AVR-X1500H スペック・仕様・特長

> > > > > スペック・仕様・特長

AVR-X1500H

  • Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:Xに対応した、最大出力175Wの7.2ch AVサラウンドレシーバー。
  • 4K Ultra HD/HDCP 2.2/HDRに対応。6入力・1出力すべてのHDMI端子がHDCP 2.2に対応している。
  • ハイレゾ音源の再生に対応。DSDファイルは5.6MHzまで、PCM系ファイルは192kHz/24bitまで再生することができる。ギャップレス再生にも対応。
AVR-X1500H 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥33,830 (前週比:+345円↑)

  • メーカー希望小売価格(税別):¥59,500
  • 発売日:2018年 6月中旬

サラウンドチャンネル:7.2ch HDMI端子入力:6系統 オーディオ入力:2系統 AVR-X1500Hのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • AVR-X1500Hの価格比較
  • AVR-X1500Hの店頭購入
  • AVR-X1500Hのスペック・仕様
  • AVR-X1500Hのレビュー
  • AVR-X1500Hのクチコミ
  • AVR-X1500Hの画像・動画
  • AVR-X1500Hのピックアップリスト
  • AVR-X1500Hのオークション

AVR-X1500HDENON

最安価格(税込):¥33,830 (前週比:+345円↑) 発売日:2018年 6月中旬

  • AVR-X1500Hの価格比較
  • AVR-X1500Hの店頭購入
  • AVR-X1500Hのスペック・仕様
  • AVR-X1500Hのレビュー
  • AVR-X1500Hのクチコミ
  • AVR-X1500Hの画像・動画
  • AVR-X1500Hのピックアップリスト
  • AVR-X1500Hのオークション

AVR-X1500H のスペック・仕様・特長



  • Dolby Atmos、DTS:X、DTS Virtual:Xに対応した、最大出力175Wの7.2ch AVサラウンドレシーバー。
  • 4K Ultra HD/HDCP 2.2/HDRに対応。6入力・1出力すべてのHDMI端子がHDCP 2.2に対応している。
  • ハイレゾ音源の再生に対応。DSDファイルは5.6MHzまで、PCM系ファイルは192kHz/24bitまで再生することができる。ギャップレス再生にも対応。
サラウンドフォーマット
DTSDTS:X
DTS-HD Master Audio
DTS-HD High Resolution Audio
DTS-ES Matrix 6.1
DTS-ES Discrete 6.1
DTS-ES
DTS 96/24
DTS Express
DTS
DTS Neural:X
DTS Virtual:X
DOLBY DIGITALDolby Atmos
DOLBY TrueHD
DOLBY DIGITAL Plus
DOLBY DIGITAL EX
DOLBY DIGITAL
AAC THX 
出力情報
フロント出力80 W センター出力80 W
サラウンド出力80 W サラウンドバック出力80 W
サラウンドチャンネル7.2 ch インピーダンス8 Ω
入力端子
HDMI端子入力入力×6(フロント×1) オーディオ入力2 系統
D端子入力  コンポーネント入力 
S端子入力  光デジタル入力2 系統
映像コンポジット入力2 系統 同軸デジタル入力 
出力端子
HDMI端子出力出力×1 オーディオ出力 
D端子出力  コンポーネント出力 
S端子出力  光デジタル出力 
映像コンポジット出力  同軸デジタル出力 
基本仕様
周波数帯域10Hz〜100kHz チューナーFM/AM
ワイドFM HDCP2.2
4K伝送60p対応 ARC対応 
HDR対応 HDR方式HDR10
ドルビービジョン
HLG
自動音場補正Audyssey MultEQ XT USBUSB端子×1(フロント)
カラーブラック系   
ネットワーク
BluetoothBluetoothバージョン 3.0 + EDR BluetoothコーデックSBC
Wi-Fi DLNA
AirPlay  Spotify
HEOS   
対応音声入力フォーマット
量子化ビット数WAV・FLAC・ALAC:16、24bit サンプリング周波数WMA・MP3・MPEG-4 AAC:32、44.1、48kHz
WAV・FLAC:32、44.1、48、88.2、96、176.4、192kHz
ALAC:32、44.1、48、88.2、96、192kHz
DSD ハイレゾ 
サイズ・重量
幅x高さx奥行き434x151x339 mm 重量8.6 kg
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
Sound - 徹底した高音質設計
Dolby Atmos®、DTS:X、DTS Virtual:Xに対応

AVR-X1500Hは、新世代のオブジェクトオーディオ技術「Dolby Atmos」、「DTS:X」に対応。頭上も含む全方位に展開する自然な音響空間に包み込まれることにより、リスナーはあたかも映画の世界に入り込んだような感覚を得ることができます。また、ハイトスピーカー信号を含まない従来のチャンネルベースのコンテンツも「Dolby Surround」や「Neural:X」で3Dサウンドにアップミックスすることができます。AVR-X1500Hは7chのパワーアンプを搭載しているため、 [5.1.2]のサラウンドシステムを構築できます。

