imageFORMULA DR-P215II スペック・仕様・特長

2014年 6月 5日 発売

imageFORMULA DR-P215II

幅285mmで重さ約1kgのコンパクトスキャナー

imageFORMULA DR-P215II 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥22,213

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥22,213

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥22,213¥35,405 (42店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国699店舗)最寄りのショップ一覧

原稿サイズ:A4/はがき/名刺 光学解像度:600dpi インターフェース:USB2.0 幅x高さx奥行き:285x174x257mm imageFORMULA DR-P215IIのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • imageFORMULA DR-P215IIの価格比較
  • imageFORMULA DR-P215IIの店頭購入
  • imageFORMULA DR-P215IIのスペック・仕様
  • imageFORMULA DR-P215IIのレビュー
  • imageFORMULA DR-P215IIのクチコミ
  • imageFORMULA DR-P215IIの画像・動画
  • imageFORMULA DR-P215IIのピックアップリスト
  • imageFORMULA DR-P215IIのオークション

imageFORMULA DR-P215IICANON

最安価格(税込):¥22,213 (前週比:±0 ) 発売日:2014年 6月 5日

  • imageFORMULA DR-P215IIの価格比較
  • imageFORMULA DR-P215IIの店頭購入
  • imageFORMULA DR-P215IIのスペック・仕様
  • imageFORMULA DR-P215IIのレビュー
  • imageFORMULA DR-P215IIのクチコミ
  • imageFORMULA DR-P215IIの画像・動画
  • imageFORMULA DR-P215IIのピックアップリスト
  • imageFORMULA DR-P215IIのオークション

imageFORMULA DR-P215II のスペック・仕様・特長



基本スペック
タイプシートフィード 原稿サイズA4/はがき/名刺
最大読取範囲216 mm 最大セット可能枚数20 枚
光学解像度600 dpi 両面読み取り
センサーCIS 光源 
インターフェースUSB2.0 電源AC/USB
自動給紙方式(ADF)  重送検知機能 
OCR(文字認識) スマホ連携 
クラウド連携   
ネットワーク
無線LAN  Bluetooth 
サイズ・重量
幅x高さx奥行き285x174x257 mm 重量1 kg
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

imageFORMULA DR-P215II
CANON

imageFORMULA DR-P215II

最安価格(税込):¥22,213発売日:2014年 6月 5日 価格.comの安さの理由は?

imageFORMULA DR-P215IIをお気に入り製品に追加する <79

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース キヤノン、省スペースなWi-Fi対応スキャナーなど3機種
2014年5月28日 16:58掲載
imageFORMULA DR-C225W imageFORMULA DR-P215II imageFORMULA DR-P208II

キヤノンマーケティングジャパンは、ドキュメントスキャナー「imageFORMULA」の新モデルとして、「DR-C225W」「DR-P208II」「DR-P215II」の3機種を発表。「DR-P208II」と「DR-P215II」を6月5日より、「DR-C225W」を6月下旬より発売する。

3機種共通の特徴は、直感的に操作できる新インターフェースを採用したユーティリティソフト「CaptureOnTouch」を同梱した点。PDF、JPEG、TIFF、PNGに加え、Windowsモデルでは、BMP、PDF/A、PowerPoint形式にも対応しており、簡単にスキャニングができる。

また、「Evernote」「Dropbox」「Google ドライブ」などの各種クラウドサービスと連携し、スキャンしたデータをスマートフォンやタブレットで活用することが可能。名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリングエントリー4」などの役立つスキャニングアプリケーションも複数同梱した。

さらに、読取方式は共通で、センサーがCIS、光学解像度が600dpi、光源がLEDとなる。

■「imageFORMULA DR-C225W」

給紙された原稿がUターンして本体前部に収まる「ラウンド・スキャン」を採用し、省スペースを実現したモデル。新たにWi-Fiスキャンに対応する。ローラー機構にはリタード方式を採用し、一度に2枚の原稿が送られた際は2枚目の原稿を抑え、原稿を傷めず1枚ずつの搬送が可能。原稿の重送による読み取りエラーを防止し、素早いスキャンを実現した。

さらに、両面で毎分25枚、50面(ページ)の高速読み取りを実現(A4タテ、200dpi時)。原稿台に最大30枚まで給紙原稿をセットすることが可能で、薄紙にも対応する。インターフェイスはUSB 2.0を採用。最大トレイ積載量は30枚。本体サイズは300(幅)×217(高さ)×156(奥行)mm(トレイを閉じた状態)、重量は約2.8kg。

価格はオープン。

■「imageFORMULA DR-P215II」

給紙トレイを収納した状態で、幅285mmで重さ約1kgのコンパクトボディが特徴のモデル。手軽に持ち運んで文書をスキャンでき、使用後の収納も便利だ。また、USBバスパワーによる電源駆動を実現。USB 2.0対応のケーブル1本では、カラー毎分10枚、モノクロ毎分12枚の速度でスキャン可能(A4タテ、200dpi時)。

さらに、本体のAuto StartスイッチをONにしてパソコンに接続すれば、大容量記憶デバイスとして認識され、ドライバーやソフトをインストールせずにスキャンすることが可能。WindowsとMac OSともに対応する。

インターフェイスはUSB 2.0を採用(電源のみUSB 3.0に対応)。最大トレイ積載量は20枚。本体サイズは285(幅)×40(高さ)×9(奥行)mm(トレイを閉じた状態)、重量は約1.0kg。

価格はオープン。

■「imageFORMULA DR-P208II」

1回の搬送で表面も裏面も読み取る「1パス両面スキャン」を実現したモデル。USBバスパワー駆動ながらも、最大10枚まとめてスキャンできるADF(自動原稿送り装置)を搭載。さらに、カラー原稿を毎分片面8枚、両面16面(ページ)の読み取りを実現した(A4タテ、200dpi時)。

このほか、「自動原稿サイズ検知」「斜行補正」「白紙スキップ」などの画像処理と組み合わせることで、効率的なスキャンが可能。薄紙や名刺やはがき、カードスキャンも可能で、WindowsとMacOSともに対応する。インターフェイスはUSB 2.0を採用。最大トレイ積載量は10枚。本体サイズは312.5(幅)×40(高さ)×56.5(奥行)mm(トレイを閉じた状態)、重量は約600g。

価格はオープン。

ページの先頭へ