UDP-203 スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2017年 1月下旬 発売

UDP-203

  • 忠実度の高い映像表現を可能とする新世代HDR技術「Dolby Vision(ドルビービジョン)」に対応。
  • 次世代ブルーレイディスク規格「Ultra HD Blu-ray」に対応するほか、4Kメディアファイルの再生にも対応する。
  • 7.1chのアナログ音声出力により、HDMI未対応のアンプでも7.1chまたは5.1chのサラウンドシステムに接続することができる。
UDP-203 製品画像

拡大

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • UDP-203の価格比較
  • UDP-203の店頭購入
  • UDP-203のスペック・仕様
  • UDP-203のレビュー
  • UDP-203のクチコミ
  • UDP-203の画像・動画
  • UDP-203のピックアップリスト
  • UDP-203のオークション

UDP-203OPPO

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 1月下旬

  • UDP-203の価格比較
  • UDP-203の店頭購入
  • UDP-203のスペック・仕様
  • UDP-203のレビュー
  • UDP-203のクチコミ
  • UDP-203の画像・動画
  • UDP-203のピックアップリスト
  • UDP-203のオークション

UDP-203 のスペック・仕様・特長



  • 忠実度の高い映像表現を可能とする新世代HDR技術「Dolby Vision(ドルビービジョン)」に対応。
  • 次世代ブルーレイディスク規格「Ultra HD Blu-ray」に対応するほか、4Kメディアファイルの再生にも対応する。
  • 7.1chのアナログ音声出力により、HDMI未対応のアンプでも7.1chまたは5.1chのサラウンドシステムに接続することができる。
再生メディア
再生対応ディスク BD-R
BD-R DL
BD-RE
BD-RE DL
Ultra HD Blu-ray
DVD-R
DVD-RW
DVD+R
DVD+RW
DVD-R DL
DVD+R DL
その他再生メディアCD-R
CD-RW
USBメモリ
対応オーディオDVDオーディオ
SACD
  
基本仕様
4K対応  Ultra HD Premium 
DOLBY DIGITALDolby Atmos
DOLBY TrueHD
DOLBY DIGITAL Plus
DTSDTS:X
DTS-HD Master Audio
DTS-HD High Resolution Audio
ハイレゾ対応フォーマットFLAC/WAV/ALAC/DSD/DSF/APE/AIFF プログレッシブ対応
3D対応   
入出力端子
HDMI端子 D端子出力 
コンポーネント出力  光デジタル音声出力
同軸デジタル音声出力 USB端子
LAN端子   
ネットワーク
無線LAN Miracast対応 
DLNA対応ホーム・ネットワーク   
サイズ・重量
重量4.3 kg 幅x高さx奥行430x79x311 mm
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

UDP-203
OPPO

UDP-203

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2017年 1月下旬

UDP-203をお気に入り製品に追加する <155

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース OPPO、Ultra HD Blu-rayに対応したBDプレーヤー「UDP-203」
2016年12月15日 11:31掲載
UDP-203 UDP-203 UDP-203

OPPO Digital Japanは、Ultra HD Blu-rayに対応したブルーレイプレーヤー「UDP-203」を発表。12月末より同社オンラインショップにて試験販売を開始し、2017年1月末より一般販売を行う。

4K解像度やHDRに対応したUltra HD Blu-rayの再生が可能なモデル。より高い解像度や、広いダイナミックレンジと色域を実現し、高画質な映像を楽しめる。2017年には、ファームウェア・アップデートを適用することで、新世代HDR技術「Dolby Vision(ドルビービジョン)」にも対応する。

ディスク再生では、Ultra HD Blu-rayのほか、Blu-ray 3D、DVD-Video、DVD-Audio、SACD、CDにも対応。システム・コントロール基板にはカスタム仕様のMediaTek製クアッド・コア・プロセッサー「OP8591」を搭載しており、さまざまなメディアを高画質で再生することが可能だ。また、4Kアップスケーリング機能に対応し、低解像度の映像などを、4K解像度・50Hz/60Hzまでアップスケーリングして出力することが可能だ。

インターフェイスでは、2系統のHDMI出力端子を搭載。HDMI 2.0に対応する映像・音声出力用メイン端子と、HDMI 1.4に対応する音声出力専用端子を備える。さらに、前面にUSB 2.0ポートを1基、背面にUSB 3.0ポートを2基装備。7.1chのアナログ音声出力を搭載しており、HDMI非搭載のAVアンプやプリアンプなどでも、7.1chまたは5.1chのサラウンドシステムに接続することが可能だ。

さらに、ハイレゾ音源の再生が可能。ステレオおよびマルチチャンネルの24bit/192kHzまでのAIFF、WAV、ALAC、APE、FLACといった各種ロスレスPCMフォーマットの再生に対応するほか、ステレオの1bit/5.6MHz(DSD128)およびマルチチャンネルの1bit/2.8MHz(DSD64)までのDSDフォーマットの再生にも対応する。

このほか、地デジを録画した番組をネットワーク経由で再生可能なDTCP-IPに対応。本体サイズは430(幅)×79(高さ)×311(奥行)mm。重量は4.3kg。

市場想定価格は85,000円前後(税別)。

ページの先頭へ