DLA-X770R-B [ブラック] スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長
2016年12月下旬 発売

DLA-X770R-B [ブラック]

4K/HDR対応D-ILAプロジェクター(1900ルーメン)

DLA-X770R-B [ブラック] 製品画像

拡大

価格情報の登録がありません 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格(税別):¥900,000

パネルタイプ:LCOS(反射型3LCD) アスペクト比:16:9 最大輝度:1900ルーメン コントラスト比:130000:1 対応解像度規格:〜4K DLA-X770R-B [ブラック]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • DLA-X770R-B [ブラック]の価格比較
  • DLA-X770R-B [ブラック]の店頭購入
  • DLA-X770R-B [ブラック]のスペック・仕様
  • DLA-X770R-B [ブラック]のレビュー
  • DLA-X770R-B [ブラック]のクチコミ
  • DLA-X770R-B [ブラック]の画像・動画
  • DLA-X770R-B [ブラック]のピックアップリスト
  • DLA-X770R-B [ブラック]のオークション

DLA-X770R-B [ブラック]JVC

最安価格(税込):価格情報の登録がありません 発売日:2016年12月下旬

  • DLA-X770R-B [ブラック]の価格比較
  • DLA-X770R-B [ブラック]の店頭購入
  • DLA-X770R-B [ブラック]のスペック・仕様
  • DLA-X770R-B [ブラック]のレビュー
  • DLA-X770R-B [ブラック]のクチコミ
  • DLA-X770R-B [ブラック]の画像・動画
  • DLA-X770R-B [ブラック]のピックアップリスト
  • DLA-X770R-B [ブラック]のオークション

DLA-X770R-B [ブラック] のスペック・仕様・特長



基本スペック
用途 ホーム(家庭用) パネルタイプ LCOS(反射型3LCD)
光源水銀ランプ光源 タイプ据え置き
詳細スペック
最大輝度 1900 ルーメン コントラスト比 130000 :1
アスペクト比*116:9 パネル画素数1920x1080
パネルサイズ0.7 インチ 対応解像度規格〜4K
最大表示色  騒音レベル21 dB
機能
4K 3D対応
HDR対応 HDR方式 
短焦点   Wi-Fi 
Bluetooth  バッテリー 
スピーカー搭載  SDカードスロット 
台形補正  ゲームモード 
スクリーン付き  MHL 
映像入力端子
HDMI端子  DisplayPort 
DVI  RGB(VGA端子) 
S端子  コンポーネント 
コンポジット  USB 
BNC端子    
サイズ・重量
幅x高さx奥行455x179x472 mm 重量15.6 kg
投影距離
40インチ  40インチワイド 
60インチ  60インチワイド1.78〜3.66 m
80インチ  80インチワイド2.4〜4.89 m
100インチ  100インチワイド3.01〜6.13 m
 
 
 
 
 
 
※プロジェクタ項目解説

*1 アスペクト比
画面等の縦横比を示します。
一般的に、ホームシアター用途は16:9、プレゼンテーション用途は4:3となります。

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

DLA-X770R-B [ブラック]
JVC

DLA-X770R-B [ブラック]

最安価格(税込): 価格情報の登録がありません   発売日:2016年12月下旬

DLA-X770R-B [ブラック]をお気に入り製品に追加する <33

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

新製品ニュース JVC、高輝度1900ルーメンの4K/HDR対応D-ILAプロジェクターなど2機種
2016年12月9日 07:10掲載
「DLA-X770R」 「DLA-X570R」 「DLA-X570R」

JVCケンウッドは、JVCブランドより、家庭用プロジェクターの新モデルとして、4K/HDR対応D-ILAプロジェクター「DLA-X770R」「DLA-X570R」を12月下旬より発売すると発表した。

いずれも、表示解像度3840×2160ドット(3D再生時は1920×1080ドット)に対応したモデル。さらなる高輝度化と高コントラスト化を実現するとともに、HDRコンテンツを簡単に視聴できるHDRオートピクチャーモードを追加した。さらに、今後採用が予想される放送用HDR規格であるHybrid Log-Gammaにも対応する。

具体的には、265Wの高圧水銀ランプと高効率光学エンジンの組み合わせにより、「DLA-X770R」は1900ルーメン、「DLA-X570R」は1800ルーメンを実現。画素ギャップが狭く、光の利用効率が高い「D-ILA」デバイスとの組み合わせによって緻密でなめらか、なおかつパワフルな映像を実現する。加えて、1画素を斜めに0.5画素シフトすることで、解像度を倍増して4K映像を実現する独自の高解像度表示技術「“e-shift”テクノロジー」も採用した。

「DLA-X770R」は、高いコントラスト比とすぐれた色再現性を生かし、映画を中心としたコンテンツにこだわりの映像表現を求めるユーザーに向けたハイエンドモデル。ミドルレンジモデルの「DLA-X570R」は、4KやHDRなどの最新コンテンツをリビングシアターで、より手軽に楽しめるモデルとなっている。

一例として、「DLA-X770R」の主な仕様は、投影サイズが60〜200型、コントラスト(最大)が130万:1。入力インターフェイスはHDMI入力×2を備える。消費電力は380W(通常待機時1.5W、エコモード待機時0.4W)。本体サイズは455(幅)×179(高さ)×472(奥行)mm、重量は15.6kg。ボディカラーは「DLA-X770R」がブラック、「DLA-X570R」がブラック、ホワイトを用意する。

価格は、「DLA-X770R」が900,000円、「DLA-X570R」が700,000円(いずれも税別)。

ページの先頭へ