PRIME Q270M-C/CSM スペック・仕様・特長

2017年 5月26日 発売

PRIME Q270M-C/CSM

「Intel Q270」を搭載したMicroATXマザーボード

PRIME Q270M-C/CSM 製品画像
最安価格(税込):

¥18,738

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥18,738¥18,738 (2店舗) メーカー希望小売価格:オープン

フォームファクタ:MicroATX CPUソケット:LGA1151 チップセット:INTEL/Q270 メモリタイプ:DDR4 PRIME Q270M-C/CSMのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • PRIME Q270M-C/CSMの価格比較
  • PRIME Q270M-C/CSMの店頭購入
  • PRIME Q270M-C/CSMのスペック・仕様
  • PRIME Q270M-C/CSMのレビュー
  • PRIME Q270M-C/CSMのクチコミ
  • PRIME Q270M-C/CSMの画像・動画
  • PRIME Q270M-C/CSMのピックアップリスト
  • PRIME Q270M-C/CSMのオークション

PRIME Q270M-C/CSMASUS

最安価格(税込):¥18,738 (前週比:±0 ) 発売日:2017年 5月26日

  • PRIME Q270M-C/CSMの価格比較
  • PRIME Q270M-C/CSMの店頭購入
  • PRIME Q270M-C/CSMのスペック・仕様
  • PRIME Q270M-C/CSMのレビュー
  • PRIME Q270M-C/CSMのクチコミ
  • PRIME Q270M-C/CSMの画像・動画
  • PRIME Q270M-C/CSMのピックアップリスト
  • PRIME Q270M-C/CSMのオークション

PRIME Q270M-C/CSM のスペック・仕様・特長



基本スペック
チップセットINTEL
Q270
フォームファクタMicroATX
CPUソケットLGA1151 マルチCPU 
詳細メモリタイプDIMM DDR4 メモリスロット数4
最大メモリー容量64GB 幅x奥行き244x244 mm
インターフェース
PCIスロット1 本 PCI-Express 16X1 本
PCI-Express 8X  PCI-Express 4X 
PCI-Express 1X2 本 VGAスロットPCI-Express
SATA6 本 Serial ATASATA6.0G
M.2ソケット数2 M.2サイズ 
DisplayPort数1 Mini DisplayPort数 
HDMIポート数1 USBUSB3.1 Gen1(USB3.0) Type-A
USB2.0
その他機能
VRMフェーズ数5 SLI  
CrossFire   LED制御機能 
ネットワーク
無線LAN  Bluetooth 
オンボード機能
オンボードLAN10/100/1000 オンボードRAID
オンボードオーディオRealtek ALC887 オンボードグラフィック-
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

PRIME Q270M-C/CSM
ASUS

PRIME Q270M-C/CSM

最安価格(税込):¥18,738発売日:2017年 5月26日 価格.comの安さの理由は?

PRIME Q270M-C/CSMをお気に入り製品に追加する <18

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース ASUS、vProに対応したIntel Q270搭載MicroATXマザーボード
2017年5月25日 11:58掲載
PRIME Q270M-C/CSM PRIME Q270M-C/CSM

ASUSTeK Computerは、MicroATXサイズのマザーボード「PRIME Q270M-C/CSM」を発表。5月26日より発売する。

チップセットに「Intel Q270」を搭載し、「Intel vPro Technology」に対応したMicroATXマザーボード。ソケットはLGA1151に対応しており、第7世代インテルCore iシリーズを搭載することが可能だ。

独自機能として「5X PROTECTION III」を採用。拡張スロットの耐久性を高めた「SafeSlot Core」、LAN機能を静電気から守る「LANGuard」、各種チップを過電圧から守る保護回路、CPUへの供給電力を正確に行えるデジタル電源回路の「DIGI+ VRM」、さびにくいステンレス製バックパネルの5つの機能を搭載する。

メモリーは、DDR4 2400/2133MHz対応スロット×4(最大64GB)。ストレージは、M.2×2、SATA×6。拡張スロットは、PCI Express 3.0 x16×1、PCI Express 3.0 x1×2、PCI×1。

このほか、リアパネルのインターフェイスは、USB 3.1×6、USB 2.0×2、DisplayPort×1、DVI-D×1、HDMI×1、アナログRGB×1、ギガビットLAN×1などを備える。

市場想定価格は19,000円前後。

ページの先頭へ