最大出力175W※の7chディスクリート・パワーアンプ

よりエネルギッシュなサウンドを実現するために、デノンのHi-Fi オーディオアンプの設計思想を継承した全チャンネル同一構成のディスクリート・パワーアンプを搭載。パワーアンプ出力段のパワートランジスタの温度変化をリアルタイムにモニターすることで、電流リミッター回路を取り除き、ピーク電流を大幅に強化。微小信号から大きな信号まで音色を変えることなく、余裕のあるダイナミックなサウンドを実現しました。DCサーボ回路には大容量コンデンサーを用い、可聴帯域よりもさらに低い、超低域からの再生を可能にしています。可聴帯域以下のハーモニクス成分が、映画の重厚な爆発音や、コンサートのパワフルなパーカッションなどの表現力を高め、臨場感をさらに向上させます。

シンプル&ストレートなプリアンプ、ボリューム回路

入力セレクター、ボリューム、出力セレクターそれぞれの機能に特化したカスタムデバイスを採用。これらは上位モデルのために開発され、フラッグシップモデルであるAVC-X8500Hでも採用されている高性能デバイスです。専用のデバイスを最適な配置でレイアウトすることによって、音質を最優先したシンプルかつストレートな信号経路を実現しています。

Sound - 徹底した高音質設計

※ 6Ω、1kHz、THD 10%、1ch 駆動

Picture - 4K Ultra HD / HDCP 2.2 / HDRに対応
Picture - 4K Ultra HD / HDCP 2.2 / HDRに対応
6入力/1出力すべてのHDMI端子がHDCP 2.2に対応

HDMI端子は入力6系統(フロント1系統を含む)、出力1系統を装備。すべてのHDMI端子がデジタル映像コンテンツの著作権保護技術「HDCP 2.2」に対応しています。

4K Ultra HDパススルー対応(60p / HDCP 2.2 / BT.2020 / HDR10 / Dolby Vision / HLG)

すべてのHDMI入出力端子が最大毎秒60フレームの4K映像信号に対応。4K / 60p入力に対応したテレビと接続することで、4K映像ならではの高精細でスムーズな映像を楽しめます。また、[ 4K / 60p / 4:4:4 / 24bit ]や[ 4K / 60p / 4:2:0 / 30bit ]、[ 4K / 60p / 4:2:2 / 36bit ]などの映像フォーマットに対応し、色情報の密度と階調性のなめらかさを両立した映像表現を可能にしました。さらに、従来のHD映像の2倍以上の広色域表現を可能にする「BT.2020」のパススルーにも対応しています。

Network Audio - HEOSテクノロジーを搭載
音楽ストリーミングサービス、インターネットラジオ対応(Amazon Music / AWA / Spotify / SoundCloud / TuneIn)

Amazon MusicやAWA、Spotify、SoundCloudなどの音楽ストリーミングサービスに対応。ストリーミングサービスでは、これまでのように自分の好きなアーティスの楽曲を選んで再生することはもちろん、最新楽曲から往年の名曲まで、音楽のジャンル、時代、その日の気分などで選べる多種多様なプレイリストが豊富に用意されているため、新たな音楽との出会いの可能性が無限に広がります。また、音楽、トーク、ニュースなど世界中のインターネットラジオも楽しむことができます。MP3、WMA、AACフォーマットで配信されている放送に対応しています。インターネットラジオ局の検索は、「TuneIn」のデータベースからジャンルや地域、言語などをもとに簡単に行うことができます。

5.6 MHz DSD & ハイレゾ音源対応(ミュージックサーバー& USB)

ミュージックサーバーやUSBメモリーに保存したDSDファイルやハイレゾ音源の再生に対応しています。DSDファイルは5.6MHzまで、PCM系ファイルは192kHz/24bitまで再生することができます。さらに、DSD、WAV、 FLAC、Apple Losslessファイルのギャップレス再生にも対応。クラシック音楽や、ライブ盤などを聴いても曲間で音が途切れることがありません。

その他※

・Amazon Alexaに対応
・Bluetooth®、AirPlay 2にも対応

Network Audio - HEOSテクノロジーを搭載

※ 詳しくはメーカーサイトをご覧ください。

Usability - 多彩な機能をもっと使いやすく
新たにPhono入力(MM)を装備

新たにMMカートリッジ対応のPhono入力を装備しました。フォノイコライザーを内蔵していないレコードプレーヤーでも直接接続して手軽に楽しむことができます。

iOSデバイス / Android / Kindle Fire対応リモコンアプリ 「Denon 2016 AVR Remote」

iPod touch / iPhone / iPad、Androidスマートフォン、タブレット用リモコンアプリ「Denon 2016 AVR Remote」に対応。同一ネットワーク内のモバイルデバイスからAVR-X1500Hの操作や設定を行うことができます。

