SBT-200 スペック・仕様・特長

2014年 7月下旬 発売

SBT-200

  • 高音域用と中・低音域用それぞれに専用ユニットを搭載した2ウェイ構成のBluetooth内蔵サウンドバーシステム。
  • 急激な音量変化時も自動的に最適処理を施して音割れを防ぐスマートアンプと視聴時の疲労感を抑えたサラウンド機能を搭載。
  • 再生コンテンツにあわせた4つの再生モード(シネマ・ミュージック・ニュース・ダイレクト)を用意している。
SBT-200 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

タイプ:サウンドバー チャンネル数:2ch DolbyDigital:○ サラウンド最大出力:40W SBT-200のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • SBT-200の価格比較
  • SBT-200の店頭購入
  • SBT-200のスペック・仕様
  • SBT-200のレビュー
  • SBT-200のクチコミ
  • SBT-200の画像・動画
  • SBT-200のピックアップリスト
  • SBT-200のオークション

SBT-200ONKYO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年 7月下旬

  • SBT-200の価格比較
  • SBT-200の店頭購入
  • SBT-200のスペック・仕様
  • SBT-200のレビュー
  • SBT-200のクチコミ
  • SBT-200の画像・動画
  • SBT-200のピックアップリスト
  • SBT-200のオークション

SBT-200 のスペック・仕様・特長



  • 高音域用と中・低音域用それぞれに専用ユニットを搭載した2ウェイ構成のBluetooth内蔵サウンドバーシステム。
  • 急激な音量変化時も自動的に最適処理を施して音割れを防ぐスマートアンプと視聴時の疲労感を抑えたサラウンド機能を搭載。
  • 再生コンテンツにあわせた4つの再生モード(シネマ・ミュージック・ニュース・ダイレクト)を用意している。
基本仕様
タイプサウンドバーシステム チャンネル数 2 ch
サラウンド最大出力40 W ウーハー最大出力 
4K伝送   リモコン 
ウーハー縦置き    
機能
DolbyDigital DTS 
HDCP2.2  自動音場補正 
ハイレゾ   HDR対応 
DVDプレーヤー付き  電源連動 
ネットワーク
Bluetooth Bluetoothコーデック  
NFC  Wi-Fi 
LAN  AirPlay対応 
Spotify対応  ワイヤレス 
端子
HDMI端子  光デジタル端子1 系統
同軸デジタル端子  USB 
サイズ・重量
幅x高さx奥行(一体型)940x73x83 mm 一体型重量2.4 kg
幅x高さx奥行(アンプ)  アンプ重量 
幅x高さx奥行(フロント)  フロントスピーカー重量 
幅x高さx奥行(リア)  リアスピーカー重量 
幅x高さx奥行(ウーハー)  ウーハー重量 
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
シンプル、コンパクトな本格派の1台
シンプル、コンパクトな本格派の1台

テレビ周りの環境を邪魔しないコンパクトなワンボディに、高域専用のツィーターや、モノコック構造のウーファーなど本格仕様を凝縮。TV再生をストレスなく向上しながら、ワイヤレス再生、ワンタッチ接続など、音楽再生にもスムーズさを求めた万能タイプの1台です。

テレビとシンプルに接続。「簡単」が嬉しい1台
テレビとシンプルに接続。「簡単」が嬉しい1台

余計な出力端子は省き、幅広くお客様に使ってもらえるようなわかりやすい仕様に仕上げた製品です。テレビへの接続は光デジタルケーブルもしくはアナログで接続するのみで、テレビと簡単に接続設定できます。テレビ周りにプラスする製品としてお勧めの1台です。

簡単ワイヤレス再生。NFC機能を新搭載。
簡単ワイヤレス再生。NFC機能を新搭載。

スマートフォンなどに保存された音楽をワイヤレスで再生できるBluetooth機能を搭載。また、今回新たに対応デバイスとワンタッチでペアリングができるNFC機能を搭載しました。より簡単にBluetoothのペアリング設定が行えます。

セリフはっきり。音楽しっかり

高さわずか73mmのコンパクトなボディながら、テレビの音声はもちろん、映画や音楽もきちんと楽しめるサウンドを追求しています。映画における爆発音や、迫力あるライブ音源の再生などに欠かせない低音は、左右チャンネルそれぞれにウーファーを2台ずつ搭載することで、量感と躍動感を実現しました。また、スピーカーユニットの振動板材質に合わせた最適な内部設計を施すことで、クリアで伸びのあるサウンドに仕上げています。さらに、セリフやヴォーカル、ニュース番組など、人の声を聴き取りやすくクリアに再生するために、ツィーターも各チャンネルに1台ずつ搭載。あらゆるコンテンツを、ストレスを感じることなく快適にお楽しみいただけます。

セリフはっきり。音楽しっかり
使いやすさも大切にしました
使いやすさも大切にしました

付属のリモコンには、日常的によく使う機能を厳選してわかりやすく表示。
選択したいサウンドモードも、すぐに判別できるユーザーフレンドリーな仕様です。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

SBT-200
ONKYO

SBT-200

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2014年 7月下旬

SBT-200をお気に入り製品に追加する <147

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース オンキヨー、NFCに対応した高さ73mmのBluetooth内蔵サウンドバー
2014年7月15日 16:14掲載
SBT-200 SBT-200

オンキヨーは、Bluetoothを内蔵したサウンドバーシステム「SBT-200」を発表。7月下旬より発売する。

高さ73mmというコンパクトな筐体を実現したサウンドバーシステム。テレビの前に設置できるコンパクトなボディと快適なサラウンド再生が特徴だ。

音質面では、迫力のある重低音を再現するモノコック構造のツインウーハーと、クリアなセリフや伸びのあるボーカルを再生するツイーターからなる2ウェイ構造を採用。また、急激にボリュームを上げた際にも自動処理を行い、音割れを防ぐスマートアンプを搭載した。

無線通信はBluetoothをサポート。Bluetoothのバージョンは2.1+EDRで、プロファイルがA2DP、AVRCPに対応する。新たにBluetoothのペアリングがワンタッチで行えるNFC機能も搭載した。

主な仕様は、実用最大出力が20W×2ch(6Ω、1kHz、2ch駆動時)消費電力が11W(待機時が0.3W)。音声入力は、光デジタル×1、アナログ×1(ステレオミニ)を装備。本体サイズは940(幅)×73(高さ)×83(奥行)mm、重量は2.4kg。付属品として、リモコン、1.2mの光ケーブル、スタンドを同梱する。

価格はオープン。

ページの先頭へ