、日常生活の動線を邪魔しない設置を可能にしている。また、スピーカー配置を理想の場所に再配置する技術「スピーカーリロケーション」搭載し、部屋の形状に左右されず、5.1chサラウンドの理想的な音の広がりを再現する。スピーカーは、メインユニットに磁性流体スピーカーを用い、すぐれた音質を実現している。

デザイン面では、フロント2本とリア2本のスピーカーに、いずれも同じ形状を採用し、壁掛けにも適した白色の薄型スピーカーとなっている。センタースピーカーも壁掛けに対応。フロント2本、リア2本のスピーカーは、同梱のスタンドを装着することで自立式スピーカーとしても使用することができる。フロントとリアのスピーカー・アンプ本体には、LEDのイルミネーションを搭載する。

さらに、リアスピーカーを後方に設置できない場合に、前方に全スピーカーを設置することが可能。自動音場補正の「オールフロントモード」を選択することで、フロントサラウンドのモード「S-FORCE PRO フロントサラウンド3D」を楽しむことができる。

BluetoothやNFCが利用可能。ワイヤレス音楽再生を快適に楽しめるほか、DLNAにも対応。さらに、SACD、BD、FMラジオ、USBストレージの再生が可能なプレーヤー機能も搭載する。

このほか、実用最大出力は、155W×3ch+90W×2ch+155W(サブウーハー)。インターフェイスは、HDMI端子(入力×2、出力×1)を搭載。BDの高音質音声フォーマット、「DTS-HD Master Audio」「Dolby True HD」に対応する。テレビとの連動操作にも対応しており、BRAVIAリンクやHDMI機器制御(CEC)に準拠する。

市場想定価格は60,000円前後。

ページの先頭へ