2.4 / 5 GHz デュアルバンドWi-Fi(IEEE 802.11 a/b/g/n)対応

AVR-X1500HはWi-Fi(無線LAN)接続に対応しているため、設置場所に有線LAN環境がなくても、ネットワークオーディオやインターネットラジオの再生やアプリでの操作が行えます。2.4 GHz帯と5 GHz帯の両方を利用でき、MIMO (Multiple-Input and Multiple-Output)にも対応しているため、高速かつ安定した通信が可能です。セットアップは、対応ルーターとボタン一つで接続できる「WPS」に加えて、iOS機器からのWi-Fi設定コピーにも対応しているため簡単に行えます。

セットアップアシスタント & 日本語GUI

スピーカーの接続や設定、ブルーレイディスクプレーヤーなどの入力機器との接続、そしてネットワークの設定など、AVレシーバーの初期設定をテキストとグラフィックでわかりやすくガイドする「セットアップアシスタント」機能を搭載しています。

Usability - 多彩な機能をもっと使いやすく

<メーカー情報は2019年3月時点の情報をもとに制作されています。最新情報はメーカーサイトをご覧ください。>

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

AVR-X1500H
DENON

AVR-X1500H

最安価格(税込):¥33,830発売日:2018年 6月中旬 価格.comの安さの理由は?

AVR-X1500Hをお気に入り製品に追加する <312

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース デノン、デザインを一新したAVアンプ2018年モデル3機種を発表
2018年5月10日 13:55掲載
AVR-X550BT AVR-X1500H AVR-X2500H

デノンは、デザインを一新したAVサラウンドレシーバー2018年モデルを発表。5.2chモデルの「AVR-X550BT」を5月中旬より、7.2chモデルの「AVR-X1500H」「AVR-X2500H」を6月中旬より発売する。いずれも、フラッグシップAVサラウンドレシーバー「AVC-X8500H」に採用したミニマルデザインを継承した点が特徴だ。

■「AVR-X550BT」

5chのパワーアンプ、2系統のサブウーハー出力を搭載したモデル。HDMI入力は5系統を装備。そのうち3系統が、4K UHDのパススルーおよびHDR 10、Dolby Vision、Hybrid Log-gammaなど、最新のハイ・ダイナミックレンジ規格に対応した。

パワーアンプの回路構成は「AVR-X1500H」と同様に、全チャンネル同一のディスクリート構成を採用。増幅素子についても、「AVR-X1500H」と同じハイカレント・トランジスタを採用し、クラスを超えたサウンドクオリティを実現するという。

さらに、Bluetooth機能やFM/AMラジオチューナーも搭載。付属のリモコンに加えて、iOS端末やAndroidに対応したリモコンアプリ「Denon 500 Series Remote」による操作にも対応する。

■「AVR-X1500H」「AVR-X2500H」

3Dサラウンドフォーマットの「Dolby Atmos」、「DTS:X」に対応したモデル。立体音響再生のクオリティを最大限に引き出すために、パワーアンプに全チャンネル同一のディスクリート構成を採用し、チャンネルごとの音質差を排除するという。

いずれも7chアンプを搭載し、最大出力は「AVR-X1500H」が175W、「AVR-X2500H」が185W(6Ω、1kHz、THD 10%、1ch駆動)。トップスピーカーやハイトスピーカー、またはドルビーイネーブルドスピーカーを用いる5.1.2ch構成、およびサラウンドバックスピーカーを用いる標準的な7.1ch構成に対応する。

また、ハイトスピーカーやリアスピーカーを設置していないステレオ、5.1ch、7.1chなどの環境においても、高さ方向を含む、あらゆる方向からのサウンドに包み込まれるイマーシブオーディオ体験を楽しめる「DTS Virtual:X」に対応した。

HDMI端子は6入力/1出力(「AVR-X1500H」)、8入力/2出力(「AVR-X1500H」)を装備。全端子が4K UHD、「HDR 10」、「Dolby Vision」、「Hybrid Log-gamma」のパススルーに対応する。

このほか、アナログレコードのリバイバルにともなって、ホームシアターでもレコードを楽しみたいというニーズに応えるため、「AVR-X1500H」「AVR-X2500H」には、MMカートリッジ対応のPhono入力を新たに装備した。ネットワークオーディオ機能は、HEOSテクノロジーによりAmazon MusicやAWA、Spotifyなどの音楽ストリーミングサービスに対応する。

価格は、「AVR-X550BT」が35,000円、「AVR-X1500H」が59,500円、「AVR-X2500H」が90,000円(いずれも税別)。

ページの先頭へ