Ryzen Threadripper 2990WX BOX スペック・仕様・特長

Ryzen Threadripper 2990WX BOX

  • 32コア64スレッドで動作する、ソケットTR4対応CPU。基本クロックは3GHz、最大ブースト・クロックは4.2GHz、TDP(熱設計電力)は250W。
  • 「Zen」アーキテクチャーは、前世代のAMDコアに比べて、IPC(1クロックサイクルあたりの実行命令数)が52%以上も向上している。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせてAMD Ryzenプロセッサーの性能をカスタマイズする適応機能「AMD SenseMIテクノロジー」を搭載している。
Ryzen Threadripper 2990WX BOX 製品画像

画像提供:Amazon.co.jp

画像一覧を見る

最安価格(税込):¥179,800 (前週比:±0 )

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2018年 8月13日

店頭参考価格帯:¥― (全国10店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen Threadripper 2990WX クロック周波数:3GHz ソケット形状:Socket TR4 二次キャッシュ:16MB Ryzen Threadripper 2990WX BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXの価格比較
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXの店頭購入
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXのスペック・仕様
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXのレビュー
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXのクチコミ
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXの画像・動画
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXのピックアップリスト
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXのオークション

Ryzen Threadripper 2990WX BOXAMD

最安価格(税込):¥179,800 (前週比:±0 ) 発売日:2018年 8月13日

  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXの価格比較
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXの店頭購入
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXのスペック・仕様
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXのレビュー
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXのクチコミ
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXの画像・動画
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXのピックアップリスト
  • Ryzen Threadripper 2990WX BOXのオークション

Ryzen Threadripper 2990WX BOX のスペック・仕様・特長



  • 32コア64スレッドで動作する、ソケットTR4対応CPU。基本クロックは3GHz、最大ブースト・クロックは4.2GHz、TDP(熱設計電力)は250W。
  • 「Zen」アーキテクチャーは、前世代のAMDコアに比べて、IPC(1クロックサイクルあたりの実行命令数)が52%以上も向上している。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせてAMD Ryzenプロセッサーの性能をカスタマイズする適応機能「AMD SenseMIテクノロジー」を搭載している。
スペック
プロセッサ名Ryzen Threadripper 2990WX 世代第2世代
ソケット形状 Socket TR4 コア数32 コア
TDP 250 W クロック周波数3GHz
最大動作クロック周波数4.2 GHz スレッド数64
マルチスレッド 三次キャッシュ64 MB
二次キャッシュ16MB   
 
 
 
 
 
 
メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

製品特長

[メーカー情報]
公式動画

ヘビーメタ級の演算能力
ヘビーメタ級の演算能力

32コアを搭載することで64スレッドの同時マルチ処理能力を提供し、AMD X399プラットフォームの80MBの合計キャッシュと広範なI/Oの組み合わにより、世界で最もパワフルなデスクトップ・プロセッサーが実現します。※1
●最大32コア/64スレッドで、超高速のクリエイティブ・ワークロードを実現。
●GPUとNVMeの多大なニーズに対応する史上初の64レーンのPCIe® Gen3。
●合計80MBのキャッシュで、大規模なデータセットへの迅速なアクセスを実現。
●信頼できるスループットのためのECCサポートを備えた クワッド・チャネルDDR4。

※1 Ryzen Threadripper 2990WXのリリース以前は、最も多いコアを搭載したデスクトップ・プロセッサーはIntel Core i9-7980XEで、これは18コアを搭載していました。 32コアを搭載したRyzen Threadripper 2990WXが発表されたことで、デスクトップ・プロセッサーに搭載されている最大コア数は現在32コアとなります。 RP2-2

PC愛好家向け究極のプラットフォーム
PC愛好家向け究極のプラットフォーム

究極のデスクトップ・プラットフォーム:AMDのX399チップセットは、第1世代と第2世代両方のAMD Ryzen Threadripperプロセッサーに対応しています(BIOSの更新が必要な場合があります)。 ゲームをするクリエイターや制作を楽しむゲーマー向けに設計されたスケーラブルなAMD X399チップセットにより、比類のないマルチGPUとNVMeアレイの拡張が可能となります。 一方で、クワッド・チャンネルDDR4、利用可能なECCのサポート、そしてアンロックされたオーバーロックにより、X399は真剣な演算能力を必要とするユーザーのニーズを十分に満たします。 現在、追加費用なしで、AMD StoreMIストレージ・アクセラレーション・テクノロジーをご活用いただけます。※3

※3 AMD製品は、AMD ハードウェアでオーバークロックが可能な場合でも、オーバークロックしたことが原因となる損傷については保証を行いません。

テクノロジー
テクノロジー
「Zen」コア アーキテクチャー

AMD SenseMIテクノロジー搭載、真のインテリジェント・プロセッサーをユーザーへ

AMD SenseMIテクノロジー

AMD SenseMIテクノロジー搭載のRyzen™は、パフォーマンスを加速させる真のマシンインテリジェンスを実現します。

AMD Ryzen™ Masterユーティリティ

AMD Ryzen™プロセッサー向けシンプルで強力なオーバークロック・ユーティリティ

メーカーWebサイトでスペック・仕様を確認
  • スペック情報を含め、掲載している価格やスペック・付属品・画像など全ての情報は、万全の保証をいたしかねます。実際に購入なさる場合は各メーカーへお問い合わせください。また、空白部分は未調査の項目です。
  • 掲載情報に誤りを発見した場合は、こちらまでご連絡ください。

この製品の最安価格を見る

Ryzen Threadripper 2990WX BOX
AMD

Ryzen Threadripper 2990WX BOX

最安価格(税込):¥179,800発売日:2018年 8月13日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen Threadripper 2990WX BOXをお気に入り製品に追加する <80

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
新製品ニュース AMD、32コア/64スレッドCPU「Ryzen Threadripper 2990WX」発売開始
2018年8月14日 12:40掲載
※画像はイメージ

AMDは、最大32コア/64スレッドのハイエンドデスクトップ(HEDT)向けCPU「Ryzen Threadripper 2990WX」の発売を開始した。国内販売価格は214,800円(税別)。

12nmの「Zen+」x86プロセッサー・アーキテクチャーをベースとした「第2世代 Ryzen Threadripper」は、「高度なコンピューティング・エクスペリエンス向けに設計された」というモデル。最上位モデルの「Ryzen Threadripper 2990WX」は、「Core i9-7980XEを53%上回るマルチスレッド性能を実現する」と同社では説明する。

機能強化については、「第2世代 Ryzen Threadripper」は、改良された「AMD SenseMIテクノロジー」と「Precision Boost 2」を備えており、「Extended Frequency Range 2」(XFR2)が「第2世代 Ryzen」デスクトップ・プロセッサーと同様に、性能の向上に貢献するとのことだ。

加えて、すべての「第2世代 Ryzen Threadripper」は、新しいマザーボードで構成されたエコシステムと、BIOSのシンプルなアップデートにより、すべての既存のX399プラットフォームに対応する。ASRock、ASUS、Gigabyte、MSIを含む主要なマザーボード・メーカーがすでに対応製品を発表しているとのことだ。

なお、16コア/32スレッドの「Ryzen Threadripper 2950X」はグローバルでの販売開始を8月31日に予定している。「Ryzen Threadripper 2970WX」と「Ryzen Threadripper 2920X」は10月中の発売となる予定だ。

ページの先頭へ